品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

京王堀之内「 ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 」(6) つけ麺のごま油のコク、酸味と辛味が絶妙すぎて中毒になる (ラーメン148杯目)

本日はタイミングが合ったので久々の「ラーメン二郎 八王子野猿街道店2」へ車で向かう。

 

昼12時前。

ラッキーなことに駐車場が空いていた上に、なんと並び0でしかも空席もありという幸運っぷり。

いつも意気込んでいくと長蛇の列なんだけどふと思い立って行くとこうして空席があったりするから読めない。

f:id:ikkoshinagawa:20190528124927j:image

さて、八王子野猿街道店2は二郎の中でも特に量が多い店。

もうここは「小ラーメン」でも限界なので潔く「麺少なめ」にする様にしている。

暑くもなってきたので本日はつけ麺に。

 

つけ麺 900円 麺少なめ

f:id:ikkoshinagawa:20190528125044j:image

つけ汁の丼だけでもヘビィ級。

マウンテンになったヤサイはキャベツも惜しみなく入っている。

f:id:ikkoshinagawa:20190528125040j:image

豚も分厚く、そしてデカい。

最高かよ。
f:id:ikkoshinagawa:20190528125014j:image

つけ汁は強烈な塩気が効いた微乳化にごま油、酢、唐辛子、黒ごまが入ったもの。

f:id:ikkoshinagawa:20190528125011j:image

「麺少なめ」ということでだいぶ少なくなっている。

てめぇで少なめにしといて「やっぱ足りねぇかも」とか不安になる自分がいるが後ほどそれが杞憂に終わる事を私は経験で知っている。f:id:ikkoshinagawa:20190528125031j:image

みずみずしく輝きを放っている麺はオーラさえある。

野猿街道店の麺は麺だけで食べても美味い。
f:id:ikkoshinagawa:20190528125018j:image

さっそく麺をすくい上げるが箸がツルツルタイプで多少掴みにくい。

外国人がこの箸でこの太麺を食べる苦労を一瞬想像して同情してしまったくらいだ。
f:id:ikkoshinagawa:20190528125034j:image

つけ汁はガツンと塩分と味の素が効いたもので猛烈に塩辛い。

だけどごま油でコクがアップ。

さらに酸味と辛さがつけ汁をより重厚感あるものにしている。
f:id:ikkoshinagawa:20190528161336j:image

 

この日の豚は2枚とも箸で割るほど柔らかくとてもしっとりとしたもの。

味も染み込んでいてヤサイと豚だけでもだいぶ食べ応えがある。

さらに言えばごま油がいい仕事していてヤサイ、豚、ごま油だけでも完成されている。

f:id:ikkoshinagawa:20190528161019j:image

結果、「麺少なめ」で十分腹一杯になった。

これ以上食べると美味しくいただけなかっただろう。

f:id:ikkoshinagawa:20190528125026j:image

やっぱりこれからも「麺少なめ」は継続しよう。

久々に二郎で清々しい気持ちで店を出た。