品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

牛込神楽坂「 懐石 小室 」神楽坂にて極上の鱧(はも)料理を堪能する

牛込神楽坂駅から徒歩5分程。

Googleマップで調べたらやはりここを指している。

どうやら着いたようだ。というのも看板がないからここがその店なのかがわからない。

だけど何だかただならぬ雰囲気。

 

この時期は美味しい鱧料理を出してくれるお店。

名前は「懐石 小室」である。

f:id:ikkoshinagawa:20180821200037j:image

入口までのアプローチが長い。

なんて贅沢なつくりだろう。
f:id:ikkoshinagawa:20180821200033j:image

この店を知らない人は一体なんの店なのかわからないだろうな。

雰囲気はまるで高級旅館の玄関の様だ。

 

店内はお香をたいてていい香りがする。

席は大将の目の前。

 

ハートランド

f:id:ikkoshinagawa:20180821200052j:image

まずはビールで乾杯。グラスがまたオシャレ。

 

前菜

f:id:ikkoshinagawa:20180821200140j:image

汲み上げ湯葉にえのきの餡掛け雲丹乗せ。

雲丹は2種類で下にも別の種類の雲丹が隠れてる。

食感は様々だけど不思議と一体感がある品。

しょっぱなから豪華な前菜。

 

八寸の盛り合わせ

f:id:ikkoshinagawa:20180821200214j:image

手前が蒸し鮑。

右がみょうがの酢漬け。

左奥が無花果に胡桃の餡をかけたもの。

f:id:ikkoshinagawa:20180823115755j:image

他にも甘辛の煮蛸と海老など多種多様。

これだけでお酒飲みながらゆっくり1時間は楽しめそうです。

 

鱧の棒寿司

f:id:ikkoshinagawa:20180821200228j:image

ここから鱧を使った料理のオンパレードです。

鱧はあっさりした淡白だけどほんのり甘味がある魚。

だからやりようによっては色々な料理に合うわけですね。

鱧のお寿司なんてはじめてですよ。

醤油ベースのスッキリとした味付けで美味しいです。

 

最初の日本酒は「国権」

f:id:ikkoshinagawa:20180821200239j:image

このグラスも高いやつや。

 

鱧と松茸のお椀

f:id:ikkoshinagawa:20180821200305j:image

松茸は岩手産。

とてもあっさりしててます。

鱧も口の中でホロホロと崩れます。

かなり薄味なので食材の香りがより引き立ちます。

 

鱧の背越し

f:id:ikkoshinagawa:20180821200329j:image

背越しとは刺身の切り方の1つ。
f:id:ikkoshinagawa:20180821200325j:image

酢味噌などと一緒にいただく。

意外に身がしっかりしてますね。

 

鱧の焼き締め

f:id:ikkoshinagawa:20180821200348j:image

皮の方だけ焼いて身の方は生。

焼くと香りが出る。

 

鱧のシャブシャブ

f:id:ikkoshinagawa:20180821200404j:image

焼くのと違って食感もまた違う。当たり前か。

ホロホロで美味しいです。

千鳥酢と共にいただく。
f:id:ikkoshinagawa:20180821200408j:image

 

お次の日本酒は「鯉川

 

鱧の塩焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180821200431j:image

胡麻がふってますね。

香ばしくて鱧の香りがフワッと鼻を通ります。

 

鱧のひれと肝
f:id:ikkoshinagawa:20180821200435j:imagef:id:ikkoshinagawa:20180821200427j:image

ひれは少しづつ口に含みつつ日本酒をマリアージュ

肝は全く臭みがなくて美味しいです。

 

鱧と牛蒡の巻き揚げ

f:id:ikkoshinagawa:20180821200502j:image

牛蒡の食感も相まって新鮮です。

鱧ってなにしても美味しい。

 

梅の蜜煮
f:id:ikkoshinagawa:20180821200458j:image

氷の下に梅が入ってます。

味付けは蜜煮で甘すぎず上品な味付け。

 

鱧のみぞれ餡がけ
f:id:ikkoshinagawa:20180821200455j:image

揚げた鱧のみぞれ餡がけ。玉ねぎのピリ辛がまた刺激的。

 

蟹とじゅんさい

f:id:ikkoshinagawa:20180821200522j:image

出ましたじゅんさい

つるんとした食感をひたすら楽しむ。しかも蟹とのコラボ。

 

日本酒は「竹の園」

 

鱧の炊き込みご飯と味噌汁

f:id:ikkoshinagawa:20180821200541j:image

f:id:ikkoshinagawa:20180824200313j:image

締めですね。鱧の炊き込みご飯本当に絶品です。薄味なので鯛飯的な感じです。

味噌汁は薄味。なんか身体が洗練されていく。

 

デザート

f:id:ikkoshinagawa:20180821200632j:image

マスカットとシャインマスカットと桃。

ゼリーみたいなのは日本酒はいってるのかな?

 

くずきり

f:id:ikkoshinagawa:20180821200643j:image

こういう和食屋でしか和菓子って食べないんだけどやっぱりたまに食べると美味しい。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180821200653j:image

最後はお茶で締める。

 

鱧のフルコース。

はじめてこれだけの鱧を中心とした料理を食べたけどまだまだ自分の経験値の浅さを知りました。

これから色んな鱧を食べてまた戻ってきたいですね。

お会計1人45,000円。

2人で行ったので90,000円!

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com