品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

ラーメン二郎 全店制覇 3周目 vol.12「 新宿小滝橋通り店 」小ラーメン (ラーメン59杯目)

本日は新宿小滝橋通り店へ。夜の9時半。

だけど店内ほぼ満席。

数年前までジロリアンの中でワースト1位という不名誉な評価をもらっていたがこの客の入りを見ていたらそれが今は少し変わったみたいですね。

f:id:ikkoshinagawa:20180819224110j:image

食感を購入し席につくとすぐにトッピングの有無を聞かれる。この店はラーメン提供時でなく最初にトッピングを聞かれます。

 

店員は3名。

なんだか楽しそうに働いてます。

 

ぶた入り 900円 ニンニク

f:id:ikkoshinagawa:20180819224137j:imagef:id:ikkoshinagawa:20180819224201j:image

本日は酒も入ってるのでテンション高めでぶた入りを。

明らかに昔の小滝橋通り店の豚よりも大きくなっている。

(昔の小滝橋通り店の写真は一番下に貼ったのでご覧いただきたい)
f:id:ikkoshinagawa:20180819224140j:image

明日は休みなのでがっつりニンニクを。

日曜の夜に二郎でニンニクを入れるという背徳感。

スープは非乳化よりの微乳化で優しめ。

正直ボヤッとした味だ。

 
f:id:ikkoshinagawa:20180819224208j:image

豚はホロホロでトロトロ。

美味い。

昔の豚とは厚みも全然違う。
f:id:ikkoshinagawa:20180819224133j:image

多摩系の二郎とは違い、物凄いデカイわけじゃないけど実はこの位の量でちょうどいい。
f:id:ikkoshinagawa:20180819224129j:image

麺は標準より細めの平打ち。

クニュっとしたオーションの独特な食感がいい。決してデロっているわけではない。
f:id:ikkoshinagawa:20180819224150j:image

量はそこまで多くない。

正直言うと自分には適量です。
f:id:ikkoshinagawa:20180819224154j:image
ニンニクが絡むとこの微乳化スープもビシッと引き締まる。

逆にニンニクを入れないとパンチが足りない。

ニンニクありきのスープなのかも。

 
f:id:ikkoshinagawa:20180819224143j:image

天地返しをしてニンニクを絡めて一気にバキューム。

もう怖いものはない。

酔ってても小滝橋通り店は余裕で食べられます。
f:id:ikkoshinagawa:20180819224205j:image

二郎には珍しくレンゲもあるのでスープまでいってしまった。

ごちそうさまでした!

 

以前の新宿小滝橋通り店(2014年当時)

f:id:ikkoshinagawa:20180820085525j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180820091056j:image
f:id:ikkoshinagawa:20180820091103j:image

明らかに違うのはやはり豚ですね。

豚っていうか普通のラーメン屋のチャーシュー。

改善されてよかった。