品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

永田町「 蔵六雄山 」まさかの大将不在!つまみと握りを交互に出す酒好きにはたまらないお店!ZOUROKUYUZAN (鮨44軒)

本日はインスタやメディアでも目立っている「蔵六雄山」へ。

いや、目立っているのは小高大将か。

 

店は六本木にあるがただいまリニューアルということで改装中。

現在は永田町にある「ザ・キタノホテル」の地下一階にて営業中。

夏頃に六本木店がオープンするらしく大将はその六本木店へ。

お弟子さんはこの永田町で店を任されるらしい。

 

ザ・キタノホテルは永田町駅から徒歩1分という好立地。

地下へ降りてみるとありました。

f:id:ikkoshinagawa:20190525225254j:image

「蔵六雄山(ぞうろくゆうざん)」の文字がやたらカッコいい。
f:id:ikkoshinagawa:20190525225123j:image

なんと本日は大将が不在。

お弟子さんが握るみたいだ。

19時スタートでお任せコースのみ。

客層は両隣海外の方だ。

 

ビールは瓶のみでエビスビール。
f:id:ikkoshinagawa:20190525225141j:image

めっぽう暑くなってきたのでビールが美味い。

 

まずは挨拶がてらの中トロから
f:id:ikkoshinagawa:20190525225257j:image

鮪は沖縄のもの。

シャリは赤酢を使用し、マイルドながらもほどよい酸が効いたもの。

シャリの温度も暖かく脂の甘みもいい感じに上がってくる。

 

蓴菜
f:id:ikkoshinagawa:20190525225229j:image

秋田の蓴菜とオクラ、数の子

酢が効いててサッパリ。

それぞれ食感を楽しめる。

 

水蛸
f:id:ikkoshinagawa:20190525225216j:image

北海道の水蛸。

ごま油と塩で味付け。

トロッと、そしてねっとりと。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190525225219j:image

チダイを使用。

とろけるように柔らかい。

なかなかここまで柔らかい春子鯛も珍しい。

 

つぶ貝と縞鯵
f:id:ikkoshinagawa:20190525225304j:image

つぶ貝は口に入れた瞬間から貝の甘み爆発。

天然の縞鯵は上品な香りがいい。

 

佐賀「天吹 純米大吟醸 夏色」
f:id:ikkoshinagawa:20190525225128j:image

 

ガリ、ワカメ、海ぶどう
f:id:ikkoshinagawa:20190525225233j:image

ガリは酸味強めの辛味が少し。

甘みはかなり弱い。

 

イカ雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20190525225222j:image

イカも細かく包丁が入っており甘みも十分で雲丹とのマッチングもいい。

 

金目鯛のおろしポン酢
f:id:ikkoshinagawa:20190525225203j:image

かなり脂がのった金目鯛と多めのおろしポン酢。ポン酢でさらに金目鯛の甘さが際立つ。

 

トリ貝
f:id:ikkoshinagawa:20190525225236j:image

 

ホタルイカ
f:id:ikkoshinagawa:20190525225146j:image

焼の香ばしい香りと卵が濃厚。

 

福島「飛露喜 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190525225300j:image

手に入りにくくなっているらしい。

 

白海老の昆布締め
f:id:ikkoshinagawa:20190525225206j:image

ナマコの腸から作る塩辛であるこのわたを和えたもの。

白海老の甘みというよりも塩っけを推した一品。このわたの塩分加減で酒が進む。

 

琵琶湖の稚鮎の天ぷら
f:id:ikkoshinagawa:20190525225213j:image

あえて立たせるように揚げている。

サクサクであとから広がるほろ苦さでまた酒が進む。

 

水茄子の浅漬け
f:id:ikkoshinagawa:20190525225306j:image

泉州の水茄子。瑞々しく、口直し的な一品。

 

本鱒の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20190525225200j:image

とろりとして香りも強め。

薬味の玉ねぎで一層コクを感じる。

 

あん肝の甘煮
f:id:ikkoshinagawa:20190525225248j:image

柑橘で甘くなっている。

食感としてさ豆腐とクリーチーズの中間くらい。

 

山形「十四代 中取り 純米吟醸 赤磐雄町」
f:id:ikkoshinagawa:20190525225150j:image

赤身の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20190525225156j:image

ねっちりとしてフレッシュ。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190525225116j:image

上には玉ねぎをすりおろし醤油をかけたもの。

ワイルドなガッツリとした味に。

肉をイメージしているらしい。

 

マフグの白子

f:id:ikkoshinagawa:20190527173041j:image

カニ餡とキャビアと一緒に。

下にはシャリが少し入っており崩しながらいただく。

キャビアの塩っけがアクセント。



f:id:ikkoshinagawa:20190525225209j:image

中に玉ねぎが入っており一層コクがあるものに。

 

帆立の磯辺焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190525225226j:image

帆立、海苔ともに香ばしい。

中はレアっぽく甘い。これだけ分厚いと食べ応えがある。

 

ムラサキウニ
f:id:ikkoshinagawa:20190525225240j:image

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190525225120j:image

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190525225245j:image

隠し味に豆板醤が入っておりピリ辛

変わった味噌汁だ。

玉子が熱々でとろとろ。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190525225132j:image

口内でトロける。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190525225153j:image

カステラ風の玉子焼き。

 

以上で一通り。

つまみと握りが交互に出てきてお酒を飲みながらゆっくりするにはとてもいい。

大将の握りを食べたわけではないのでなんとも言えないけど美味しかったです。

 

接客に関してはほとんど自らコミニュケーションを取らない感じで大将とは真反対。

まさに味で勝負。

だけど大将のパフォーマンスとのギャップがありすぎてパフォーマンスを求めてる人には少し物足りなさもある。

 

お会計は33000円。

ごちそうさまでした!