品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

ラーメン二郎 インスパイア「 蓮爾 新町一丁目店 」(2) つけ麺「ラー油まみれって誰が想像する?」 2018年6月 (ラーメン16杯目)

つけ麺頼んでラー油まみれって誰が想像する?

仕事終わりに車を飛ばして蓮爾 新町一丁目店まで。

相変わらずここは平日の夜は並びなしで入れるからありがたい。

登戸店は長蛇の列で行くのにもなかなか体力と覚悟がいる。

f:id:ikkoshinagawa:20180606080951j:image

席にすわってまもなくすると「品川さん」と声をかけられ振り向くと明るい髪の毛にアウトレイジのTシャツを着た大学時代のバンドサークルの後輩が隣の席にいた。
なんてタイミングだろう。

軽く近況を話し合いながらしばらくして着丼。

 

つけ麺 850円 トッピング:そのまま

f:id:ikkoshinagawa:20180606081042j:image

本日はつけ麺の気分。

相変わらず赤い。これはラー油です。

蓮爾のつけ麺は登戸店ともにラー油まみれ。

f:id:ikkoshinagawa:20180606081023j:image

かなりイカつい脂が浮きまくってる。

そして塩分濃度が半端じゃない。舌がビリビリする。

逆健康食。

辛味はほぼない。ラー油でコクが増してる感じはする。

f:id:ikkoshinagawa:20180606081032j:image

豚も脂は多いが柔らかくて味付けもいい。

蓮爾の豚はあまりハズレがないように思える。

いつ行ってもある程度のレベルは担保されている。

 
f:id:ikkoshinagawa:20180606081027j:image

麺はいつものムチ。あ、でもある。

まさに小麦を食ってる感じ。

つけ麺ってことでつけ汁につける作業が発生するわけだが麺を持ち上げる作業がツライ

だって重いんだもん、これ。
f:id:ikkoshinagawa:20180606081037j:image

けどやっぱりこの麺は唯一無二なんだよな。

全くもって媚びてない。

むしろ挑発的ですらある。

子供や年寄りには絶対勧められない。

何も知らない入れ歯の高齢者が店にフラッとやってきてこれを頼んだらと考えると恐ろしくなってくる。

幸いなことに高齢者はいないが。
f:id:ikkoshinagawa:20180606081017j:image

うずらの卵が入っている。

この辺、ちょっとツンデレを感じたの私だけではないはずだ。

砂漠の中のオアシス。

卵の黄身はパサパサだけど。
f:id:ikkoshinagawa:20180606081047j:image

ひたすら重い麺をつけ汁にぶち込む。

もはや食事と同時に行う筋トレ。

塩分濃度が強いのでつける量は半分程で十分。

ラー油と言ったが途中からあまりラー油は気にならなくなってくるから不思議。

甘みは感じない。ひたすらコク深く、そしてしょっぱい。

 

なんとか370gを腹におさめる。

後輩に別れを告げ店を出る。

なんかしらんが今日も勝った。

さて、全メニュー制覇してみるかな。

 

蓮爾 新町一丁目店

 

住所
東京都世田谷区駒沢4-29-13 ケー・テー駒沢1F
交通手段
駒沢大学駅から徒歩8分くらい
桜新町駅から徒歩10分くらい
駒沢大学駅から815m


営業時間
[月~金]17:00~23:00(LO.22:40頃)
[土]11:00~17:00(LO.16:40頃)
定休日 日曜日 祝日