品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

人形町「 日本橋 蕎ノ字 」静岡から移転しミシュラン一つ星獲得!天ぷらを食べて蕎麦で〆る!!(天ぷら6軒目)

本日は人形町のにある「日本橋 蕎ノ字」へ。

天ぷら屋さんだけど蕎麦で〆るという変わったスタイル。

元は静岡県島田市に店があったが天ぷらと蕎麦の本場の江戸で勝負したいということで2016年に移転。

その後、あっという間に話題になりついにミシュラン一つ星を獲得。

いまや予約が取れないお店となった。

 

場所は人形町駅から徒歩5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20190411180939j:image

食材はほとんどが静岡産。

基本のコースにその日によって追加ができる。

この日は店にある全ての食材をもらうことに。
f:id:ikkoshinagawa:20190411180901j:image

 

蕎麦の実
f:id:ikkoshinagawa:20190411180810j:image

蕎麦の実の食感を楽しみながら出汁も味わう。

 

蕎麦出汁のお吸い物
f:id:ikkoshinagawa:20190411180917j:image

こちらも胃に優しいスタート。

天ぷらは揚げ物だから嬉しい。

 

お酒も全て静岡の地酒。

「大村屋 重兵衛 純米生酒」
f:id:ikkoshinagawa:20190411181015j:image

さて、いよいよ。
f:id:ikkoshinagawa:20190411181058j:image
大将はとても気さくで優しい方だ。
f:id:ikkoshinagawa:20190411180957j:image

 

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190411181040j:image

なんと塩も静岡県産だそうだ。西伊豆の塩を付けていただく。

サクッと、中心はレアというまさに理想的な海老。

 

車海老 2本目
f:id:ikkoshinagawa:20190411180830j:image

一本目より少し長めに揚げたもの。

やはり火を入れると甘味が増す。

 

海老の頭
f:id:ikkoshinagawa:20190411181009j:image

中の海老味噌が特に熱々でパリッとブチュっと。

香ばしくて濃厚。

 

海老の頭 二個目
f:id:ikkoshinagawa:20190411180815j:image

こちらも少し長めに揚げたものでより香ばしくなっている。

香ばしくなっているから天つゆの甘さともよく合う。

 

キス
f:id:ikkoshinagawa:20190411180802j:image

サクサクで中はフワフワ。

程よい脱水、軽くてしつこさもない。

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20190411180807j:image

なんと5キロの平目。身の厚さも凄い。

駿河湾の塩と静岡のレモンでいただく。

こちらも中がレアだ。とにかく火入れが絶妙。

 

蕎麦がき
f:id:ikkoshinagawa:20190411181049j:image揚げ物が続かないようにここでいったん蕎麦がき。

完全に潰しておらず蕎麦の実を感じながら。

 

太刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20190411180907j:image

駿河湾 焼津で取れた太刀魚。

フワフワでこれがもの凄く軽い。口の中でホロホロと崩れる感覚がたまらない。

 

「長い木の橋 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190411180921j:image

 

アスパラガス 穂先
f:id:ikkoshinagawa:20190411180852j:image

掛川のアスパラガス。とにかく香りが凄い。

天ぷらってここまで香りが引き立つのか。

 

アスパラガス 根本
f:id:ikkoshinagawa:20190411181001j:image

1分で揚げた穂先に対してこちらは10分かけてゆっくり揚げている。

なんと中心が液状化しておりアスパラジュースが楽しめる。

 

タラの芽
f:id:ikkoshinagawa:20190411180913j:image

わかりやすく香りが強い。

あっという間に口の中から消えた。

 

ふき
f:id:ikkoshinagawa:20190411180844j:image

こちらも独特な風味と上がってくる香りが素晴らしい。

 

クルミの新芽
f:id:ikkoshinagawa:20190411180848j:image

なんと大将自ら山菜を採るそうだ。

このクルミの新芽も食べられることを知らない人が多いみたい。

最初はほろ苦く、だけど噛んでるとだんだんとクルミの味がして甘味が強くなってくる。

 

コシアブラ
f:id:ikkoshinagawa:20190411180943j:image

藤枝で取れたコシアブラ。特にしょっぱなから香りが強くてわかりやすい。

苦味はない。

 

玉取茸
f:id:ikkoshinagawa:20190411181026j:image

藤枝のブランド椎茸。
f:id:ikkoshinagawa:20190411180826j:image

食べる前から香りがもの凄く、肉厚でしかもジューシー。

椎茸としても完璧。

 

「若竹・嶋田」
f:id:ikkoshinagawa:20190411180927j:image

 

雲丹の大葉巻き
f:id:ikkoshinagawa:20190411180818j:image

雲丹も甘い。サクッとニュッと。

 

鹿肉
f:id:ikkoshinagawa:20190411181032j:image

天ぷらでジビエを食べることになるとは。

身が柔らかく噛んでると野性味溢れる感じ。

 

ハマグリ
f:id:ikkoshinagawa:20190411181053j:image

塩とレモンでいただく。半分にカットしてある。

噛んでいくとだんだんと旨味が広がってくる。

 

ハマグリ 磯辺巻き
f:id:ikkoshinagawa:20190411181019j:image

先ほどの半分を海苔で巻いたもの。

この海苔は千葉産だが香りが特に強い。

 

島田人参
f:id:ikkoshinagawa:20190411180840j:image

20分かけてゆっくり揚げたもの。

サツマイモの様なホクホクもありながらも甘味も凄い。

これが人参?と言いたくなるような今までに食べたことがない味で感動。

 

舞阪海苔
f:id:ikkoshinagawa:20190411180931j:image

まず食べる前から香りが凄い。

サクッとしたと思ったら中心が溶けているので食感が変わる。

そしてなんて心地よく海苔の風味が鼻を抜けるんだ。

美味すぎる。

 

ホタルイカ
f:id:ikkoshinagawa:20190411180856j:image

噛むとブチュっと。熱々。

もともとの塩加減もいい。

 

「喜久酔 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190411180822j:image

 

タケノコ
f:id:ikkoshinagawa:20190411181005j:image

とにかく立派な大きさでシャキッッシャキ。

皮つきで揚げているのでいけるところまで。

もう口の中いっぱい。最高。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190411181036j:image

サイズも大きく、サクサクでホワホワ。

 

桜海老かき揚げ蕎麦
f:id:ikkoshinagawa:20190411180947j:image

蕎麦温かい蕎麦と冷たい蕎麦を選択できるが、蕎麦の量は少なくして「両方」もできるそうだ。もちろん両方で。

温かい蕎麦の上に揚げたての桜海老かき揚を入れるとパチパチと音が鳴る。

そばつゆは出汁も非常に美味く柚子の柑橘ととても相性がいい。

 

冷たい蕎麦
f:id:ikkoshinagawa:20190411180951j:image

蕎麦粉の香りが凄いので十割かと思ったが二八だそうだ。

天ぷらをたくさん食べたあとなのであえて二八にしてるらしい。
f:id:ikkoshinagawa:20190411180836j:image

蕎麦までもかなりのレベルだ。

 

和菓子

f:id:ikkoshinagawa:20190411181022j:plain

さすがに追加で全ての食材を食べたのでかなり満腹だったが最後の最後までもの凄い満足度だった。

お会計は1人約30000円。

天ぷらも蕎麦も同時にいただけるとは一石二鳥なお店。

ここは是非また季節を変えてきたいな。

ごちそうさまでした!


【天ぷら⑤】日本橋 蕎ノ字:静岡から江戸へ移転!天ぷらを食べて蕎麦で〆るスタイルでミシュラン一つ星獲得!予約困難店の実力は本当に凄かった!!SONOJI【IKKO'S FILMS】【品川イッコー】