品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

「地獄の坦担麺 護摩龍」カップラーメン感想 別物! 2018年5月 (インスタント麺1杯目)

ついに担担麺の名店がカップラーメンに

f:id:ikkoshinagawa:20180513162222j:image

ついに出ましたね。前からお気に入りの大久保にある担担麺のお店「地獄の担担麺 護摩龍」のカップラーメン。

辛さレベルは真ん中の「阿修羅」。

この店もレベルに応じて店独自の辛さ名称があります。

店で「阿修羅」を食べた時は辛さは実際大したことなく、それよりも濃厚な胡麻の風味と甘さが印象的。だけど後からほのかに唐辛子と花椒がジワジワやってきて汗ばむ。旨味がつよく胡麻の甘さと辛さの見事な調和がとれた一杯だった。

 

普段カップラーメンってなかなか食べないんだけど実際に店の味を知ってるからにはこれは食べてみないと。

で、さっそく作ってみる。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180513125245j:image

内容物としては3点

f:id:ikkoshinagawa:20180513125259j:image

後入れ特製スープ

後入れ液体スープ

かやく

 

f:id:ikkoshinagawa:20180513125312j:image

ノンフライ麺は最近の流行りですね。

確かに罪悪感はそんな感じない。

f:id:ikkoshinagawa:20180513125325j:image

カップラーメンって最近のやつは5分のが多いな。

f:id:ikkoshinagawa:20180513125339j:image

じっと指をくわえて5分間待つ。

後入れスープと液体を入れて混ぜたら完成。

f:id:ikkoshinagawa:20180513162056j:image

 

決定的な違い

スープは胡麻の風味が弱い。これは決定的。

スープの濃度はある程度あるけど本物に比べると全然違う。本物は胡麻のおかげでかなり甘みがあるがこちらは特に甘みは感じない。

「ごまりゅう」という店名の通り胡麻主体であるべきなんだけどな。

違いはあれど豚の旨味はあってこれはこれで美味しいです。辛さもピリ辛だが程度あり花椒も感じる。

だけど色々な要素が圧倒的に物足りない。

いたって普通のノーマルの担担麺といった感じ。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180513162111j:image

麺はノンフライ麺だけあってモチモチの食感がいいです。平打ちの縮れでスープに絡みます。やっぱノンフライ麺いいな。

肉そぼろとのマッチングもなかなか。

 

トータル「胡麻感不足」が印象的。

スープが違うと全体の印象も全く違うものに。せめて多少甘さは欲しかったな…

f:id:ikkoshinagawa:20180513162119j:image

護摩龍」としてではなく担担麺のカップラーメンとしてなら美味しいと思います。

以上、正直な感想でした。

 


大久保にて担々麺の美味しい店見つけました。店の名前は「護摩龍 百人町総本山」って凄いイカつい名前なんだけど。[けつがバター醤油] 매운맛【IKKO'S FILMS】