品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数15万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

銀座「鮨竹」女性の大将が握る絶品鮨初体験 SUSHI-TAKE 2018年4月 (鮨2軒目)

丸刈りの女性の大将が握る極上鮨

本日お邪魔するのは銀座の「鮨竹」。

男社会と言われている寿司業界の中でも珍しい女性の大将のお店です。

「新ばし しみづ」で長く修行されていた方です。

店はビルの4階。さっそく入ってみる。

f:id:ikkoshinagawa:20180514000630j:image

店内は小さめで余計なものは一切ない。

横に長い一枚のカウンター板が印象的。

小柄な女性の大将は丸刈りで堂々と鮨を握っていた。

二番手さんは逆に身長が高く、接客が非常に丁寧で好印象。

なかなか珍しい光景がそこにあった。

つまみからお任せでお願いする。

 

しんとり奈

f:id:ikkoshinagawa:20180514000517j:image

青臭さはなくあっさりと。

 

カレイの刺身

f:id:ikkoshinagawa:20180514000602j:image

フワッとしながらもコリッとした歯応え。

じんわりとした旨味が抜ける。

 

蒸しアワビ

f:id:ikkoshinagawa:20180514000920j:image

サイズこそ小さめだが香りはいい。

肝も酒に合いそうだ。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180514154840j:image

初鰹。皮目を炙ったもの。

日本酒の出番でしょうか。

 

 

とり貝

f:id:ikkoshinagawa:20180514155653j:image

柔らかく、火入れによる甘みもいい。

 

ホタルイカ

f:id:ikkoshinagawa:20180514155719j:image

とり貝とホタルイカは同時に提供された。

それぞれの異なる味わいを楽しんだ。

 

塩茹でのタコ

f:id:ikkoshinagawa:20180514160536j:image

塩を付けていただく。

 

つまみはこれにて。

いよいよ握りに。

 

春子鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180514164239j:image

チダイだろうか?

昆布〆。めちゃめちゃ身質が柔らかい。

この柔らかさはもともとのクオリティによるのかな?

 

アオリイカ

f:id:ikkoshinagawa:20180514164309j:image

トロッとしてて烏賊は口内で崩れる。

このシャリの酸とアオリの甘みとの相性良し。

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180514165204j:image

どこのものか聞き忘れた。

香り、甘み強し。ネタも大きめ。

 

大トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180514165239j:image

脂に嫌味なし。

 

 

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20180514165318j:image

酢が強めのシャリに強めの〆加減。

かなりパンチのある味わい。

 

金目鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180514165335j:image

舌触りよくトロンと。

それでいて香りも強い。

 

平貝

f:id:ikkoshinagawa:20180514165349j:image

シャリっとした歯応え。

あっさりとして金目鯛の後にはいい。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180514165425j:image

この鯵めちゃめちゃ美味い。

まさに今の時期の鯵で上品な香りと程よい脂加減。

あとで鯵は追加してまったくらい。

 

車海老

f:id:ikkoshinagawa:20180514165449j:image

甘みが強く、香りも強い。

江戸前の仕事をきっちり施されたもの。

 

 

 

バフンウニとムラサキウニ

f:id:ikkoshinagawa:20180515185025j:image

2種類のウニの贅沢盛り。バフンウニの甘さとムラサキウニクリーミーさがコラボ。

シャリの酸との壮絶コラボ。

 

穴子 2種類

f:id:ikkoshinagawa:20180515185149j:image

タレと塩の2種類。なんだか見た目可愛い。

塩は甘い味付けがされてる。

フワフワとホロホロの中間でホワホワ。

 

玉子焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180515185317j:image

しっとりとした玉子焼きでおまかせはこれにて。

 

女性の大将はお客さんに積極的に話しかけることはない。静かに黙々と鮨を握る。

その姿は凛としており女性だということを忘れる(丸刈りだからじゃないけど)。

二番手さんの丁寧な接客も心地よく最後まで幸せ気分に浸れて店を出た。

 

お会計は1人2万程。

 

ご馳走さまでした!

www.youtube.com

2002年開校、卒業生数3,500名以上・世界初の江戸前寿司職人養成コース