品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

千歳船橋「 らーめんMAIKAGURA 」名店 中村屋出身の店主が作る絶品 白トリュフオイル香る鶏白湯麺を食す!(ラーメン97杯目)

本日は2018年2月26日に千歳船橋にオープンした「らーめんMAIKAGURA」へ。

店主は神奈川県にある「中村屋」出身。

一度だけ訪問したことがあった。

確か「天空落とし」の中村さん。

淡麗系のラーメンが有名だったけどこちらはどうかな。

 

12時40分着で外待ち7名。

お客さんも後から続々と。

いま話題のラーメン屋といったこところか。

f:id:ikkoshinagawa:20181121133553j:image
f:id:ikkoshinagawa:20181121133600j:image

20分待って13時に入店。

食券機を見ると「白トリュフオイル香る鶏白湯麺」という何やら気になるメニューが。

最近になってトリュフオイルを使う店は増えてきた。ラーメンで1000円超えはもはや珍しくない時代。

f:id:ikkoshinagawa:20181121133615j:image

本来はじめて訪れる店では基本の醤油ラーメンを選択することにしているが私はその白トリュフラーメンを選択した。

 

店内はオープンしたばかりということで綺麗だ。

店員は男性2名、女性1名。

全員キビキビした動きで接客もいい感じ。

 

麺が茹であがったようでテボを高く上げ勢いよく垂直に落とし湯切りをした。

まさに「天空落とし」である。

間近で見れてなんかちょっとドキドキした。

その後白トリュフオイルをレンゲ一杯分丼に入れて完成。

 

白トリュフオイル香る鶏白湯麺 1080円

f:id:ikkoshinagawa:20181121133439j:image

丼からは白トリュフのいい香りがする。

なんて幸せな香りなんだろう。

具材はレアチャシュー、ネギ、温泉玉子と非常にシンプル。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133448j:image

スープは鶏白湯のまろやかさが全面に出たものでそこに白トリュフが入ることによってコクと深みが一気にでる。

白トリュフ、おそるべし。

スープ自体の質を一段上に昇華している。

高級食材だがケチらずふんだんに入れてくれてるのも嬉しい。

芳醇でもったりとしていて思わず笑みがこぼれる味。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133445j:image

低温調理のチャーシューを食べてみるとめちゃめちゃフワッとして軽い。

肉質もよくきめ細かく柔らかい。

こういうレア系チャシューでは抜群の美味さ。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133458j:image

  ポーチドエッグは…

まぁカッコつけずに言えば「温泉玉子」のこと。

崩して食べるとスープがマイルドになるらしいがこれ以上のマイルドさはクドくなるのでそのまま食べた。

黄身がトロトロで美味しい。

唯一、少し温度が冷たいのが残念だ。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133501j:imagef:id:ikkoshinagawa:20181121133504j:image

麺は三河製麺のもの。

中太ストレートでパツンパツンといった歯応えが心地よい。

最後まで伸びることはなくいただけた。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133451j:image
トリュフ鶏白湯スープが美味くて止まらずついには完飲。

ちょっとした罪悪感と幸福度が入り混じる。

鶏白湯ってどうしても途中で飽きてしまうけどこのスープは飽きがこなかった。
f:id:ikkoshinagawa:20181121133432j:image

そりゃ1000円超えるわ。と納得の一杯。

近くにあったらまた食べたいな。

ごちそうさまでした!