品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

外苑前 「 海味 」柔道部に紛れ込んだのかと思ったら愉快なお鮨屋さんだった UMI 2018年7月 (鮨11軒目)

本日は外苑前にあるいま何かとSNSでも話題のお店「海味 (うみ)」さん。

駅から徒歩10分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20180701005625j:image

シックな外観に「海味」のみ。

なんか潔い。知らない人は鮨屋だかわからないだろうな。

 

この日は18時からの予約で少し前に着いたが入れてくれた。

店内はまるで柔道部。気合の入った出迎えだ。

 

一番乗りでビールで乾杯。

全部白いけどグラスが白いんです。
f:id:ikkoshinagawa:20180701005622j:image

 

秋田県じゅんさいしじみの出汁

f:id:ikkoshinagawa:20180701005604j:image

じゅんさいのツルツル感としじみ出汁の合わせ技。よし、食うぞと胃が言っている。

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180701005649j:image

いきなりの中トロ。

沖縄県の本鮪で赤身に近い中トロ。確かに赤身っぽくさっぱりしている。

この店ではつまみと握りが交互に提供される。

 

アラの刺身

f:id:ikkoshinagawa:20180701005704j:image

皮入りのポン酢と一緒に。主張はないがサッパリ。

 

ここから日本酒で。お任せで頼むと少量づつたくさんの種類を飲むことができる。

一発目は山形県の「なまいき」。

 

蒸し鮑

f:id:ikkoshinagawa:20180701005756j:image

千葉県房州産。ムチムチの食感。房州鮑はやっぱり美味い。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180712225608j:image

島根県浜田産の鯵。シャリはマイルドでネタを活かしたもの。鯵の旨味が口内に広がる。

 

お次の日本酒は山口県「東洋美人」

 

めひかり

f:id:ikkoshinagawa:20180701005818j:image

茨城県の大洗産。深海魚です。皮パリパリ、身がフワフワ。

 

あん肝の茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20180701005839j:image

北海道余市産のあん肝の茶碗蒸し。

茶碗蒸し自体は冷たくてあん肝の甘味が凄い。もうちょい量が欲しいところ。

 

お次の日本酒は秋田県 新政 「ラピスラズリ(瑠璃)」

 

毛ガニ
f:id:ikkoshinagawa:20180701005915j:image

北海道昆布森の毛ガニの握り。

崩れやすかったがさすがは毛ガニ。

 

しまエビと赤雲丹

f:id:ikkoshinagawa:20180701095307j:image

北海道羽幌町産。

赤雲丹が美味い季節だ。エビのねっとり感と雲丹の甘味がナイスコラボ。

 

鰯のガリきゅうり巻き

f:id:ikkoshinagawa:20180701095322j:image

北海道釧路産の鯵。

 

日本酒どんどんいきます。

山形県 本醸造「辛口やすけ」

 

本あら

f:id:ikkoshinagawa:20180701095336j:image

青森県産。

 

天然うなぎ

f:id:ikkoshinagawa:20180701095353j:image

長崎壱岐

なんと天然うなぎが出てきた。穴子じゃないんだ。

骨のパリパリかんとホロホロがいい。

 

鰹 

f:id:ikkoshinagawa:20180701101227j:image

宮城県三陸産。

 

日本酒は宮城「超辛口」

 

やりいか

f:id:ikkoshinagawa:20180701101244j:image

塩とカボスかな。

 

キス 昆布締め

f:id:ikkoshinagawa:20180701101301j:image 千葉産。

淡泊だけど身が柔らかくて美味しい。

キスは天ぷらだけではない。

 

イサキ

f:id:ikkoshinagawa:20180701101324j:image

大分県産。脂が乗ってます。

 

赤身の漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180701101347j:image

宮城134キロ。夏の鮪でサッパリ。

 

大トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180701102239j:image

こちらは赤身と対照的に上質な脂が口内に広がる。

 

次の日本酒は和歌山「紀土」

 

ベッカムのサイン入り包丁を見せてくれた。

大将 中村さんのサービスショットいただきました。

f:id:ikkoshinagawa:20180701102319j:image

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20180701102257j:image

 

バフンウニ

f:id:ikkoshinagawa:20180701102343j:image

もう最高に甘くてとろける。

いう事はありません。

 

日本酒も止まりません。愛知県「九平治」

 

煮蛤

f:id:ikkoshinagawa:20180701102357j:image

 千葉県九十九里産。プリプリの食感と甘酢かな?美味しい。 

 

穴子

f:id:ikkoshinagawa:20180701102414j:image

金沢八景産。皮パリパリの身がフワフワ。

メリハリが効いた穴子

 

玉子焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180701102427j:image

出汁がとにかく優しい。ある意味オーソドックスな玉子焼き。

 

味噌汁

f:id:ikkoshinagawa:20180701102439j:image

白味噌と数種類ブレンドしていて少し甘味のある味噌汁。

 

かます

f:id:ikkoshinagawa:20180701102505j:image

追加でいただきました。皮が香ばしい。

 

以上。

体育会系だけど和気あいあいとしていてとても楽しい回でした。

お鮨も江戸前鮨に今風のアレンジを加えた感じ。

大将の中村さんはカメラサービスいいしインスタにのっけられてさらに人気になるんだろうな。

多分私と同い年。

頑張ろう。

 

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com