品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

武蔵境 「 珍々亭 」油そば 大 「中毒になる油そばの元祖」 (ラーメン40杯目)

半世紀以上前から営業!油そばの元祖!

どうしても珍珍亭の油そばが食べたくて仕方がなかった。

私は普段油そばは食べない。嫌いじゃないが優先順位は低い。

だからこうして油そばが食べたくて遠征するのは珍しい。

それだけ前回食べた時美味しかったからだ。

f:id:ikkoshinagawa:20180709132039j:image

 1957年創業。

言わずと知れた油そばの元祖のお店」

お昼には次から次へとお客さんがやってくる。最寄り駅は武蔵境駅で徒歩10分。

周りはのどかな住宅街。

外観はいかにも昔ながらのラーメン屋といった感じ。

ノスタルジーを感じる。

 

店内はおばちゃんが接客。

決して広い店内じゃないのにおばちゃん3人もいる。多くね?

f:id:ikkoshinagawa:20180710170946j:image

ここに来たら「油そば」一択。チャーハンにも惹かれるが。

大盛りは2玉分だって。頑張りますか。

 

テンポよく着丼。

 

油そば 大 750円

f:id:ikkoshinagawa:20180709132125j:image

至ってシンプル。麺、ナルト、チャーシュー、メンマ、ネギ。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132112j:image

ナルトってどうしても必要じゃないけどあるとあるとでなんか嬉しい。

存在が絶妙なやつだ。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132137j:image

チャーシューはいかにも昔ながらのチャーシュー。

うん、少し硬め。肉食ってる感じはする。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132103j:image

この色の濃いタレがしょっぱめだけど味付けが抜群なんです。

まぜまぜして食べる。

2玉はなかなかの量だ。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132154j:image

とにかく中華麺の香りが凄い。

油そばって言ってもそこまでぎっとぎとではなくむしろ食べやすい。

「麺、命」の油そばだけあってやっぱこの麺の香りがたまらないです。f:id:ikkoshinagawa:20180709132141j:image
f:id:ikkoshinagawa:20180709132107j:image

麺とタレだけでも充分美味しい。

これは中毒になりますわ。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132120j:image
f:id:ikkoshinagawa:20180709132145j:image

秘伝のタレなんでしょうね。

とにかく病みつきになる。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180710190802j:image

飽きてきたらラー油、お酢をかけて味変。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132117j:image

このラー油がまたこの麺と合う。

より一層ジャンク感が増す。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132133j:image

かけては混ぜて食べるの繰り返し。

味は濃いが止まらない。

やっぱり大にしてよかった。かなり食べ応えがある。
f:id:ikkoshinagawa:20180709132130j:image

正直具材はおまけ。

麺とタレだけで最後まで食べさせるパワーがある。

美味しかったです!ごちそうさまでした!