品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画「 アリー スター誕生 」この映画が原因でブラッドリー・クーパーはイリーナ・シェイクと破局?(41本目)

f:id:ikkoshinagawa:20190503160712j:image

自分に自信がなく歌手の夢を諦めかけていたアリー。有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、彼女の人生を大きく変える。
――「君の歌は奇跡だ」
ウエイトレスから一気にスターダムを駆け上っていくアリー。激しく惹かれあうジャクソンと、全米のステージで一緒に歌う幸せな日々を過ごすが、
次第に自分を見失っていき・・・。愛と成功のはざまで、最後に彼女がつかんだものとは――?

 

2人のイチャつきに終始うんざり

f:id:ikkoshinagawa:20190611131223j:image

しかし「アリー スター誕生」ってなんてセンスのない邦題だろう?

もうちょっとなかったのか?

これじゃ何の捻りもないし邦題で観る気が失せる。

ヨーロッパ行きの飛行機で退屈じゃなかったら絶対に観ようと思わなかった映画。

 

で、「実際に観たら凄かった!」とか絶賛レビューだと思ったでしょ?

これが全然面白くなかった。

むしろずっとイラついて仕方がなかった。

※その理由は後ほど丁寧に解説していきます。

 

というかただ2時間ダラダラとブラッドリークーパーとレディガガがイチャついてるだけの映画としか思えなかった。

 

いくら映画の宣伝だからといってもこの2人のイチャつきは度を越して現実世界でブラッドリークーパーとイリーナシェイクは破局

この映画の主題歌の「シャロウ」のライブ動画を観たんだけど完全に2人の世界に入ってて観てて鬱陶しかった。

これじゃイリーナシェイクも不快だわな…

 

ファンからも「イリーナシェイク可哀想」というブラッドリークーパーに対しての批判の声も出る始末…

もう、バカなのか?

 

 

これがリメイクだということも前情報として知っていたからストーリーも大して新鮮さもなかった。

 

これからいかにこの映画が過大評価されているのかめったくそに切り刻んでいきます。

この映画が好きな人とレディガガ信者は読まないように。

あくまで個人の感想なので批判は一切受け付けませんよ。

 

ただのレディガガの長いPV

f:id:ikkoshinagawa:20190503233142j:image
これは映画なのか?演じてるいる役者本人が劇中で実際に歌ってるいる。

まぁそれはいいんだけど、実際の歌手が歌の映画で歌うことに関して私は映画とハッキリ分けたい衝動に駆られる。

 

これがドキュメンタリー映画なら違和感はないが何だかレディガガ本人のPV映画にしか思えなくなってくる。

エミネム主演の「8マイル」とかも同じ印象。

 

レディガガ演じるアリーという役は歌が上手く才能豊かだけど自分に自信が持てないでいる。

そこにアーティストであるブラッドリークーパーに才能を見出されレディガガが開花するって話。

 

レディガガはブラッドリークーパーからステージに上げられ、観客の前で圧倒的な歌唱力を披露するんだけど、まんまレディガガ…

 

そこに何の驚きもない。そりゃレディガガ歌上手いもんねっていう感想しかない。

アリーという役柄が与えられてるけど観ている方としては「レディガガが歌ってるだけじゃん。」と思ってしまう。

 

こういうのって歌手じゃない本業の役者があたかも歌手のように演じるからいいのであって「本業の歌手が歌手の役を演じる」っていうのはちょっと引っかかる。

ボヘミアンラプソディー」と決定的に違うのはそこだ。


いまや誰もがレディガガのことを知ってるし正直いってこの主役がアリーではなくレディガガにしか見えない。

これって果たして映画にとっていいことなのかよくわからない。

よって終始モヤモヤしながら観ていた。

 

相手役のジャックがクソすぎる

f:id:ikkoshinagawa:20190503233206j:image
どうも感情移入できない点は他にもある。
ブラッドリークーパー演じるジャックのクソっぷり。
「アル中でヤク中」って本当にしょうもない…

常にグダグダだわ、レディガガのライブには酒とヤクでベロンベロンになっててすっぽかすわマジでクソ野郎としか思えない。

 

そもそも出会った時もかなり飲んでてレディガガに対してしつこいくらいのアプローチだったし観ていてただただ鬱陶しかった。
こいつ嫌いだわぁ。

外で待たされてる運転手の身になれよ。

 

そしてこんな男を選んだレディガガもレディガガだ。

なによりこのアリーって役は今時の自立した女という設定なんだけどなんだか男を下にみてる雰囲気があって全くもって気にくわない。

 

散々「男なんて」みたいにイキってて結局男の虜じゃねぇか。

こういう男性蔑視の女ほど男なしじゃいられないんだよ。

 

さらに言えばあんな大勢の人がいるステージで2人でいちゃつきまくるとか日本人には到底考えられないことだ。
羽賀研二梅宮アンナじゃねぇんだから。

観ていてイタいな…と呆れていた。

 

なんだか終始アリーとジャックのイチャつきを2時間かけて見せられてる感じ。

かと思えば「君は醜い!」とかいきなりバトルし出したりもう勝手にしろよという感じ。

他の人の目とか気にせずに感情を全て出しちゃうような人種は苦手だ。

 

つまり私はこの二人のことが大嫌いだ。

こんなのが「素敵」とかいう馬鹿女はさっさとこういうクソみたいな外国人と付き合って破滅の一途を辿ればいい。

 

それでも褒めてみるf:id:ikkoshinagawa:20190503233210j:image

レディガガは奇抜なファッションばかりで素顔を見たことがなかったけど実は綺麗な顔してるなと思った。

だけど80年代みたいな古臭い顔って印象。

 

女優としてはなかなかだ。

普通にこれからも女優としてもやっていけるレベルだと思う(私は好きではないが)。

 

ブラッドリークーパーは今回歌は頑張ってた。

そこそこ渋みが出ててしゃがれ具合もいい感じ。

 

二人とも凄くこの映画に大して真摯に取り組んでたのが伝わった。

スタッフも優秀だし編集も上手い。

この映画が多くの人に支持される理由も理解できる。

映画自体はよくできてるしと思うしあとは観る人の感性次第といった感じ。

 

ただ、私がこの二人の役に共感できないだけだ。