品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

銀座「鮨 太一」リーズナブルで絶品鮨を食べられる超優良店見つけました SUSHI TAICHI 2018年4月 (鮨3軒目)

絶品な上に価格も良心的

大将の石川太一さんはかなり器用な人だ。

二番手をいじりお客さんを和ませながら弟子たちにダメ出しもする(小声で)。

そして一見さんにもちゃんと話しかけ緊張させないように気を使う。

さらに伝統的な江戸前鮨を抑えめのコストでいただけるという超優良店だ。

昔ながらのカウンターの寿司屋で客が緊張しながら食べるという時代はとっくに終わったようだ。

 

とある平日のお昼にお邪魔した。

裏路地に位置しはじめての人はおそらく迷うだろう。

f:id:ikkoshinagawa:20180520154408j:image

 

オープン時間ちょうどに入店。

休みなので酒を飲む気満々。

つまみから握りでお願いする。

f:id:ikkoshinagawa:20180520154446j:image

まずは小瓶で1人で乾杯。

平日の昼間ということで仕事中の方もちらほら。握りだけも対応してもらえる。

 

そら豆のすり流し

f:id:ikkoshinagawa:20180520154557j:image

そら豆をすり潰したもの。

味付けはされてない。豆本来の味をたのしむ。

 

マコガレイ、煮ダコ、金目鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180520154609j:image

マコガレイはサッパリで食感がいい。

煮ダコはそのままで。

金目鯛はほのかに甘みを感じる。

 

ボタン海老の酒盗漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180520185600j:image

海老ちゃんが凄く甘い。

調理でこれほど甘くなるのか。

 

牡蠣のオリーブオイル漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180520185708j:image

昆布出汁で臭みは0。

プリプリで美味しい。酒が進む。

 

蒸しアワビ

f:id:ikkoshinagawa:20180520185831j:image

アワビのにゅっとした食感が凄いいい。

永遠と食べていられる。肝も濃厚です。

 

あん肝

f:id:ikkoshinagawa:20180520190444j:image

超絶甘いです。ちょびちょびっと食べながら日本酒をキュッと。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180520190624j:image

これを食べる時に日本酒は外せない。

 

白魚

f:id:ikkoshinagawa:20180520190820j:image

天ぷらじゃない白魚を食べる機会があまりない。食感はもちろん白魚。淡白であっさり。

 

ホタルイカの沖漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180520190901j:image

ここで漬けてるのでやはり居酒屋のとは違いますね

 

ここままではお腹一杯になってしまうので握りにしてもらう。まだつまみあったのかな?

 

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180520191141j:image

いきなりすか。

脂加減が絶妙で濃厚ねっとり。美味いす。

シャリは酢が強すぎずいい感じ。

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20180520191312j:image

鮪の後は小肌。伝統的な江戸前鮨の流れですね。うん、サッパリしてて口の中がリセット。

 

ヒラメの昆布締め

f:id:ikkoshinagawa:20180520191455j:image

安定の白身魚白身に昆布締めって美味しいですね。

 

とり貝

f:id:ikkoshinagawa:20180520191622j:image

とり貝の肉厚なこと。食べ応えがあります。

 

赤身

f:id:ikkoshinagawa:20180520191750j:image

コクがあって美味しい。中トロとはまた違った味わい。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180520191843j:image

鯵はこれからの季節美味しくなる魚ですね。

鯵の味が強くて旨味が口いっぱいに広がる。

 

車海老

f:id:ikkoshinagawa:20180520192047j:image

見た目も派手だけど甘くて抜群に旨い。

プリッと。

 

以下、写真撮り忘れ

小柱  スッとした歯ごたえと甘みを感じる。

赤貝  コリコリ感を楽しむ。

春日子鯛  身が柔らかい。まさに春の魚で今がベスト。

桜鱒  春日子鯛のあとだからかやたら脂の旨味を感じる。

紫雲丹  クリーミーかつ、まろやか。

大将曰く「あまり高いものではないけど十分美味しいでしょ。高ければいいってもんでもないんですよ」と正直に言ってくれたのも好印象。

 

シャコ

f:id:ikkoshinagawa:20180520192916j:image

見た目と裏腹にプリプリの食感が最高。

 

スミイカ

f:id:ikkoshinagawa:20180520193007j:image

「ただのスミイカだけど食べます?」って言われたけどめちゃめちゃ柔らかくて甘くて美味しいじゃないすか

 

サヨリ

f:id:ikkoshinagawa:20180520193207j:image

生姜でサッパリ。

 

穴子

f:id:ikkoshinagawa:20180520193314j:image

口の中で甘みとコクを残して一瞬にして消えた。え?魔法?

 

玉子焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180520193356j:image

しっとりとして上品。締まりました。

 

お会計なんと19,008円。

これだけ食べてこの値段?

お酒も二合ほど飲んでます。

いやはや、こういう店がコスパがいいと言うんでしょうね。

素晴らしいお店です。

大満足でほろ酔いで店を出る。

www.youtube.com

2002年開校、卒業生数3,500名以上・世界初の江戸前寿司職人養成コース