品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

セブンイレブン「 中華蕎麦 とみ田監修 豚ラーメン 」ついに本格的な二郎インスパイアがコンビニで販売!気になる味は…?

セブンイレブンにて松戸の人気ラーメン店「中華蕎麦 とみ田」が監修した「豚ラーメン」が販売された。

二郎系とは一切うたっていないが見た目は明らかにそれだ。

f:id:ikkoshinagawa:20190205072421j:image

「黄色いジャケに黒字、極太麺、野菜、豚、ニンニク」

このワードで二郎を連想するなという方が無理だ。

だってチャーシューのことを「豚」って言ってる時点でもう確信犯だろ。
f:id:ikkoshinagawa:20190205072441j:image

原料
f:id:ikkoshinagawa:20190205122207j:image

電子レンジで温めるだけ。

500Wで7分20秒、1,500Wで2分20秒。

7分って結構長いぞ。

早速電子レンジで温め7分待つ。

 

完成

f:id:ikkoshinagawa:20190205072535j:image

ヤサイはまさにモヤシとキャベツ。f:id:ikkoshinagawa:20190205072511j:image

豚がいかにも美味そうだ。トロトロ系かな?f:id:ikkoshinagawa:20190205072530j:image

刻みニンニク?と思ったら「玉葱ニンニク炒め」らしい。

玉葱とニンニクは親戚だからね。

f:id:ikkoshinagawa:20190205122226j:image

では早速スープから。

豚の出汁が出ており塩分も高め。

だけど二郎のガッとくるようなパンチは足りない。塩分こそ高いがアッサリしている。

圧倒的に化学調味料が足りていない。

二郎=化学調味料といってもいいくらい二郎系には化学調味料が必須だと思う。

まぁ、「二郎インスパイア」と言われれば納得の味。

郎郎郎とかの味に近いかも。

f:id:ikkoshinagawa:20190205072431j:image

ヤサイはシャキシャキ。量も充実している。

麺は平打ちの太麺。微縮れといったことか。

しかし食感は残念なことに「うどん」だ。

かんすいが入っているので一応ラーメンだけどとても柔らかく限りなくうどんに近い食感。

よくあるコンビニのコシのないうどんといった感じ。

これはめちゃめちゃ残念。
f:id:ikkoshinagawa:20190205072412j:image

やはりクニュっとしたオーションを使ったあの麺を再現するのは難しいか。

というか別に「二郎」ってうたってるわけじゃないからいいんだけどね。

麺の量は200g。店より少ないが夜食にはちょうどいい。
f:id:ikkoshinagawa:20190205072524j:image

 

豚は柔らかい。コンビニの豚にしてはなかなか。味付けもちゃんとされてる。

f:id:ikkoshinagawa:20190205072453j:image

玉葱ニンニク炒めと絡めて食べるとなんともジャンクな味に。

コンビニ食なのに罪悪感。
f:id:ikkoshinagawa:20190205072502j:image

液体油はそこそこ。

なんかついついスープも飲んでしまう。
f:id:ikkoshinagawa:20190205072357j:image

カロリーは706kcal。意外と少ない。

これで税込550円か。

 

ラーメン二郎 目黒店のラーメンが500円ということを考えるとなんとも微妙だがコンビニ食にしてはこれでもかなりの努力はみられる。

私ならもう数百円払って二郎に行くが二郎がない場所に住んでいる人にはとてもありがたいものになるだろう。

 

結論

「500円ってラーメン二郎 目黒店凄くね?」