品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

銀座「 鮨 とかみ 」 ミシュラン一つ星獲得店!オール赤酢の極上鮨! SUSHI TOKAMI 2018年2月 (鮨8軒目)

記録として今年の2月に行った「鮨 とかみ」の感想を。

最寄り駅は内幸町駅となってるけど新橋駅でも銀座駅からでも。

 

ここはかつでミシュラン三ツ星店の「鮨 水谷」があった場所。

そこに満を持して「鮨 とかみ」がオープン。

驚きなのがオープン1年ですでにミシュラン一つ星を獲得。

かなり話題になったお店です。

 

今回は後輩の誕生日祝いにやってきました。

 

鮪の突先の手巻寿司

f:id:ikkoshinagawa:20180623171002j:image

この店ではいきなりこの「鮪の突先の手巻寿司」が出てきます。

鮪の背中で頭に一番近い部分。一番味が濃くてとにかく濃厚。

口の中でのとろけ具合がハンパじゃない。

この店の看板メニューはやはり「鮪」。

シャリは赤酢が特徴的。酢が効いていてクセになる。

 

毛ガニのポテトサラダ

f:id:ikkoshinagawa:20180623172915j:plain

長崎県のジャガイモを使用。春の野菜「うるい」を添えている。

毛ガニの贅沢ポテトサラダ。ビールと一緒に。

 

白エビ・あん肝・メジマグロ

f:id:ikkoshinagawa:20180623172931j:plain

白エビは昆布締めにして、メジマグロは塩漬けにしてから燻製している。

 

ヤリイカの印籠詰め

f:id:ikkoshinagawa:20180623173424j:plain

赤酢のシャリとシソと胡麻と酢漬けにしたレンコンが入っている。

イカも柔らかくシャリによく合っている。

レンコンの食感もいい。

 

白川甘鯛の酒蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20180623174026j:plain

京都の九条ネギが添えてある。

これは日本酒が進むわ。

 

ここから握りへ。


f:id:ikkoshinagawa:20180623170952j:image

なによりも赤酢が凄い。このくらい濃い色をしたシャリはなかなかお目にかかれない。

とても酢が強めで最初食べた人はビックリするだろう。

だけどこれがだんだん慣れてきて最後にはこのシャリの虜となる。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20180623170945j:image

墨烏賊自体もとても柔らかくて美味しい。

シャリが尖っているからか烏賊がやたら甘く感じる。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20180623170938j:image

旬はもうちょっと先の春だけどこの店ではレギュラーメニューらしい。

あっさりとしてもっちり。

 

赤身の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20180623170959j:image

さて、ここから鮪の章。

「やま幸」から仕入れた自信の鮪を堪能していきます。

赤身のサッパリ感と赤酢がマッチしていて美味しい。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20180623170914j:image

上質の脂が口内に押し寄せる。

まさに「とかみ」と言えば「鮪」ということを再認識させられる。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20180623170956j:image

脂の甘味とシャリの酢加減が絶妙なハーモニーを奏でている。

圧倒的鮪を堪能した。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20180623170917j:image

大トロの後は小肌でサッパリ。

しかしこの酢が効いたシャリと酢で締めた小肌は凄まじく強烈だ。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20180623171007j:image

甘い。とにかく甘い。

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20180623170920j:image

昆布締めにした金目鯛も甘みがフワッと感じる。

 

赤貝
f:id:ikkoshinagawa:20180623170934j:image

コリコリの食感を久々に味わった気がする。

このシャリにネタが合わせてるのか?とすら思えてくる。

 

煮蛤
f:id:ikkoshinagawa:20180623170931j:image

食感と甘みを楽しみます。

 

真鯵
f:id:ikkoshinagawa:20180623171011j:image

鯵の濃厚さと脂加減がちょうどいい。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20180623170924j:image

ムラサキ雲丹ですね。

雲丹のクリーミーさと赤酢のシャリとの相性もいい。

 

のどぐろ
f:id:ikkoshinagawa:20180623170949j:image

王様きました。これも大トロに続いて脂の甘みとシャリの酸味とのコラボ再び。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20180623170941j:image

焼き目がパリパリ。美味しいです。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20180623170927j:image

まるで洋風のデザート。カラメル?焼き目が香ばしくて美味しいです。

 

トータル「赤酢」に尽きるというか、このシャリをベースにネタが考えられているのか。

大将はとてもフランクで敷居の高さは感じさせない。

はじめてカウンター鮨に来た人でも気持ちよく過ごせる。

大将の小田将太さんは「僕みたいなまだまだ若い寿司屋が無駄に貫禄だしてもね~」って凄い謙虚で好感持てました。

これからの活躍期待してます!

www.youtube.com

 

「鮨 とかみ」ホームページ

http://sushi-tokami.com/