品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

不動前「 不動前 すし 岩澤 」つまみと握りが交互に提供されるすし匠系の名店!FUDOUMAE SUSHI IWASAWA (鮨屋19軒目)

「すし匠系」とは東京 四谷にある「四谷 すし匠」から独立したお店を指します。

つまみからの握りが一般的だが、つまみと握りを交互に提供するスタイルを確立したのが「すし匠」である。

本日伺うのがそんな「四谷 すし匠」の独立店「すし匠 斎藤」で約8年修行されていた岩澤氏の独立店「不動前 すし 岩澤」。

大将の岩澤氏は元システムエンジニアという異色の経歴の持ち主。

 

不動前駅から徒歩5分程歩くとお店が見えてきました。

母親の退院祝いで両親を連れてやってきました。

f:id:ikkoshinagawa:20180909090156j:image

岩澤氏はとても物腰柔らかく、こちらもリラックスできる感じです。

すし匠系のカメラ撮影は「人間を写してはいけない」という制約はあるが料理だけなら可能。

まずはビールで乾杯。

f:id:ikkoshinagawa:20180909090544j:image

目の前にガリ海ぶどう、ワカメの3種類が常に置かれ、食べるとまた足される。

f:id:ikkoshinagawa:20180909090601j:image

ガリは甘みが強めだが辛さもバランスよく追ってくる。

 

1.鯵

f:id:ikkoshinagawa:20180908214211j:image

しょっぱは鯵の握り。いきなり好きなネタでテンションが上がる。

九州産。塩漬けがまた鯵の旨みを引き出している。

こういった本来の味が強めの魚には塩漬けくらいがちょうどよかったりしますね。

 

2.金時草(きんじそう)

f:id:ikkoshinagawa:20180908214234j:image

ぬめりがあってシャキシャキといった不思議な食感。はじめて食べました。

 

3.真鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180908214247j:image

刺身ですね。

すだちと塩でいただく。歯応えがいいです。

 

4.石垣貝

f:id:ikkoshinagawa:20180908214304j:image

とり貝の仲間でとり貝っぽい。

「石垣貝」って名前だけど取れるのは東北。

みずみずしくてコリコリで美味しいです。

 

5.毛ガニの手巻き

f:id:ikkoshinagawa:20180908214321j:image

毛ガニは甘みを感じます。

海苔が力強く香りもいいです。

 

6.松茸の茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20180908214334j:image

松茸の風味がなんともいい。

これ、本当に美味しいです。

連れていった父が感動してる。

 

7.鯵の海苔巻き

f:id:ikkoshinagawa:20180908214352j:image

入っているのは鯵、たくあん、きゅうりの3種類。ご飯なしだけど充分美味しい。

鯵って万能だ。

 

日本酒にうつります。

f:id:ikkoshinagawa:20180908214418j:image

「鶴齢」は甘みの強めのお酒。飲みやすいです。

 

8.新烏賊

f:id:ikkoshinagawa:20180908214407j:image

烏賊の赤ちゃん。

めちゃくちゃ柔らかいですね。

烏賊本来の甘みも感じます。

 

9.鰹

f:id:ikkoshinagawa:20180908214436j:image

皮は炙ってあります。

玉ねぎおろし醤油はニンニクっぽい味がするけどニンニクではない。

 

10.生イクラ

f:id:ikkoshinagawa:20180908214455j:image

初物のイクラは粒が小さくとても美味しい。

 

11.鮑そうめん

f:id:ikkoshinagawa:20180908214510j:image

細く切った鮑に昆布出汁で味付け。

ぬめりはなんだろう?

スルスルっと入っていきます。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180908214525j:image

 

12.メロンの漬物

f:id:ikkoshinagawa:20180908214601j:image

はじめて食べる。

そして漬物なので甘くないです。

シャキシャキっとしてて食感がよいです。

 

13.新子

f:id:ikkoshinagawa:20180908214614j:image

締め加減もちょうどいいです。

シャリはネタによって赤酢だったり米酢だったり使い分けているようです。

 

14.クエの湯引き

f:id:ikkoshinagawa:20180908215117j:image

要はしゃぶしゃぶですね。

柚子胡椒と共にしっとりとした食感がたまらない。

 

15.秋刀魚

f:id:ikkoshinagawa:20180908215133j:image

赤酢と共に秋刀魚の握り。

秋刀魚の味が濃くて美味しいです。

 

16.白海老の昆布締め

f:id:ikkoshinagawa:20180908215152j:image

鮪の酒盗が上に。

海老の甘みと酒盗の塩っけが最高すぎて日本酒が止まらない。

 

続いて福井の「黒龍」。

f:id:ikkoshinagawa:20180908215232j:image

バランスのよいお酒。

 

17.鰤の漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180908215218j:image

5日間寝かしたもの。上にはカラシが。

鰤の甘みが凄いです。思わず笑みが。

 

18.ザーサイの漬物

f:id:ikkoshinagawa:20180908215252j:image

いつものザーサイの食感とは違いカリカリ感が増したもの。

 

19.メヒカリ

f:id:ikkoshinagawa:20180908215326j:image

深海魚。粕漬けにしてあってこれがまた脂が乗ってて美味いのなんの。お酒がすすみます。

 

20.鰯

f:id:ikkoshinagawa:20180908215347j:image

塩漬け。米酢に変わった。

 

f:id:ikkoshinagawa:20180908215404j:image

 

21.あん肝と大根の抱き合わせ

f:id:ikkoshinagawa:20180908215427j:image

大根であん肝をサンドウィッチしたもの。

これほど大根とあん肝の甘みが合うとは…

 

22.ムラサキウニ

f:id:ikkoshinagawa:20180908215445j:image

とてもクリーミーで美味しいです。

 

23.大根の漬物

f:id:ikkoshinagawa:20180908215500j:image

コリコリで甘めの味付け。

 

24.大トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180908215522j:image

夏の鮪だけどそれでも脂がのってます。

 

25.出し巻き玉子

f:id:ikkoshinagawa:20180908215536j:image

これはスタンダードな玉子。

 

26.車海老

f:id:ikkoshinagawa:20180908215619j:image

プリプリです。海老の甘みも出てます。

 

27.のど黒

f:id:ikkoshinagawa:20180908215646j:image

さすが白身魚の王様。

脂が乗りまくっているところをすだちの酸味がいいアクセントになってます。

 

28.穴子

f:id:ikkoshinagawa:20180908215704j:image

表面パリパリで中はホロホロ。

塩加減がまたいい。なんだかここの穴子は一味違う印象。美味しいです。

 

29.味噌汁

f:id:ikkoshinagawa:20180908215718j:image

アオサが入ってます。

 

30.シャーベット 白桃

f:id:ikkoshinagawa:20180908215728j:image

爽やかにシャーベットでしめます。

 

総じて各料理に個性があってとても刺激的でした。つまみも少量でこのくらいの量が酒飲みにはちょうどいい。

握りの大きさも小さめで食べやすいです。

シャリは硬めでネタによって赤酢、米酢を変えてます。

お会計1人あたり24,000円。

30品とこれだけの量の仕込みは大変なんだろうなと毎回すし匠系に来ると感心するばかりです。

前回の「達弘」も印象が良かったので今後はすし匠系制覇してみようと思います。

ごちそうさまでした!