品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

八王子「らぁめん 大安」チャーシュウざる 「肉祭りなのに鬱陶しくない」 2018年6月(ラーメン18杯目)

肉まみれつけ麺

八王子に来た。八王子と言えばあのラーメン屋が真っ先に浮かんだ。

八王子駅からすぐの「らぁめん大安」へ向かう。

 

黄色い看板が目印。

11時半で並び5人。相変わらずの人気店だ。

f:id:ikkoshinagawa:20180608140126j:image

ここは新宿の名店「満来」出身で八王子でほぼ同クオリティで食べることができる(価格も満来に比べて少し安い)。

回転率は非常によく、あっという間に店内に入れた。

f:id:ikkoshinagawa:20180608140141j:image

メニューはこんな感じ。

チャーシューめんはすでに売り切れ。

f:id:ikkoshinagawa:20180608140153j:image

確か一年前くらいに来た時もこの時間でチャーシューめんは売り切れになってたな。

そもそも販売してないのかな?

まぁ基本ここへきたら「チャーシュウざる」しか食べないからいいんだけど。

五分程して着丼。

 

チャーシュウざる 1,200円

f:id:ikkoshinagawa:20180608140245j:image

久々のこのビジュアル。やっぱチャーシューの量が凄い。

「ざる」なので麺の上に海苔が乗っている。

見た目も「満来」そのままだ。

 

つけダレはチャーシューで占めている。
f:id:ikkoshinagawa:20180608140254j:image

鶏出汁の醤油スープ。

クリアな清湯系で酢もそこそこ効いてる。

意外とオイリーでまろやか。非常に絶妙で安心する味だ。

チャーシューは柔らかくてホロホロ。

味付けもよくサッパリしている。

f:id:ikkoshinagawa:20180608140307j:image

麺は中太縮れ麺。

こんなにコシあったっけ?って程歯ごたえを感じる。

中華麺の独特な風味がたまらない。この麺はつ

け麺でこそ活きると思う。

f:id:ikkoshinagawa:20180608140259j:image

つけダレの方はチャーシューだらけなのでうまくつけられない。

むしろ乗っかる感じだ。

ある程度までチャーシューを減らさないとね。

 
f:id:ikkoshinagawa:20180608140250j:image

チャーシュー自体はしょっぱすぎず薄すぎずちょうどいい味付け。

家で酒と一緒にいただきたい。
f:id:ikkoshinagawa:20180608140241j:image

他に具材としてはネギ、メンマ。

これは特筆するべきことなし。

オーソドックスな中華麺。
f:id:ikkoshinagawa:20180608140303j:image

麺とチャーシューの割合は1対1くらい。

同時進行で進めて行かないとバランスが悪くなってしまう。

チャーシューは脂身はほぼなくサッパリなのでまったくクドさは感じない。

本当に美味しいチャーシューだ。
f:id:ikkoshinagawa:20180608140311j:image

久々に来たけどやはり流石の味。

1,200円払っても食べたい一杯。

半分は肉を食いにきていると言っても過言ではない。

 

八王子に来た時はまた寄ります。

ラーメンWalker東京2018 ラーメンウォーカームック