品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

二子玉川 「 すし 㐂邑 (きむら) 」 日本を代表する唯一無二の熟成鮨! SUSHI KIMURA 2018年3月 (鮨5軒目)

唯一無二の熟成鮨のパイオニア

もはやなかなか行けないお店ということで3ヶ月前なんだけど記録として残しておきます。

ここは鮨好きの人なら知らない人はいない程のお店。熟成鮨のパイオニアです。

熟成肉」は流行ってるけど「魚を熟成」って腐らないの?という凄く当たり前すぎる疑問を解消してきた。

 

場所は二子玉川鮨屋のイメージがない所に店はある。

f:id:ikkoshinagawa:20180531120951j:image

 

ビールはCOEDOビール

f:id:ikkoshinagawa:20180602203654j:image

埼玉県のビールですね。

 

ハマグリ酒

f:id:ikkoshinagawa:20180602203640j:image

食前酒的なもの。しかしいきなりハマグリ酒とは…

 

牡蠣バター

f:id:ikkoshinagawa:20180602203718j:image

またまた面白いのが出てきた。

マイルドだけどしっかり牡蠣の風味が。

ちょびちょびつまみながらビールを。

 

雲丹蕎麦
f:id:ikkoshinagawa:20180602203627j:image

びっくりした。まさか蕎麦が鮨屋で出るとは…

雲丹のクリーミーさとコシのある蕎麦のマッチングがハンパない。蕎麦の風味が消されてるという心配はなく香り高く美味しい。

もう一杯普通にこれだけ食べたいくらい。

この時点でこの鮨屋、只者ではないことに気づく。

 

マナガツオ

f:id:ikkoshinagawa:20180531121517j:image

淡白すぎず脂加減も絶妙。素直に美味しい。

ここら辺で日本酒か。

 

このこ

f:id:ikkoshinagawa:20180603163059j:image

ナマコの卵巣です。これを干したものが「ばちこ」になるわけです。

ツルツルっとした食感で美味しい。

 

ワタリガニの塩辛
f:id:ikkoshinagawa:20180603163307j:image

こんなのはじめて食べる。

手でみんなでちゅうちゅう音をさせながら吸い付きます。

「みんなさ、気取らずにここらでリラックスしてよ」まるで大将の木村さんがそう言ってるかのよう。

塩辛も酒が進みます。

 

トラフグのお吸い物

f:id:ikkoshinagawa:20180603163443j:image

中に入っているのがトラフグの白子。濃厚でトロンとしてて日本酒が進みすぎる。まだ鮨いってないのに。

 

ここでシャリを海苔に巻いて渡される。

何も入ってない。シャリは硬めで塩っけは抑えめ、酢も効きすぎないマイルド系。

ネタを活かすタイプだ。

 

甘鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180603172305j:image

何日寝かしたのだろう?

ねっとり感がハンパない。これが熟成鮨か。

 

サヨリ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172207j:image

熟成期間一週間。

もっちりした食感に。いままで食べてきたサヨリと明らかに違う。

 

桜鱒
f:id:ikkoshinagawa:20180603172222j:image

熟成期間20日

20日…大丈夫なんだろうか?

濃度が物凄いぞ。すごーく濃い。

なんじゃこりゃ…とにかく美味い。

 

とり貝
f:id:ikkoshinagawa:20180603172310j:image

めちゃくちゃ甘い。なんなんだこの甘さは。

熟成させるとここまで味が変わるのか…

 


f:id:ikkoshinagawa:20180603172238j:image

鯵の味も1.5倍増し。ねっとり感も杉本彩

とにかく旨味がすごい。

 

シマエビ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172244j:image

もう甘辛で煮込んでるじゃねぇかってほど甘い。そしてねっとり感もハンパじゃない。

さっきから甘いねっとりしか言ってないね。エロい。

 

カワハギ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172248j:image

今まで食べてきたものと明らかに違う。

もはやそれしか言えない。

 

金目鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180603172217j:image

旨味が濃縮されている。

大将の木村さんは魚を腐らせる直前まで熟成させ美味しさを引き出す。これ以上寝かせると匂いがでてくる。

徹底的な研究結果の賜物。

 

メジマグロ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172259j:image

本鮪の子供。

この店ではメジャーな魚は使わない。

 


f:id:ikkoshinagawa:20180603172233j:image

鰯ってただでさえ味が強いのにちゃんとシャリと一体化してる。凄い。

 

マカジキ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172212j:image

驚異の54日間熟成。

約2ヶ月だよ。まじすか。

もはや何を食べてるのかわからなくなってくる。1つ言えることは美味い。

あと濃厚、ねっとり。

 

鰹の手ごね寿司

f:id:ikkoshinagawa:20180603180236j:image

ここらで握りじゃないものが出てきた。

当然箸でいただきますよ。

いくらでも食べられそう。

 

玉子焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180603172227j:image

フワフワ。甘みはすごく控えめ。

これ好きです。

 

以上。

あと一貫食べたいので追加注文。

 

イサキ
f:id:ikkoshinagawa:20180603172254j:image

感無量。最後まで美味しくいただけた。

 

熟成鮨。何日か寝かせるだけなら他の寿司屋もやる。

だけどここのは寝かせる期間が桁違い。

他の寿司屋が真似しても腐らせるだけらしい。ここまでくるのに限らない実験の日々。

魚の原価を考えらと恐ろしい…

誰もやらなかった前人未到の境地。

そしてかつて味わったことのない鮨…

それだけではないつまみの独創的なこと。

全てが唯一無二。

是非またきたい。

www.youtube.com

2002年開校、卒業生数3,500名以上・世界初の江戸前寿司職人養成コース