品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画・DVD・Blu-ray

基本、ネタバレします。 観た感想なのでできればその作品を観た方がご覧になることをお勧めします。

映画「 大洗にも星はふるなり 」【ネタバレ感想】前半良かったのに後半の失速感が凄い…(55本目)

品川イッコーです。 この作品は「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一の戯曲を映画化したもの。 率直な感想は映画化する必要あったかな?と言った感じ…笑 映画というコンテンツを活かせておらずちょっと勿体ない感じがする。 舞台でよかったかもな。 …

映画「 サイドウェイ 」【ネタバレ感想】美男美女が出てこないけど不思議とずっと観てられるロードムービー (54本目)

品川イッコーです。 凄く簡単に言うとオッサン二人のロードムービー。 一人は結婚一週間前にハメを外そうとしてる落ち目の俳優、もう一人は前妻に未練タラタラのワインオタクのバツイチ。 この二人のオッサンがワインを飲みまくりながら一週間旅をする話なん…

映画「 ヒミズ 」【ネタバレ感想】原作を変えて成功した稀有な作品!まさに園子温の真骨頂!(53本目)

品川イッコーです。 あのギャグ漫画の名作「稲中」の作者である古谷実がシリアス路線に走った「ヒミズ」の実写化。 まぁ実写化と言っても設定を3.11の震災以降にしたりラストも救いがあったりかなり漫画とは違っている印象。

映画「 バベル 」【ネタバレ感想】やりようによっては傑作になった残念な作品 (映画52本目)

品川イッコーです。 この映画は10年以上前に劇場で観て以来だ。 当時「言いたいことはわかるけどなんだかなぁ…」と言った釈然としない印象であった。 今回改めて見直してみて残念ながらその感想は当時と変わらなかった。 タイトルはバベルの塔の話から来てる…

映画「 search/サーチ 」【ネタバレ感想】全編PC画面の全く新たなタイプの映画!予想以上に凄かった!(映画51本目)

品川イッコーです。 この映画、全編パソコンの画面だけで進むというちょっと変わった映画。 「ブレアウィッチプロジェクト」なんかは全編撮影者のビデオカメラという設定だったけど(あれはほぼ内容がなくて酷かった)こちらは結構しっかり作られている。 文字…

映画「 スナッチ 」【ネタバレ感想】わかりにくいから凄くわかりやすくまとめてみた (映画50本目)

品川イッコーです。 約20年ぶり位に観た。 相変わらずガイリッチーの群像劇が好きだ。 けど正直言って登場人物多くてややこしいのでここはいったん整理しようか。

映画「 空飛ぶタイヤ 」【ネタバレ感想】最もいらないのはプライドとスジだと思う (映画49本目)

品川イッコーです。 小説を読んだ時はさほど気にはならなかったけどこの映画版だとやたらとアラが気になる。 ネタバレありのかなり辛口レビューとなりましたのでご注意ください。

映画「 ニュー・シネマ・パラダイス 」【ネタバレ感想】控えめに言って…何度観ても号泣!映画史に輝く傑作中の傑作!(映画48本目)

品川イッコーです。 大学生の頃にこの映画に出会ってからもう何度観ただろうか。 親にも友達にも勧めた名作中の名作。 まだ観てない人がいれば是非とも観て欲しい。 私がお勧めする映画の一つだ。 2時間バージョンと3時間バージョンがあるんだけどとにかく圧…

映画「 冷たい熱帯魚 」【ネタバレ感想】園子温節炸裂の圧倒的熱量!でんでんが俳優人生で最も輝いた映画!(映画47本目)

品川イッコーです。 「北九州監禁殺人事件」が園子温によってドラマ化されるとのことで改めて「冷たい熱帯魚」を鑑賞することに。 この映画は実際に起きた「埼玉愛犬家連続殺人事件」を元にしたものでこちらも随分ハードな内容。

ドラマ「 3年A組 今から皆さんは、人質です 」【ネタバレ感想】SNSの在り方を考える最高の教材

品川イッコーです。 凄く話題になったし今更すぎるドラマなんだけどリアルタイムで観てなくてつい最近Huluでまとめて観たので感想を。 すでに結構な人が観ているとは思うので大まかなあらずしとは割愛するとする。 尚、完全なるネタバレ記事なので万が一これ…

映画「 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ 」【ネタバレ感想】だからイギリス映画が好き (映画46本目)

品川イッコーです。 この時期のイギリス映画と言えばダニーボイル監督の「トレイン・スポッティング」があがるけどガイリッチー監督の本作もなかなか負けていない。 むしろ「ストーリーと笑い」といういう点においてはこちらの方に軍配があがりそうだ。 非常…

映画「 タンポポ 」【ネタバレ感想】ラーメン映画の傑作!これほど斬新で奇抜な食映画は今だにない!(映画45本目)

山崎努や役所広司、渡辺謙ら豪華キャストが共演した、伊丹十三監督2作品目となるコメディドラマ。 客足の少ないさびれたラーメン屋を営む美しい未亡人・タンポポ。彼女に惹かれた男たちが、その店を繁盛させるために奮闘する姿をコミカルに描く。 製作:1985…

映画「 日日是好日 (にちにちこれこうじつ) 」【ネタバレ感想】説教臭くなくてスッと入ってくる秀逸な邦画 (映画44本目)

ヨーロッパ帰りの飛行機ですっかり日本語に飢えていた私は退屈しのぎに唯一の邦画を観ることにした。 映画のタイトルは「日日是好日」と書いて「にちにちこれこうじつ」と読む。 樹木希林が亡くなった時にこの映画を知ったが予告を観た時の印象は「なんて地…

映画「 シュガー・ラッシュ 」【ネタバレ感想】まんまトイストーリーのゲーム版 (映画43本目)

品川イッコーです。 思ったんだけどピクサーって「裏側」すきだよね。 例えば「トイストーリー」は人間が知らないオモチャ達の裏の世界を描いてたし、「モンスターズインク」もモンスター達の裏側に密着したものだった。 今回は人間が知らないゲームの世界の…

映画「 運び屋 」【ネタバレ感想】とても心温まるヒューマンだけど犯罪映画 (映画42本目)

品川イッコーです。 少しばかり口の悪いクリントイーストウッドは仕事第一、家族は二の次。 娘の結婚式まですっぽかしてしまうしょうもない爺さん。 そんなクリントイーストウッドがメキシコのカルテルの運び屋になって大金を稼ぐようになりその中で家族の大…

映画「 アリー スター誕生 」この映画が原因でブラッドリー・クーパーはイリーナ・シェイクと破局?(41本目)

品川イッコーです。 しかし「アリー スター誕生」ってなんてセンスのない邦題だろう? もうちょっとなかったのか? これじゃ何の捻りもないし邦題で観る気が失せる。 ヨーロッパ行きの飛行機で退屈じゃなかったら絶対に観ようと思わなかった映画。

映画「 万引き家族 」ヒューマンとミステリー要素が秀逸すぎる是枝監督の傑作 (40本目)

品川イッコーです。 是枝監督の演出ってセリフもナチュラルでアドリブっぽいのが特徴だけど個人的にはちょっと鼻につくときもある。 だけど作品のテイストは好きでほぼ観てはいる。 今作は記念すべきパルムドール受賞作品。 さらにアカデミー賞を総なめにし…

映画「 ボヘミアン・ラプソディ 」クイーンに興味ない人にこそ是非観てもらいたい傑作 (39本目)

品川イッコーです。 正直言って私はクイーンに関しては好きでも嫌いでもどちらでもない。 リアルタイムで聴いていたわけではないが一応は中学生の時に何枚かのアルバムは聴いたことがあった。けどその時の自分にはピンとこなかったということもあり深く掘り…

映画「 サバイバルファミリー 」説教臭くて突っ込みどころ満載だが考えるきっかけにはなる (映画38本目)

品川イッコーです。 要は「もしも世界中で突然電気か使えなくなったら」というもしもシリーズ。 一つの家族を軸にサバイバルコメディ。 どうせならコメディタッチにしないで大真面目にエグくやればいいのにと思ったがラストの小日向さんが助かるというご都合…

映画「 駆込み女と駆出し男 」大泉洋主演映画で一番面白かった (映画37本目)

目が離せなくなるテンポのいいヒューマンドラマ 質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺、東慶寺があった。但し、駆け込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思…

映画「 ファースト・マン 」感想→この映画のせいで絶対に月になんか行きたくないと思った (映画36本目)

品川イッコーです。 「セッション」と「ラ・ラ・ランド」が大好きで次回作は絶対映画館で観たいと思っていたデイミアン・チャゼル監督の新作「ファースト・マン」。 今回も前作に引き続きライアン・ゴズリングが主演しております。

Amazonプライム「 ドキュメンタル シーズン2」ポイント制になって劇的に面白くなった

品川イッコーです。 シーズン1を観て残った最大の疑問は「結局前回の1,000万円はどうなった?」である。 だけどその疑問には今回答えてくれなかった。 そのまま没収なのかな?凄いモヤモヤ。 没収だとしたら番組はノーリスクハイリターンだな… では本題の「…

Amazonプライム「 ドキュメンタル 」シーズン1は企画が未完成!色々課題が多い試作品みたいな感じ

品川イッコーです。 やたら評判が良かったので重い腰を上げてようやく観た。 Amazonプライム限定の「ドキュメンタル」。

映画「 カメラを止めるな! 」過大評価…三谷幸喜のラジオの時間インスパイア映画 (映画35本目)

品川イッコーです。 盗作疑惑とか含めて色々と話題になった映画。 制作費は300万円で興行収入は30億円。 めちゃ儲かったんだなと思いきや大部分が映画会社に入ったみたい。 作り手がもっと映画で稼げれば邦画のレベルも上がると思うが。 さてかなり評判がよ…

映画「 グレイテスト・ショーマン 」まるでショーを観てるみたい!興奮で身体が震える最高の映画!(映画34本目)

品川イッコーです。 ミュージカルってどうしても抵抗があったんだけど「ラ・ラ・ランド」が思った以上によくて自分の中でミュージカルへのハードルが下がったということもありこの映画に手を出した。 そしたらこれが最高の映画だったのでこの興奮が冷めない…

映画「 リメンバー・ミー 」老若男女問わず勧められる良作!(映画33本目)

品川イッコーです。 「大人も泣ける」という安易なキャッチコピー的な感想が流れてきて天邪鬼な私は若干ハードル高めにこの映画を観たんだけどそのハードルをも余裕で超える作品だった。 凄くベタな感想を一言で言えば「音楽の素晴らしさ、家族愛を非常にス…

映画「 ジュラシック・ワールド 炎の王国 」壮大なタイトル詐欺映画 (映画32本目)

品川イッコーです。 ジュラシック・ワールドの三部作のうちの二作目を観たんだけどこれが稀にみる酷さだった。 脚本がね。

映画「 ムカデ人間 」最もクレイジーで不愉快極まりない映画 (映画31本目)

品川イッコーです。 「もしも人間の口と肛門を繋げてムカデ人間作ったら、おもしろいよね」っていう悪ふざけを映画化したもの。 ムカデ人間は全部で3作作られていて最初の1、2はかなり面白い(最後は歴史的駄作)。

ドラマ「 下町ロケット2 」感想 クサイ。だけどそれがいい。

品川イッコーです。 ドラマ「下町ロケット」の続編。 原作で言えば3、4作目をドラマにしたもの。 1作目と2作目は原作を読んでドラマを観てたんだけどもはやドラマの配役陣の印象が強すぎて本を読む気がしなくなった。

映画「 ナチュラル・ボーン・キラーズ 」最高に面白い各国で上映禁止のヤバ過ぎる殺戮映画 (映画30本目)

品川イッコーです。 バーで女が音楽に合わせて踊る。 男が口説こうと寄ってくる。 次の瞬間女は男をボコボコにして殺してしまう。女の彼氏もそれに加わりその店にいる人を次々と殺していく。 1人だけ生かして2人は言う。 「ミッキーとマロリーがやったって言…