品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

広尾「 肉匠 堀越 」肉好きの魚屋が開いた極上の肉料理! (焼肉2軒目)

魚屋さんが肉が好き過ぎて店を出した話題の焼肉屋さん「肉匠 堀越」。

最寄り駅は表参道と広尾の両方だがどちらも10分以上歩くことになるのでタクシーでいく。

到着しても一瞬見逃してしまいそうな外観。

f:id:ikkoshinagawa:20180814185420j:image

店は建物の二階に位置する。

なんだか鮨屋の様な見た目。

「うんまい肉、食べさせます。」の文字が。かなり自信があるとみた。
f:id:ikkoshinagawa:20180814185423j:image

さっそく入ってみるとテーブルに「肉」の文字が。やるじゃないか。
f:id:ikkoshinagawa:20180814185416j:image

まずはキリンビールで乾杯。

f:id:ikkoshinagawa:20180814185436j:image

 

キムチ

f:id:ikkoshinagawa:20180814185448j:image

辛味も酸味もちょうどよくて嫌味のないキムチ。甘くなくていいですね。

チビチビいきながらビールを。

 

枝豆のすり流し

f:id:ikkoshinagawa:20180814185545j:image

枝豆の風味がなんともいい。

豆の香りが素敵。

 

くるみのサラダ

f:id:ikkoshinagawa:20180814185623j:image

あっさり塩味のサラダにくるみが乗ってます。

これも味付けはそんなに濃くはない。

今後くる肉に備えてる感じですかね。

 

ハツのお造り

f:id:ikkoshinagawa:20180814185808j:image

ニンニクとごま油でいただく。

ハツはサッパリしてて歯がスッと入っていく。

食感がなんとも絶妙。

刺身なのではやめにいただく。

 

ガリとハラミ

f:id:ikkoshinagawa:20180814185851j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180814185908j:image

ハラミ西京漬けは生胡椒を噛んでから食べてくださいとのこと。
f:id:ikkoshinagawa:20180814185904j:image

こだわりがあってとても味わい深い。

本当に柔らかくてさきから頰が緩む。

幸福感がすごい。

 

さらに店員さんがやってきて一回一回網を変えてくます。なので毎回新しい綺麗な網でお肉が焼かれます。

 

フルーツトマトのすり流し

f:id:ikkoshinagawa:20180814185921j:image

なんとじゅんさいが入っている。

このトマトの酸味とじゅんさいが絶妙なコラボレーションを演出。

肉が続かないように、常に美味しいお肉を食べてほしいという思いが伝わります。

 

大人の肉巻きおにぎり

f:id:ikkoshinagawa:20180814190031j:image

バフンウニが上に乗ってる最高のオニギリ。

もはや肉割烹料理。

とても柔らかくてさらにウニの甘みが最高。

これは本当に美味いです。

 

隠岐牛 肩ロース 柔らか煮

f:id:ikkoshinagawa:20180814190046j:image

柔らかくて加減もちょうどいいです。

 

山形牛 カメノコ

f:id:ikkoshinagawa:20180814190058j:image

赤身のカメノコ。

柔らかく、牛の旨味も感じる

食感も独特。噛めば噛むほど。

 

シャインマスカットと土佐酢梅肉

f:id:ikkoshinagawa:20180814190112j:image

ここでまたさっぱりタイム。

シャインマスカットの上品な甘さと土佐酢梅肉でメリハリを。

 

しまちょう

f:id:ikkoshinagawa:20180814190133j:image

ここからはホルモンタイム。
f:id:ikkoshinagawa:20180814190140j:image

ホルモンは関西のものを使用。

店主曰く関西はホルモンに強いこだわりをもっていてよく手入れも行き届いているらしい。

内臓清掃もさらに西だと20頭に一回洗うのを関西だと5頭に一回洗うくらいマメらしいです。

臭みもなくてとても美味しいです。

 

ギアラ

f:id:ikkoshinagawa:20180814190137j:image

ホルモンの中で一番硬い部位。

だけどホルモンの中で一番美味いスープが流れてくる。

大分の日本一美味いと言われている柚子胡椒と共に。

確かに噛み応えがあるがジューシーで美味い。

 

リードボー

f:id:ikkoshinagawa:20180814190412j:image

希少部位ですね。

口の中にまとわりつく脂感というんでしょうか。とても美味しいです。

けど量は食べられないな。

 

山形牛 ももにく食べ比べ

f:id:ikkoshinagawa:20180814190349j:image

贅沢なやつきました。

色味も凄い。
f:id:ikkoshinagawa:20180814190346j:image

歯がなくても勝手に口の中でほろほろと溶けていく。さらに山形牛の甘みも感じます。

 

亀の子まどなりの部分

f:id:ikkoshinagawa:20180814190329j:image

もはや見た目でわかるでしょ?

究極的に柔らかくこれ以上美味い肉ってあるのかな?

 

魚介出汁の冷麺

f:id:ikkoshinagawa:20180814190312j:image

この魚介出汁美味しいです。

冷麺もいい歯ごたえ。

 

初物のいくらご飯

f:id:ikkoshinagawa:20180814190232j:image

なんと焼肉屋でいくらが出てくるとは。さすがお魚屋さん。

「初物が手に入ったので食べます?」って食べるに決まってるじゃないですか。

一粒一粒プツプツと口の中で音を立てます。

やはり初物は美味い。

 

自家製豆乳ミルクプリン

f:id:ikkoshinagawa:20180814190219j:image

甘さも控えめ。だけど濃厚で美味しい。

 

うまい肉を食わせるために様々な演出が施されている。常に口の中に刺激があるようにかなり練られています。

「腹一杯焼肉を食べる」というよりも「美味しい肉を少しづつお酒と共に味わっていただく」といった感じ。

肉好きの店主が出す店だけあってとてもこだわりを感じるお店でした。

ごちそうさまでした!