品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

北海道札幌市「 鮨 一幸 」日本を代表する孤高の名店!札幌でいただく本格江戸前鮨!SUSHI IKKOU(鮨41軒目)

「鮨 一幸」は今や全国的なお店になった。

鮨好きなら知らない人がいない程の札幌の名店だ。

常に満席で予約困難。

 

今回の予約は二ヶ月前。

1人なのでキャンセル待ちを狙って電話確認。

そしたらたまたま金曜日にキャンセルが出て「空きが1席」とのこと。

すかさず予約をとる。本当についてる。

 

東京と札幌では気温が10度も違うらしく少し厚着で向かう。

正直暑いのでジャケットは手で持っていく。

14時に羽田空港出発。

新千歳空港まで約1時間半。

 

札幌へはJRの方が早いとのことで電車で向かう。

16時 新千歳空港駅出発。

そこから約40分ほどで札幌駅へ。

札幌駅近のホテルでチェックインを済ませ、隣駅の大通駅まで札幌市営南北線で向かう。

 

大通駅もデカく、どの出口から出ればいいのかわからなかった。

とりあえずスマホを頼りに向かう。

 

18時ギリギリになってようやくたどり着いた。

「鮨 一幸」は建物の二階に位置する。

f:id:ikkoshinagawa:20190406092004j:image

長い道のりだった…
f:id:ikkoshinagawa:20190406092018j:image

入ってみると銀座の鮨屋にあるような凛とした空気。

すぐに大将の工藤さんが出てきた。

なんというか、独特なオーラを放っている。

f:id:ikkoshinagawa:20190406091904j:image

店内は余計なものが一切置いていない。

とても洗練された空間である。

 

まずは生ビールで喉を潤す。
f:id:ikkoshinagawa:20190406091919j:image

さて、お任せコースの始まり始まり。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190406091931j:image

この時期は脂がぬけてて一番味が出る時期とのこと。

しっとりとしつつもとても味が濃い。



f:id:ikkoshinagawa:20190406091934j:image

何も付けなくても十分旨味が強い。

ムチムチとした食感も心地よい。

 

日本酒のペアリングコースをお願いする。

静岡県白隠政宗 辛口純米」
f:id:ikkoshinagawa:20190406091916j:image

 

メジマグロの刺身

f:id:ikkoshinagawa:20190406091954j:image

つまり鮪の子供。皮は炭火で炙ってある。

黒いのは海苔醤油。

香ばしさと圧倒的な脂の甘みがたまらない。

 

子持ちヤリイカの雲丹詰め
f:id:ikkoshinagawa:20190406092053j:image

なんて綺麗な見た目だろう。

もはやフレンチみたいだ。

子持ちヤリイカの卵は濃厚でそこに雲丹のまろやかさも加わる。

 

福岡県「田中六十五 糸島産 山田錦純米酒
f:id:ikkoshinagawa:20190406092041j:image

 

ミル貝
f:id:ikkoshinagawa:20190406092100j:image

岡山産。

コリコリ、サクサクっとした食感でミル貝独特な香りが素晴らしい。

 

ここから握りへ。

醤油の入れ物がめちゃオシャレ。
f:id:ikkoshinagawa:20190406092025j:image

 

奈良県「みむろ杉 特別純米 辛口」
f:id:ikkoshinagawa:20190406092013j:image

 

ガリは甘・辛・酸味全てのバランスがいいもの。
f:id:ikkoshinagawa:20190406092045j:image

 

春子鯛

f:id:ikkoshinagawa:20190406091908j:image

握り一発目は春子鯛の昆布締め。

とにかく身が柔らかく、仕込みが丁寧だとわかる。

春子鯛は時間が経つとすぐに水分が飛んでパサついてしまうので前もって仕込むことができない繊細な魚。

どんなことがあっても春子鯛は必ず一発目に握ると大将は決めているそうだ。

 

シャリは米酢のみのシンプルなもの。

モチモチっとした食感は硬いシャリを好む自分にとってはいささか柔らかいと感じた。

 

サヨリ
f:id:ikkoshinagawa:20190406092049j:image

淡泊な味だがコリコリっとしたしっかりとした身質。

 

工藤大将は淡々と握っていく。それでいて動きにも無駄がない。
f:id:ikkoshinagawa:20190406092033j:image

金目鯛 
f:id:ikkoshinagawa:20190406092022j:image

千葉県勝浦産。

炙った香ばしさと脂の甘味が絶妙。

春子鯛のしなやかさ、サヨリの歯ごたえ、金目鯛の脂と流れが計算されている。

 

本日の鮪は東京都の八丈島産。
f:id:ikkoshinagawa:20190406092009j:image

どうやらネタは北海道産にはこだわらないようだ。

いいものを全国から取り寄せるスタンス。

 

島根県「扶桑鶴 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190406092037j:image

 

中トロ 
f:id:ikkoshinagawa:20190406091942j:image

東京の八丈島産。

綺麗に脂がまわっており甘味がたまらない。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190406091948j:image

こちらは圧倒的な脂。

だけど嫌な感じは一切ない。

まさに上質な鮪の脂。

 

馬糞雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20190406092001j:image

北海道浜中産。

めちゃくちゃクリーミーで甘い。

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20190406091912j:image

箸で崩しながらいただく。

パリパリでフワフワ。脂がもよくのっている。

脂と酢が反応することでシャリの印象もまた変わる。

 

滋賀県「七本鎗」 
f:id:ikkoshinagawa:20190406091957j:image

 

オニアジ

f:id:ikkoshinagawa:20190406091937j:image

オニアジ」という聞きなれないもの。

とてもみずみずしく味も濃い。

 生姜とアサツキでノドグロの脂がスッと消えた。

 

帆立
f:id:ikkoshinagawa:20190406091927j:image

北海道の野付半島産。季節ものでいまだけだそうだ。

大将曰く帆立は火入れが難しいらしい。

帆立の粘りとシャリとの完全な一体感。

 

福井県「九頭龍 純米」
f:id:ikkoshinagawa:20190406092110j:image

 

毛ガニ
f:id:ikkoshinagawa:20190406092106j:image

上には蟹味噌。ホロホロっとして甘味も十分。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190406091923j:image

ホロホロでとても柔らかく、さらに濃厚な味わい。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190406092028j:image

外側はフワフワだが、中心に向かってだんだんとトロトロになっていく。

このレベルの玉子焼きはなかなかお目にかかれない。

 

以上がお任せコース。

ネタは北海道産にはこだわらず全国から一流のものを取りそろえる。

札幌にいながらまるで銀座の様だ。

よって価格は30,000円と東京と変わらない。

他県から来た人にとってはせっかく北海道に来たんだから北海道のネタを食べたいと思う人もいそうだ。ここは難しいところで評価は分かれそう。

全体的なボリュームは他店に比べると物足りない。

だが緻密に計算された料理に対しての満足度は高い。

ごちそうさまでした!