品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

阿佐ヶ谷「 SATOブリアン にごう 」焼肉部門日本一!ついに予約困難な高級焼肉店SATOブリアン にごうへ!(焼肉4軒目)

食べログにて全国焼肉部門第一位の「SATOブリアン にごう」。

全国で一位ですよ。

ずっと行きたかった店で今回奇跡的にもようやく予約が取れたので野郎3人連れて阿佐ヶ谷へ。

阿佐ヶ谷には「SATOブリアン」と「SATOブリアン にごう」の二店があるので間違えないように。(我々は早速間違えましたけど)

 

着いてみると意外とこじんまりとしたお店だ。

早速入ってみる。

f:id:ikkoshinagawa:20181221135234j:image

店内は結構狭め。

色んな芸能人のサインが直接壁に書かれている。

基本はコース。

「SATOブリアン直球コース【冬】13500円コース」にした。

 店員は全員男性。

「よろにく」の時は全員女性だったが店のコンセプトの違いだろうか。

 

お通し(キムチ盛り)
f:id:ikkoshinagawa:20181221135038j:image

このキムチの時点ですでに美味い。

食べやすく、そして辛さもちょうどいい。

 

ビーフシチュー
f:id:ikkoshinagawa:20181221135148j:image

まさかのビーフシチュー。

牛自体めちゃめちゃ柔らかく、そして脂っこくない。

特にニンジンが甘いのなんの。

かなりレベルの高いビーフシチューだ。

 

白ごまと海苔のサラダ
f:id:ikkoshinagawa:20181221135212j:image

こちらはサッパリ。

 

タンとハラミ
f:id:ikkoshinagawa:20181221135142j:image

盛り付け方もうまくて肉を少し立たせてる

そして肉自体も分厚くカットされている。

お店の人が全て焼いてくれる。

 

タン
f:id:ikkoshinagawa:20181221135206j:image

カラシ醤油かオリジナルスパイスでいただく。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135055j:image

上タンだろうか?もの凄く柔らかくて脂ものっている。

とても柔らかく、サクサクっという歯ごたえも凄い。

肉厚で思わずにやける。

 

ハラミ
f:id:ikkoshinagawa:20181221135008j:image

柔らかさを売りにしてるかと思いきや、意外にもちゃんと肉の食感を楽しめるもの。

噛む度に肉汁も出てくる。

「肉はただ柔らかいだけがいい肉というわけではない。」

 

ランプとシンシン
f:id:ikkoshinagawa:20181221135117j:image

シンシンは後ろ足の付け根の部位。

山葵醤油でいただく。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135137j:image

脂がのってて口の中でジュワっと。

 

塩ダレたたきキュウリ

f:id:ikkoshinagawa:20181221152626j:image

味もよく口の中が一気にリフレッシュ。

こういった箸休めも手を抜いていない。

 

ブリカツサンド
f:id:ikkoshinagawa:20181221135156j:image

ずっと食べたかったやつ。
f:id:ikkoshinagawa:20181221134959j:image

牛がもの凄い柔らかい。肉はパンと同じスピードで噛み切れる。 

かと言って肉自体もしっかりしたもので旨味もある。

こんなサンドはじめて食べた。

 

ランプ
f:id:ikkoshinagawa:20181221135122j:image

肉汁が流れているのがわかる。

だけどもしっかりと肉の食感があるもの。

全然クドくないしずっと噛み締めていたい。

 

ヒレ
f:id:ikkoshinagawa:20181221135012j:image
f:id:ikkoshinagawa:20181221135027j:image

そうです。すき焼き風です。

糸島産の「つまんでご卵」という銘柄の卵をかけて(つまんでも割れない)さらにご飯の上に。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135015j:image

究極のヒレ肉のすき焼きご飯。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135003j:image

卵がねっとりと肉に絡みつく。

味も濃い目でご飯が進む。

もはや幸せの一言につきる。

 

リブ芯
f:id:ikkoshinagawa:20181221135042j:image

サッと焼いたらおろしポン酢と一緒に。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135152j:image

ふわふわの食感で脂も感じるがおろしポン酢がいいサポート役。

口の中でケミカルが起きる。

 

トマト
f:id:ikkoshinagawa:20181221135032j:image

立ってる。トマトが立ってるよ。

 

シャトーブリアン
f:id:ikkoshinagawa:20181221135132j:image

焼肉屋で肉を縦にして焼くことってある?
f:id:ikkoshinagawa:20181221135020j:image
f:id:ikkoshinagawa:20181221135200j:image

さらにご飯の上に乗っけてニンニクチップを。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135048j:image

その上から雲丹を乗っけて「雲丹ぶり飯」の完成。

あーあ、お店は我々を殺しにかかってます。
f:id:ikkoshinagawa:20181221135112j:image

なんたって肉が超絶柔らかい。だってシャトーブリアンだもの。

雲丹のクリーミ―さとバターがさらにコクを出している。

素晴らしすぎるよこの店。

 

冷麵
f:id:ikkoshinagawa:20181221135107j:image

こちらもズズッと入っていき、なんとも清涼感がいい。 

 

巨峰シャーベット
f:id:ikkoshinagawa:20181221134955j:image

少し出してるのかな?

カチカチのシャーベットではなく少しねっとりとしたアイス。

 

以上が「SATOブリアン直球コース【冬】13500円コース」の内容。

「いい肉は柔らかい」押しの店が多かったがここはそうではなく、ちゃんと肉の食感を楽しませることを意識しているようだ。

肉の見せ方・料理もバリエーションに富んでいて食べ飽きる・ダレることがない。

焼肉がメインだが肉を使ったフルコース。

全国1位はやはりそれなりに理由があった。

今回は【冬】のコースだったので今度は季節を変えて来たいな。

ごちそうさまでした!