品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

門前仲町「 みかわ 是山居 」天ぷら界のレジェンド!緻密に計算された神がかり的な天ぷらをいただく!(天ぷら2軒目)

天ぷらの神様

あのすきやばし次郎小野二郎氏も通う天ぷらの名店「みかわ 是山居」。

店主は早乙女哲哉氏。

f:id:ikkoshinagawa:20181028205619j:image

半世紀以上も天ぷらの世界に身を投じる重鎮。

天ぷら界で知らない人はいないほどの超有名店。

店は門前仲町駅から徒歩10分ほど。

予約の時間も迫っているのでタクシーで向かう。

f:id:ikkoshinagawa:20181028203724j:image

早乙女氏は黙々と天ぷらを揚げる。

緻密に計算された揚げ時間。

その素材によっても揚げ時間は異なり、極限まで旨味を引き出すプロの仕事。

お任せコース(19,440円)のみ。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20181028203708j:image

サクッとした衣、プリッとした海老、そして甘みがフワッと。

もちろん中はレア。時間が経つとどんどん火が通っていく。

客が食べる時間を逆算して揚げる絶妙な火入れ。この海老一発でレベルの高さを思い知らされる。

ちなみにこの後もう1個海老が出てきた。

 

海老の頭
f:id:ikkoshinagawa:20181028203716j:image

パリパリサクサクっと食感がいい。

香ばしさが鼻をぬけるのが心地いい。

 

キス
f:id:ikkoshinagawa:20181028203658j:image

究極の脱水作業。ホクホク。

決してパサパサでもなくフワフワでもある。

 

ビールから日本酒に以降。

冷は「開運」のみの様だ。

「天ぷらをちゃんと味わってね」ということか。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20181028203737j:image

薄い衣だがサクッとした食感。

烏賊はとても柔らかく、スッと歯が入る。

この後もう1個出てきた。

 

お吸い物

f:id:ikkoshinagawa:20181028231439j:image

ホッと一息。

 

たらの芽

f:id:ikkoshinagawa:20181028231518j:image

香りが凄い。サクッと香ばしくたらの芽自体の味が濃い。

 

雲丹大葉巻
f:id:ikkoshinagawa:20181028203728j:image

雲丹を大葉で巻いたもの。

サクサクっとしててプニュっと雲丹。

塩でいただくと余計雲丹の甘みを感じられる。

 

白魚

f:id:ikkoshinagawa:20181028231751j:image

塩、天つゆと共に。

これは特に普通。

 

めごち

f:id:ikkoshinagawa:20181028231859j:image

淡白ながらも旨味も感じる。

身がギュッとしまってる。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20181028203732j:image

早乙女氏が目の前でザクッと二つに割る。

とても迫力があり、割れた面から湯気がフワッと。

サクサクで中はフワフワ。

穴子の旨味もマックス。

 

椎茸

肉厚でとても瑞々しい。

噛むとジュッと椎茸のエキスが口内に出てくる。

 

アスパラガス

香り、風味共に最高。

 

小柱のかき揚げ天丼と赤だし

f:id:ikkoshinagawa:20181028232209j:imagef:id:ikkoshinagawa:20181028203712j:image

かき揚げは小柱のみで旨味が強い。

タレにさっとくぐらせたかき揚げは嫌味がなく箸が止まらない。

赤だしの旨さは言うまでもない。

 

花豆

デザートとして花豆。

甘さが上品。

 

以上がお任せコース。

レベルの高さは料理を食べて納得。

だけど思ったよりも若干油を感じた。

早乙女氏は天ぷらを揚げ終わると話好きに変わった。

そのギャップがまた面白い。

機会があればまた伺いたい。