品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

赤坂見附「 鮨 きざ㐂 」(2)攻めと伝統的な握りのバランスがいい良店!今宵も楽しいひと時を。(鮨屋25軒目)

本日は赤坂見附にある「鮨 きざ㐂」へ。

5ヶ月ぶりの訪問。

前回はランチだったけど今回はディナーとして。

f:id:ikkoshinagawa:20181111080339j:image

今年オープンのお店なのに木﨑さんはすでに若干貫禄出た?かな。

堂々としててすっかり大将が板についてきた感じだ。

 

まずはビールで乾杯。

f:id:ikkoshinagawa:20181110234612j:image

 

鮪の突先
f:id:ikkoshinagawa:20181110234512j:image

まずは定番の鮪の突先の手巻き。

相変わらず脂がのりまくった鮪と香り高い海苔、絶妙に酸味が効いた赤酢のシャリがたまらない。

 

揚げ銀杏
f:id:ikkoshinagawa:20181110234659j:image

愛知県産の銀杏。

素揚げで銀杏本来の香りも強い。

 

真鱈の白子
f:id:ikkoshinagawa:20181110234655j:image

黄身醤油と共に。

ねっとりとしてクリーミー。口内が乳化する。

 


f:id:ikkoshinagawa:20181110235731j:image

長崎県壱岐産の鰹。

この時期の鰹はもう脂がのってて美味しい。

皮目を炙っておりパリパリ。

塩加減が酒飲みには嬉しい。

 

クジラの尾の身
f:id:ikkoshinagawa:20181110234600j:image

7月にお邪魔した時もいただいた一品。

こちらも脂がのってて柔らかくまさにお肉。

ワイルドな味だ。

 

ここらで日本酒に切り替え。

木﨑さんのはからいで私の好きな「綿屋」を出してくれた。毎度ありがとうございます。
f:id:ikkoshinagawa:20181110234647j:image

 

山葵漬け
f:id:ikkoshinagawa:20181110234549j:image

山葵の先端部を漬けたもの。

全く辛くないが山葵の風味は感じる。

 

クエのしゃぶしゃぶ
f:id:ikkoshinagawa:20181110234553j:image

白子ソースをたっぷりつけていただく。

クエの歯応えと脂感が白子ソースがまた合うのなんの。
f:id:ikkoshinagawa:20181110234808j:image
白子ソースが余って勿体無いなと思ってたらシャリを入れてくれた。
f:id:ikkoshinagawa:20181110234737j:image

混ぜ混ぜして白子リゾットに。

赤酢のシャリと白子のマイルドさが絶妙なコラボ。
f:id:ikkoshinagawa:20181110234822j:image

 

自家製塩辛
f:id:ikkoshinagawa:20181110234817j:image

これも定番の品。味は濃すぎず烏賊の食感をいつまでも楽しんでいられる。

 

マナガツオ
f:id:ikkoshinagawa:20181110234531j:image

塩漬けにしており藁で炊いてある。

ほんのりと甘く、鼻からはスモーキー。

日本酒が進む。

 

あん肝
f:id:ikkoshinagawa:20181110234748j:image

山葵と共に。甘くて言うことなし。

 

次は山形県「くどき上手」
f:id:ikkoshinagawa:20181110234604j:image

 

ここから握りへ。つまみだけでもかなりの種類と趣向を凝らした品々だった。

 


f:id:ikkoshinagawa:20181110234456j:image

一発目から脂ののったネタ。

赤酢と見事な調和。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20181110234459j:image

とにかくスッときめ細かく柔らかい。

繊細で烏賊の甘みがいい。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20181110234503j:image

柔らかくてホロホロっと口の中で崩れる。

 

赤身の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20181110234754j:image

赤酢との相性がいい鮪。

 

次の酒は新潟県「鶴齢」

f:id:ikkoshinagawa:20181110234535j:image

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20181111080729j:image

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20181111080735j:image

まさに冬の鮪といった感じで上質な脂が心地いい。冬の鮪なら中トロくらいが好み。

 

突先の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20181111080732j:image

鮪四貫目。突先なのできめ細かくトロっぽいあじがする。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20181111083937j:image

中にえびおぼろが入っている。

どうしても締めものと赤酢の相性がよくないらしくえびおぼろを入れることによってほんのり甘みも加わる。

 

今年は独立や新店オープン、プライベートでもかなりいい事ずくめの一年だったそうで幸せオーラが凄い木﨑さん。

f:id:ikkoshinagawa:20181110234619j:image

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20181110234855j:image

海老自体の甘みも十分。

プリプリで言うことなし。

 

しめ鯖
f:id:ikkoshinagawa:20181110234540j:image

赤酢と締めものだけど、しめ鯖自体に脂の甘みがあるので全く違和感はなく美味しくいただけた。

 

イクラの裏ごし
f:id:ikkoshinagawa:20181114193513j:image

あえてイクラのプチプチの食感ではなく裏ごしすることによってイクラ本来の味を楽しめる一品。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20181110234837j:image

ちゃんと箱に「スペシャル」の文字がついているのが一級品の証拠。

f:id:ikkoshinagawa:20181110234626j:image

甘みもまろやか。たっぷり範囲広め。

 


f:id:ikkoshinagawa:20181110234745j:image

ほんのり柚子の風味。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20181110234733j:image

熱々でホロホロ。頰が緩む。

 

お吸い物
f:id:ikkoshinagawa:20181110234742j:image

味噌汁でなくお吸い物。

 

このお茶のグラスが凄くてお茶自体はかなり熱いのにグラス自体は全然熱くない。

どこに売ってるんだろ。
f:id:ikkoshinagawa:20181110234635j:image

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20181110234829j:image
嫌みのない甘さ。

以上がお任せコース。

 

かなりのボリュームと圧倒的満足度。

途中から隣の席のカップルも会話に加わりみんなでワイワイ楽しいひと時を過ごせた。

ごちそうさまでした!
f:id:ikkoshinagawa:20181110234833j:image