品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数12万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

日比谷「 鮨 なんば 」(2) 今宵も細部まで手が込んだ究極の握りを堪能!(鮨屋31軒目)

本日は3か月ぶりの2回目の「鮨 なんば」。

 

(前回の鮨 なんば)

www.ikkoshinagawa.com

 

場所はミッドタウン日比谷の3階。

相変わらず満席です。

f:id:ikkoshinagawa:20190112223736j:image

前回はランチで伺ったが、本日はディナーで。

ディナーはランチに比べて5000円高い30000円。
19時からスタート。
f:id:ikkoshinagawa:20190112223625j:image

今回は8名席で3名が海外の方。

なんだか不思議な空間だ。

ここは席からカウンターで仕込みをしているところが見える。

単純な話だがこうして料理をしている所が見えるのは客にとっては嬉しい。

職人の手もとはずっと見ていられる。

この日もお弟子さんは最初から白烏賊をずっと細かくカットされていた。

f:id:ikkoshinagawa:20190120101353j:plain

握りのトップバッター。

一年に白烏賊が入らない日が4〜5日があってそれ以外は毎日この様に細かくカットしているんたそうだ。

「嫌にならないですか?」と聞いたら「全く」と笑顔で返ってきた。

これは後でのお楽しみ。

まずはつまみから。

 

ボタン海老
f:id:ikkoshinagawa:20190112223721j:image

めちゃめちゃねっとりとして甘みも抜群。

上のは海老味噌と貝殻を砕いたもの。

コクがあって香ばしい最強の一品。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190112223620j:image

酸味先行で辛味も強め。

口の中がサッと一新。

 

真牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20190112223655j:image

岩手県広田湾産の真牡蠣。

かなり大きい。プリッとして旨味がジュワッと。もう最高だ。

 

煮蛸
f:id:ikkoshinagawa:20190112223517j:image

神奈川県佐島産の蛸。

とても柔らかく、噛みしめる度に蛸の旨味を感じる。

 

キンキの煮付け
f:id:ikkoshinagawa:20190112223607j:image

北海道網走産。

キンキの甘みがほんのりと鼻から抜ける。

特に皮の部分が抜群。

 

カラスミ
f:id:ikkoshinagawa:20190112223617j:image

例えるなら濃厚なチーズ。

お酒と塩加減が非常に酒と合う。

ということでお酒をおまかせで頼む。

 

お酒一発目は福井県黒龍
f:id:ikkoshinagawa:20190112223512j:image

甘くて飲みやすいお酒だ。

このお店では半合づつ出てきます。

 

本日の鮪は三厩(みんまや)の鮪。

凄い迫力だ。
f:id:ikkoshinagawa:20190112223554j:image

こうして切って常温に戻すため置いておく。
f:id:ikkoshinagawa:20190112223703j:image

 

白魚
f:id:ikkoshinagawa:20190112223548j:image

島根県宍道湖(しんじこ)産。

こちらも一匹一匹のがホロホロと口の中で溶ける。

 

山形県 十四代
f:id:ikkoshinagawa:20190112223706j:image

言わずと知れた名酒。説明する必要ないか。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190112223646j:image

九州 対馬産。

一言で済ますならパリフワ。

パリパリ感と香ばしさがまたたまらない。

 

白子のすり流し
f:id:ikkoshinagawa:20190112223544j:image

とにかく濃ゆいクリームの様だ。

ドロドロっと旨味MAXの濃厚な白子をグッと飲み干す。口内が幸福感に包まれる。

 

あん肝
f:id:ikkoshinagawa:20190112223713j:image

二日間血抜きをしたもので雑味がなくクリアな味わい。

例えるならクリームチーズと豆腐の間みたいな。わかる?

 

さて、ここから握り。

今回のラインナップはこちら。
f:id:ikkoshinagawa:20190112223641j:image

 

高知県「土佐しらぎく」
f:id:ikkoshinagawa:20190112223521j:image

 

白烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20190112223614j:image

鮨 なんば名物の白烏賊。

お弟子さんがずっと細かく切ってくれていたもので口の中でホロホロと崩れ、後から物凄い甘みが押し寄せる。

手をかければかけるほど本当に素晴らしいものができるという代表例。

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20190112223733j:image

淡路島産。

身は柔らかく風味も素晴らしい。

この時知ったがこの店ではなんとシャリを一回転で3回も炊いてるらしい。15分もするとシャリが変わってしまうんだと。

こだわりが凄い。

 

サヨリ
f:id:ikkoshinagawa:20190112223746j:image

京都産。他のお店だと燻してる場合が多いがこちらではあえて素材の味を楽しんでもらう為素材のまま。

ひたすら心地よい甘みが鼻を抜ける。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190112223659j:image

最高の弾力と歯ごたえ。

からのフワッと強い甘みが上がってくる。

 

春子
f:id:ikkoshinagawa:20190112223558j:image

塩でいただく。抜群に身が柔らかい。

 

兵庫県「はるか」
f:id:ikkoshinagawa:20190112223717j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223628j:image

あっさりしてると思いきや咀嚼してるとだんだんと旨味が強くなる。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223758j:image

千葉県銚子産。この時期に珍しく初鰹。

あっさりしながらも旨味もある。

玉ねぎが入っておりニンニクっぽい風味もいい。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223532j:image

まさかこの時期に鯵を食べることができるとは。たまたまいいものを仕入れることができたみたい。

めちゃ脂がのっていて風味が鼻から抜ける。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223751j:image

三厩産。これはしおりには記載されてなかったやつだ。

とてもきめ細かく味も濃い鮪だ。

 

トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190112223632j:image

こちらも三厩産。シャリの温度も上がり超絶脂が口内を踊る。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20190112223525j:image

温度は一気に下がった。

上には海老おぼろ。締め具合も絶妙だ。

 

高知県「美丈夫」
f:id:ikkoshinagawa:20190112223551j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223740j:image

温度は小肌と変わらず低め。

やっぱり鯖はこの温度でないと。

まさに旨味がギュッとつまった感じ。 

 


f:id:ikkoshinagawa:20190112223609j:image

鰤になると温度は一気に上昇。

綺麗に血合を全部抜いたもので塩でいただく。

この時期ならではコクと旨味が凄い。

 

北寄貝
f:id:ikkoshinagawa:20190112223536j:image

貝の食感と旨味がギュッとつまったもの。

咀嚼がひたすら心地いい。

 

いくら
f:id:ikkoshinagawa:20190112223709j:image

いくらを裏ごしたものにトリュフをかけたもの。

なんて贅沢な一品。トリュフの香りもいい。

いま「裏ごし系にトリュフがアツイ」。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20190112223603j:image

海苔は一枚一枚火で炙っているというこだわりよう。お陰で海苔の香りが凄い。

それと同時に雲丹の甘みも負けてない。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190112223755j:image

平目とフグの出汁。

ほんのりスダチの風味も。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190112223540j:image

握りのラストにて最高温度。

ホロホロと口の中で一気に溶ける。

先ほどの焼穴子とはまるで別の食感。 

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190112223802j:image

芝海老入りの玉子焼き。まるでプリンのような食感。弱火でじっくり焼いているらしい。

これ店で売れますよ。

 

まさに「手をかけただけ美味しくなる」を実践してらっしゃる。

逐一感動するばかり。
f:id:ikkoshinagawa:20190112223650j:image

またネタが変わる春頃にでも。

ごちそうさまでした!