品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

西麻布「 おそばの甲賀 」西麻布で蕎麦ならここ!ウニそばをいただく!(蕎麦11軒目)

「西麻布で美味しい蕎麦を食べるならここ」と友人の誘いで行ってきました。

知らない人の為に言っとくと「西麻布」って駅はないんですよ。

表参道駅」から歩くのが手っ取り早い。徒歩10分くらいか。

この辺は入り組んでて車だと行きづらいしね。

f:id:ikkoshinagawa:20180728115459j:image

ミシュラン2015に掲載されたお店。

まさに西麻布の隠れ家。

赤坂砂場で修行されていた方が独立したお店です。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115434j:image

実はこの店ルールがあって就学前の子供は入店できません。この辺はなぜかラーメン二郎を彷彿させた。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115430j:image

入ってみると納得。

店内は清潔感があるが結構狭い。

そりゃ小さい子供はNGだな。

 

メニュー。

f:id:ikkoshinagawa:20180728115550j:image
f:id:ikkoshinagawa:20180728115553j:image

 

あさり 600円
f:id:ikkoshinagawa:20180728115455j:image

塩加減が完璧。ちょびちょびつまみながらビールを。

 

かまぼこ 700円
f:id:ikkoshinagawa:20180728115449j:image

厚くカットされてて山葵と味付け海苔を付けていただく。

 

日本酒 写楽
f:id:ikkoshinagawa:20180728115510j:image

甘みはあるがスッキリしたお酒。

嫌味がなくいくらでもいけます。

 

するめいかの塩辛 500円
f:id:ikkoshinagawa:20180728115419j:image

これも日本酒に合います。

程よいするめいかの食感がなんともいい。

 

そこまでダラダラいるのも気まずいのでさっさと本命の蕎麦を頼む。

 

大エビ天せいろ (1,800円)

f:id:ikkoshinagawa:20180728115438j:image

巨大なエビの天ぷらが二本。

揚げ加減もよくサクッとして身はプリップリ。

言うことないくらい美味しいです。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115415j:image

蕎麦も王道で喉越しがいいです。

蕎麦の長さもちょうどいい。

つゆは赤坂砂場で修行されていただけあって上品な甘辛。

 

ウニそば 3,200円
f:id:ikkoshinagawa:20180728115503j:image

見事です。インスタ映えってやつですね。

はい、当然私もアップしましたよ。

f:id:ikkoshinagawa:20180728115426j:image

蕎麦の上に海苔、雲丹、山葵が山のように盛り付けされている。

つゆはすでに入っているようだ。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115442j:image

雲丹をぐちゃぐちゃにするのは一瞬躊躇うが一気に混ぜる。

天地返しの連続。

謎の背徳感。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115507j:image

一口いただく。

思った以上に蕎麦が冷えていてコシもかなりある。つゆもしょっぱめでそこに雲丹の甘さとクリーミーさが合わさる。

めちゃめちゃ美味い。

これ以上ない組み合わせだと思う。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115411j:image

食べていくうちにとにかく雲丹の甘さがだんだんと際立っていく。

食べれば食べるほど美味い。

こんな経験なかなかできないかも。

あっという間に蕎麦完食。

器にいったんつゆを入れてそこに蕎麦湯を入れる。
f:id:ikkoshinagawa:20180728115514j:image
今度は雲丹のクリーミーさが蕎麦湯と合わさる。これいくらでも飲めそうだ。

f:id:ikkoshinagawa:20180728115445j:image

昼から酒を飲み雲丹が大量に乗った蕎麦を食べてこれ以上ない幸福な時間。

ごちそうさまでした!