品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

国立「 孫市 」白河中華そばの名店「とら食堂」の暖簾分け!あっさり中華そばを堪能する!(128杯目)

本日は国立市にある白河中華そばのお店「孫市」へ。

ここは福島県に白河中華そばの名店「とら食堂」の暖簾分け。

全国各地にお弟子さんのお店はあって東京だとこの「孫市」と町田にある「いちばん」。

ちなみに神奈川県だと仲町台でその店の味が好きで昔はよく通っていた。

 

場所は国立駅から結構遠く車で行くのがベスト(駐車場もある)。

f:id:ikkoshinagawa:20190307193800j:image

店の外にもメニューがある。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193756j:image

店内に入ると食券機がある。

白河中華そば系は特に麺が好きなのでつけ麺ばかり頼んでしまう。

本日はお腹も減っているのでチャーシュー付けて大盛りで。

気合いは十分。

 

チャーシューつけめん(大) 1,000円

f:id:ikkoshinagawa:20190307193900j:image

スープにはネギ、細切りチャーシュー、メンマに白ごまがふりかけである。

鶏ガラに醤油、酢が効いたこの上なくシンプルなもの。化学調味料は不使用。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193856j:image

こんもりと盛られた麺にチャーシュー、海苔、カイワレ。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193851j:image

横からのアングル。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193836j:image

では、まず麺だけいただく。f:id:ikkoshinagawa:20190307193829j:image

手打ち麺独特の麺の縮れ具合に麺の風味がたまらない。

コシもあって麺だけでも十分美味い。

 

スープの方のチャーシューは脂身がないあっさりなもの。醤油と酢をたっぷり吸っている。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193848j:image

逆に麺の方のチャーシューは脂身もあってしっとりとしている。このチャーシューの使い分けもニクい。

f:id:ikkoshinagawa:20190307193821j:image

スープにつけて勢いよく吸っていく。
この酸味、化学調味料を使用していないからこそのシンプルな味付け、やっぱいい。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193832j:image

麺は大盛りなのでいい感じの量。
だけど二郎みたいに苦しくはならない。

手打ち麺をたっぷり堪能しながらバキュームしていく。

  スープ割
f:id:ikkoshinagawa:20190307193840j:image

鶏ガラ出汁と酸味がさらに浮き出ている。

全く嫌味がない。

気づいたらスープ全部飲んでしまった。
f:id:ikkoshinagawa:20190307193844j:image

だけど不思議と罪悪感はない。

後で喉が乾くことがなかったし。

こういったあっさり系が染み入る。

ごちそうさまでした!
f:id:ikkoshinagawa:20190307193825j:image

P.S. 駐車場はちょっと停めづらいから気をつけて。