品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

最強のラーメン二郎インスパイア店「蓮爾 登戸」小ラーメン 2018年5月 (ラーメン4杯目)

ラーメン二郎を超える史上最強のラーメン

 

学生時代に狂った様に通ってた「蓮爾」。

簡単に言えばラーメン二郎インスパイア店。

 

確かラーメン二郎 町田店の流れを汲むこの店。

色々あってこの登戸という場所へ。

 

正直言ってこの街には何もない。

蓮爾以外。

それだけ蓮爾が強烈すぎるのだ。

ラーメン二郎が可愛く思えるのはこの店くらいか。

 

久々に小田急線の向ヶ丘遊園駅を下車。

(登戸駅よりも向ヶ丘遊園駅の方が若干近い)

f:id:ikkoshinagawa:20180502075417j:image

金曜ということもあり駅前は大学生だらけ。

サークルの飲みか。

どうせ社会にでたら馬車馬の如く働かされることになるんだからいまのうちに遊んどきなさい。

 

で、蓮爾まで徒歩10分程f:id:ikkoshinagawa:20180502143450j:plain

この道も何度通ったことか…

f:id:ikkoshinagawa:20180502144404j:image

センチメンタルな思いを封じ蓮爾まで勇み足で向かう。

ガソリンスタンドを右手にして通りを挟んだ向こう。

f:id:ikkoshinagawa:20180502144423j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180502144440j:image

マジかよ…

推定30人…

f:id:ikkoshinagawa:20180502144503j:image

学生がほとんどだが社会人もちらほら。

卒業しても蓮爾の味が忘れられなくて自分と同じようにこの店へ集ってくる。

そして年々卒業生が増え、新たな新入生達がこの味を覚える。

(僕が大学生の頃はこんなに並んでいなかった)

 

f:id:ikkoshinagawa:20180502075515j:image

列の最後尾の人から食券を買うように言われ、食券を購入。

 

販売機に「近々値上げします」の文字。

これずっと貼ってあるし、「新町一丁目店」でも貼ってある。

何なんだこれ…

いつでも値上げしてやるぞとやけに高圧的な感じだ。けど大きく値上げってしてないよな?

 

食券を購入したら髭面の武者の様な店員に渡す。

「1人?」

 

先輩かよ。

「1人です」

「後ろ声かけて」

「はい」

 

自分の後ろの人に食券を買うよう促す。

これがこの店のルール。

決して自分のペースで食券を購入する事は許されない。

社会に出たら自分ルールは通用しない。

郷に従うこということをこの店で教わることになる。

 

回転率は悪い。

1人で並ぶのは本当にキツイ。

暇と孤独のWパンチでラーメンの前に萎えそうになる。

だがこの「待つ」という行為が蓮爾をより美味しく頂くためのスパイスでもある。

前に並ばずに食べたことがあるが有り難みがなかった。

 

仕方ないので興味もねぇ友人のインスタ画像やTwitterを見て時間を潰す。

並ぶこと50分。

携帯の電池もなくなりかけたところで席へ案内される。

孤独と退屈の50分だった。

ようやく座ることができた…


目の前にはカレンダー。
赤字の日(休日)は基本休み。
日曜など稼ぎ時であるがそれはこの店には関係ない。
まるでサラリーマンだといわんばかりにゴーデンウィークまでもガッツリ連休を取ってくる。

店内にBGMはない。
すする音のみが店内に響く。

壁も黒ずんでいる。
これは一体なんの黒ずみなのか不明。

 

程なくしてニンニクの有無を聞かれる。

本当はガッツリ入れたいところだが明日もあるのでニンニクはやめとく。

 


小ラーメン 700円

f:id:ikkoshinagawa:20180502092538j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180502092835j:image

素晴らしい。完璧なルックス。

f:id:ikkoshinagawa:20180502092911j:image

ヤサイは程よいクタ感。

豚が細切れになっているが味が染みてて柔らかい。この豚、本当に美味い。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180502092926j:image
人はこの麺と対峙した時様々なものに例えようとする。
「うどん、モチ、ギターのシールド…」
だがどれもうまく例えられてるものはない。
うどんに至っては凡庸な例えの上、一番近いが一番遠い。
f:id:ikkoshinagawa:20180502092956j:image

ここの麺は中心が生煮えである。

いくら茹でても芯まで茹だたないのか、あえて茹でていないのかは不明だがボキボキというラーメンに似つかわしくない擬音の食感を体感することになる。

そのおかげでオーションを思う存分堪能できる。
これは天ぷらの名店「美かさ」の天ぷらと相通ずるところがある。
 

f:id:ikkoshinagawa:20180502093334j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180502093357j:image

思う存分麺を食らう。

麺が重いので軽く腱鞘炎になりそうになる。

かなり顎も疲れてくる。

ラーメンを食べているのにカロリーを消費している様だ。

f:id:ikkoshinagawa:20180502093413j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180502093430j:image

スープは絶妙な乳化具合。

ほんのり甘味を感じる。

f:id:ikkoshinagawa:20180502093447j:image

無我夢中でこのぶっとい小麦の塊を胃におさめる。

途中から一体何の作業だろう?と疑問に思いながらもこの不思議な食事は10分足らずで終わっていた。

うっすらと汗もかいていた。

帰り道、幸福感に包まれながら次はいつこれるだろうかと蓮爾に思いをはせる。

色々美味しいものを食べてきたが蓮爾は特別だ。

それは来る度に思う。

 

蓮爾 登戸店 (はすみ)

住所
神奈川県川崎市多摩区登戸1770


小田急向ヶ丘遊園駅から徒歩10分
向ケ丘遊園駅から434m
営業時間
[月~金]
18:00~24:00
閉店時間は、客の並びや混雑具合によりスライドする。
概ね23:45分くらいには券売機をOFFにしている。

[土]
11:00~17:00
定休日 日曜日