品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

渋谷「 らあめん渋英 」全く臭みのないトロリとした東京豚骨ラーメン (ラーメン123杯目)

本日は豚骨ラーメンがどうしても食べたくなり久々に渋谷の「らあめん渋英」へ。

井の頭線側にあり駅近なのも嬉しい。

 

「東京豚骨」という九州の人から恐らく「邪道」といわれそうなジャンル。

違いは臭みがなくアッサリとしたスープ。

100%豚骨でなく鶏ガラなども使われたりするのも特徴。

あの豚骨スープの獣臭の正体は実は「劣化してる骨を使っているがための匂い」なんだって。

つまり新鮮な骨を使うとあの臭いは出ないということを前にラーメンのスープを卸してる本間社長に教えてもらったことがあった。

 

「あの臭いこそ旨味」と思ってる人がたくさんいるけど真実を知ってしまった私は改めて東京豚骨に向き合おうと思ったというわけだ。

f:id:ikkoshinagawa:20190214191042j:image

19時到着で客は8割ほど。
食券機はタッチパネル式で普通のラーメンの位置がわかりづらく少々手間取った。これ作戦?

店員は2名で恐らくアジアの方。

店内なかなか活気がある。

 

らあめん 750円 バリカタ
f:id:ikkoshinagawa:20190214191047j:image

具材は青ネギ、チャーシュー、玉子、メンマ。

スープを一口飲むと確かに臭みはゼロ。

そしてトロみのあるもったりとしたスープはなかなかの豚骨感。

あれ?これ、美味しいじゃん。f:id:ikkoshinagawa:20190214191101j:image

チャーシューは意外にも脂身が少なくキュッとした食感で肉肉しい。

チャーシューが美味いとテンションが上がる。

これなら次回はチャーシュー増すか角煮ラーメンとかにしてもいいかも。
f:id:ikkoshinagawa:20190214191051j:image

メンマは細めのコリコリの歯応えが心地よい。f:id:ikkoshinagawa:20190214191038j:image

麺は低加水のボキボキ系。

小麦の風味感じるいかにもな豚骨ラーメンの麺。

正直これ好きな麺。

 
f:id:ikkoshinagawa:20190214191055j:image

スープ、麺、チャーシューとクオリティは高め。

唯一残念なのが玉子。

今時の半熟とかでなくおでんの様な玉子。

まぁこれはこれで美味いけど。

 

胃袋がめちゃ小さくなっていて替え玉はしなかったがこれは飲んだ後に最高のラーメンではないか。

臭みを旨味と取る人には少々物足りないかもしれないが十分に美味しいラーメンだと思った。

化学調味料もいい具合に入っており後で喉が渇いたけど。