品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数12万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

銀座「 鮨 鈴木 」名店 鮨 青木出身の正統派のお鮨!人柄がでる優しい握りで舌鼓を打つ!(鮨屋24軒目)

大将の人柄が出る優しいシャリ

本日は「鮨 青木」で長年二番手を務められてきた鈴木さんの独立店「鮨 鈴木」へ。

場所は銀座駅B9出口(ソニービル)より徒歩3分ほどの場所。

ランチということで昼の12時に予約。

15,000円の握りコースのみ。

f:id:ikkoshinagawa:20180925133959j:image

ぴったりの12時着。

まだ店は開いていない。待ちのお客さんが二組。

少しして開店。

f:id:ikkoshinagawa:20180925134027j:image

大将は写真で何度かみたことあるけど意外と小柄だ。

はじめての私にも優しく語りかけてくれる。

なんだか凄く感じのいい人だ。決して銀座の鮨屋にあるピリッとした感じはない。

静かに握りのコースがスタート。

 

ガリは酸味の強い甘みゼロタイプ。

f:id:ikkoshinagawa:20180925134046j:image

 

白甘鯛

f:id:ikkoshinagawa:20180925134059j:image

鈴木さんは寿司屋なのにシャリの酸味があまり好きではないらしい。酸っぱいと途中でダレてくるらしい。

なのでシャリは酸味がかなり控えめ。

おそらく今まで行ったカウンター鮨で最も酸味が弱いタイプ。

米酢をベースに赤酢をブレンド

ネタが活きるつくり。

白甘鯛、甘いです。

 

シマアジ

f:id:ikkoshinagawa:20180925134111j:image

シマアジも優しい白身魚の味。

シャリも優しいので優しいコンビ。

 

クエ

f:id:ikkoshinagawa:20180925134306j:image

少し炙っていてほんのり甘味も感じる。

 

赤身の漬け

f:id:ikkoshinagawa:20180925134319j:image

しっとりとして申し分ない。

鮪になるとこのシャリの塩分や酸味を感じるようになる。

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180925134331j:image

シャリの温度が上がったかな?

絶品の一言。

 

大トロ

f:id:ikkoshinagawa:20180925134343j:image

言うまでもなく口内でとろけます。

鮪のパワーって凄いと改めて思う。

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20180925134355j:image

締め加減が絶妙です。

 

日本酒に移行。奈良県の「みむろ杉」。

とても瑞々しくて優しい味。日本酒まで優しいとは。

 

鯖寿司

f:id:ikkoshinagawa:20180925134424j:image

このお店の名物らしい。

鯖の旨味がよく出た一品。これは本当に美味い。

 

秋刀魚

f:id:ikkoshinagawa:20180925134525j:image

生姜とネギと共に。

脂がのっていてみずみずしくて今日一の旨さ。

今年は秋刀魚が当たり年らしい。

 

墨烏賊

f:id:ikkoshinagawa:20180925134600j:image

一言で表現するなら「ねっちり」。

イカの甘みがいい。

 

石垣貝

f:id:ikkoshinagawa:20180925134727j:image

岩手県産。時期的にとり貝と赤貝とのつなぎらしいです。

けれどこれが甘みがあってみずみずしくて美味しいです。

 

バフンウニと生イクラ

f:id:ikkoshinagawa:20180925134844j:image

安定の雲丹の甘さとイクラのハーモニー。

 

なめこの味噌汁

f:id:ikkoshinagawa:20180925134947j:image

塩分低めで熱々。

とても美味しい味噌汁。

 

車海老

f:id:ikkoshinagawa:20180925134934j:image

プリップリです。甘味もあるのでシャリの酸味も感じる。

シャリは一種類なのにネタによって印象がことなるのも面白いな。

 

穴子

f:id:ikkoshinagawa:20180925135038j:image

溶ける。

 

トロの巻物(写真撮り忘れ)

 

玉子焼き

f:id:ikkoshinagawa:20180925135102j:image

フワフワで甘み強めの玉子焼き。

 

なんと言っても大将の人柄の良さが出てる。

鮨屋だけど酸っぱすぎるの苦手なんです」とか

「外人来ても英語全然できないんですよ」とか

「海味さんのあのパフォーマンス真似しようかな」とか

全然気取ってなくてとても人間味があってお客さんの懐にスッと入るのがうまいのかなと思いました。

 

ごちそうさまでした!