品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

神泉「 鮨 あい澤 」(4) 2019年一発目!個人的には過去最高!(鮨屋29軒目)

新年一発目の鮨は忘年会から一週間ちょっとぶりの「鮨 あい澤」。

今回は友人夫妻と4人でお邪魔した。

だけど間隔短すぎて相澤さんには若干プレッシャーを与えてしまったかもな。

f:id:ikkoshinagawa:20190106221912j:image

18時よりスタート。

相変わらず静かな空間が心地いい。

時間が経つにつれて満席に。

海外からのお客さんもいたりしてだいぶ賑わっている。

 

平目 あん肝醤油

f:id:ikkoshinagawa:20190106221934j:image

一発目から素晴らしいのがきた。

前回美味すぎて感動したあん肝醤油。

平目をあん肝醤油にたっぷりつけていただく。
f:id:ikkoshinagawa:20190106221930j:image

歯ごたえあるねっちりとした平目の食感とコクと旨味のあるあん肝醤油。

美味すぎる。毎日食べたいぞこれ。

チビチビといただきながら日本酒を頼む。

 

福井県 黒龍 垂れ口

f:id:ikkoshinagawa:20190106222014j:image

安定の黒龍。甘口でとにかく飲みやすい。

 

炙りしめ鯖
f:id:ikkoshinagawa:20190106222006j:image

鯖の脂が口内を潤す。

噛みしめる度にジュワッと。そして肉厚。

 

山形県 東北泉
f:id:ikkoshinagawa:20190106222010j:image

先ほどの黒龍よりも多少スッキリとしてる。

 

白子のすりながし トリュフオイル

f:id:ikkoshinagawa:20190106222105j:image

お初がきた。白子のすりながしだけでも美味いのにそこに香り豊かなトリュフオイルを入れてある。

もったりとして飲み干すのがもったいない。

 

メヌケの酒蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20190106222110j:image

深海魚ですね。

淡白だけど甘みもある魚。特に皮が美味い。

 

兵庫県 山廃

f:id:ikkoshinagawa:20190106223041j:image

一気にキリッと辛口に。

なるほど、甘口からだんだんと辛口へグラデーションになってるのか。

 

さてここから握りへ。

 

メジマグロ

f:id:ikkoshinagawa:20190106223105j:image

一発目はスモークされたメジマグロ。

脂ものっていてスモーキーな香りが鼻から抜ける。

 

赤身

f:id:ikkoshinagawa:20190106223123j:image

身がかなりキメ細くてねっとりと舌に馴染む。

 

f:id:ikkoshinagawa:20190106223207j:image

シャリと鯛の一体感がひたすら心地いい。

このくらいのシャリの酸味が鯛の旨味を引き立てるのにはちょうどいいと思う。

 

栄光富士 山形 ジブラ

f:id:ikkoshinagawa:20190106223232j:image

 

ボタンエビ

f:id:ikkoshinagawa:20190106224314j:image

ねっとりと甘くエロい。エロ海老。

 

ニシン

f:id:ikkoshinagawa:20190106224340j:image

握りでニシンはお初。

噛みしめる度に旨味をビンビン感じる。

またニシンは特に酒に合う。

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20190106223500j:image

赤身寄りかな。中トロの旨味が濃ゆい。

 

石川 手取川 吉田蔵

f:id:ikkoshinagawa:20190106223713j:image

 

f:id:ikkoshinagawa:20190106223752j:image

大トロの代わりなのか圧倒的な脂の甘み。

一気に口内が幸福感で満たされる。

これなら大トロの上位互換にできる。

 

カマス

f:id:ikkoshinagawa:20190106223845j:image

藁で炊いている。香ばしくあっさりでいながら口の中で溶けていく。

鼻からスーッとカマスの香りが抜けていく。

 

山形県 十四代

f:id:ikkoshinagawa:20190106223926j:image

山形県の酒が続くのはあえてなのか。

個人的には祖父母の家が山形県なので嬉しい。

 

サヨリ

f:id:ikkoshinagawa:20190106223949j:image

サヨリは一見淡白だけどかなり味わい深い。

相澤さんの握りってこう言った白身魚の方が合ってる気がすると思ってきた。

柚子の風味もいい。

 

イクラ

f:id:ikkoshinagawa:20190106224006j:image

弾ける弾力。口内に旨味がビュッとね。

 

煮ハマグリ

f:id:ikkoshinagawa:20190106224021j:image

みずみずしく食感もガラッと変わっていつまでも咀嚼していたいと思わせる。

 

佐賀県 東一

f:id:ikkoshinagawa:20190106224040j:image

 

あん肝醤油の手巻き

f:id:ikkoshinagawa:20190106224055j:image

ヤバいのがきた。

あん肝醤油の手巻きですよ。これは食べた人にしかわからない究極の手巻き。

必ずリクエストに応えてくれる。

 

馬糞雲丹

f:id:ikkoshinagawa:20190106224118j:image

甘さはもちろん品のある雲丹。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190106224124j:image

定番の一品。一つは裏に抹茶粉が塗ってある。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190106224112j:image

あい澤さんの味噌汁はかなり熱々。

やっぱり味噌汁は熱々でなきゃ。

だけど味噌はほんのり甘くひたすら優しい。

 

以上が2019年一発目の「鮨 あい澤」のラインナップ。

今回は特に私自身がベストコンディションということもあって落ち着いて味わう事ができた。

小肌や大トロや穴子は出なかったが良いものが入らなかったということかな。

価格も他のお店に比べて安いし、だけど料理のクオリティはめちゃめちゃ高い。

個人的に相澤さんと仲が良いからとか色眼鏡は一切なく改めてこのお店のレベルの高さを感じた。

それは昨年だいぶ鮨屋を回ったからこそ一層感じることだ。

また来ます、ごちそうさまでした!