品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

横浜市 仲町台「 白河中華そば 」ピロピロ手打ち麺を堪能するなら是非「ざる」を!(ラーメン78杯目)

「ざる」は酸っぱい・しょっぱい・辛い

5年ぶりの訪問。

昔この辺りで営業していた頃に何度も通った思い入れのある店。

 

福島県の白河中華そばの有名店「とら食堂」の暖簾分けですね。ここの出身店は福島県を中心に至る所にある。

東京だと町田の「一番いちばん」と国分寺の「孫市」ですか。

だけど個人的には特に仲町台にあるこの店が好き。

f:id:ikkoshinagawa:20181018130333j:image

12時前だけど外待ち2組。

後から続々と並びが増えていく。

相変わらずの人気店。客層は若い人よりもある程度年齢を重ねた人が多いイメージ。

 

白河中華そばは手打ち麺が基本。

なのでだいたい「ざる」を頼むようにしています。「ざる」だと中華麺の風味をより感じることができるから。

 

5年ぶりの店主も全然変わらずお元気そう。

ほどなくして「ざる 大」が出てきた。

 

ざる 大 1,000円

f:id:ikkoshinagawa:20181018130413j:image

麺、つけダレ、スープ割の三点セット。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130428j:image

この麺ですよ。このピロピロの手打ち感がたまらない縮れ麺。

プリプリでコシのある食感は健在。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130448j:image

大なのでかなり量はある。

麺だけ食べても中華麺のいい風味が鼻から抜ける。

 

つけダレは全貌が海苔で隠れている。

f:id:ikkoshinagawa:20181018130401j:image

こんにちわと海苔をどけると素敵な素顔が。

メンマ、ほうれん草、ネギ、ナルト、チャーシュー、玉子。

f:id:ikkoshinagawa:20181018130418j:image

ここのつけダレは一言で言うと「酸っぱい・しょっぱい・辛い」。

酸味がかなり効いており、醤油もかなり濃いめ。これだけでもかなりエッヂの効いたスープにからに唐辛子も微量だが入っている。

もうキレッキレのスープだ。

 

f:id:ikkoshinagawa:20181018130409j:image

最初食べたときは驚いた。

キレたナイフのようやスープに。

だけどこれが不思議とクセになるんです。

出汁は鶏出汁ですね。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130440j:image

メンマはコリコリ。

チャーシューは細くカットされており、脂身はないサッパリとしたもの。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130443j:image

 

具材が多めなので麺をつけてリフトすると他の具材も一緒に絡んでくる。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130420j:image

酸味が苦手な人には厳しいかも。

逆に酸味好きにはたまらない。

これほどのキレキレのスープは探してもなかなかない。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130423j:image

ここは炙りチャーシューが美味しくて余裕があれば炙りチャーシュー丼もいきたいところ。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130432j:image

麺は大盛りなので多いが麺自体のポテンシャルが高いのでそこまで苦しまずに完食。

f:id:ikkoshinagawa:20181018193421j:image

スープ割の器はかなり熱く火傷しそうなほど。

一気に全部入れる。
f:id:ikkoshinagawa:20181018130405j:image

スープ割をしても鶏の繊細な出汁はあまりわからない。むしろ酸味、辛味が浮き出てくる。

うん、これでいい。

この絶妙な配合がクセになるんです。

 

5年ぶりだけど味は変わらない。

ブレないなーと感心しながら店を出る。

また来ます。ごちそうさまでした!