品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画「 リメンバー・ミー 」老若男女問わず勧められる良作!(映画33本目)

「大人も泣ける」という安易なキャッチコピー的な感想が流れてきて天邪鬼な私は若干ハードル高めにこの映画を観たんだけどそのハードルをも余裕で超える作品だった。

凄くベタな感想を一言で言えば「音楽の素晴らしさ、家族愛を非常にストレートに伝えられている秀逸な映画」といったところか。

 

しかしピクサー作品ってどの作品もある程度のクオリティを担保してて本当にスタッフが優秀なんだなと思った。

今回は「トイストーリー3」のスタッフらしいので泣き要素は間違いないか。

f:id:ikkoshinagawa:20190118083617p:image

家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。ある日、彼はガイコツたちが楽しく暮らす、カラフルで美しい死者の国に迷い込んでしまう。日の出までに帰らないと、ミゲルの体は消えて永遠に家族と別れることに…。唯一の頼りは、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも生きている家族に忘れられると、死者の国から存在が消えるという運命が…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ重要な鍵──それは、ミゲルが大好きな名曲リメンバー・ミーに隠されていた…。

以下ネタバレ

 

細かいCG

この映画、とにかくCGが綺麗。

まぁいまさらな話だけどこの死後の世界は圧倒的映像美。映画館で観たらさぞ凄かったんだろうな。

f:id:ikkoshinagawa:20190119173218j:image

それにメキシコの街並みがとにかくリアル。
特に主人公の少年が街を走るシーンとか実写かと思うくらい手が込んでいる。

このなんでもない風景がとても細かく描がかれていて思わず感心してしまった。

これは二回とか三回とか観てその細かさを堪能するのもいいかも。

トイストーリーから何十年たったかな?

確実にCGも進歩していることがわかる。

 

綺麗な伏線回収

観ながら疑問点はいくつかあったんだけど逐一その疑問点に答えてくれたのも印象がいい。

 

例えば「なんで死者の国に若い子や年寄りがいるんだろう?」と思ったけど死んだ時の状態のままの姿なんだと最後の婆さんが死者の国に現れる姿を見て納得。

f:id:ikkoshinagawa:20190119173053j:image

特にモヤモヤすることなくラストまで駆け抜ける。

結構難癖屋の自分がスッキリして観ることができたのは「ディズニーだから」という色眼鏡も若干あることにはあるがまぁ、いいじゃない。

 

あんなに音楽を憎んでいたのに最後簡単に音楽を許すんだとかくらい。

ちゃんと理にはかなってるんだから。

 

みんなが納得するラスト

はじめに言うとストーリー自体はなんてことない。特にひねったものではないし。

だけどこう言ったわかりやすい話だから誰でも受け入れられるんだよな。

 

なんでこんなに自分の琴線に触れるのかと言うと音楽の素晴らしさ、音楽がもたらす幸福がテーマだからだ。

おとといのこともろくに思い出せないくせに昔聴いていた音楽を聴くとふとその時の自分や情景が浮かんでくる。

きっと誰しもが経験あることだろう。

そういった音楽がもたらす普遍的な要素がこの映画の肝となっている。

最後の老婆が音楽によって父親を思い出すくだりもまさにこれ以上なくこの映画のテーマに沿っているし映画のタイトル(邦題だけど)を表してる。そう言う意味でラストはバッチリと決まったものになっている。

なのでとても後味がいいのだ。

このラストが気にくわないって人はいないんじゃないかな。

ピクサーにバッドエンドを求めてはいけない。

f:id:ikkoshinagawa:20190119171946j:image

話としては予定調和感は否めない。

だけどそれ以上に自分の琴線に触れる内容だったことは間違いない。

うるっときて観終わった後に音楽っていいな、家族っていいなと心から思える。

凄いのがこの映画を観て誰も不快な思いはしないということ。

そして音楽を聴いて過去を思い出すという万国共通の体験をこの映画でも経験できる。

誰にでもオススメできる良質な作品。

改めてピクサーの凄さを知った。