品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

高津区にある本当は教えたくない超優良店!「 鮨 福原 」のランチコースはクオリティ高いのに都内の半額!(鮨47軒目)

本日は神奈川県高津区にある「鮨 福原」へ。

約一年ぶりの2回目の訪問。

 

前回の記事↓

www.ikkoshinagawa.com

f:id:ikkoshinagawa:20190529153249j:image

予約は当日の朝。

名前を告げたらちゃんと覚えててくれてたのが嬉しかった。

動画の影響でわざわざ北海道からも来た人もいたんだとか。

いやぁ、有難い…

 

13時入店。本日も予約で満席だ。

みんなランチがお得ということを知っているようだ。

さて、前回は握りのみのコースだったので今回はつまみありのコースにする。

 

イクラと白魚おろしがけ

f:id:ikkoshinagawa:20190529153220j:image

白魚は静岡産。

おろしでさっぱり。

 

帆立の茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20190529153239j:image

なんて優しい出汁だ。

じんわりと旨味を感じる。

 

つまみ数種類

f:id:ikkoshinagawa:20190529153335j:image

蛸の柔らか煮

ホタルイカの酢味噌かけ

ホヤの白和え

クジラベーコンの元を茹でて味噌漬けにしたもの

磯つぶ貝の黒胡椒煮

あん肝の煮付け

鯛のこの旨煮

 

どれも酒好きするもの。

クジラベーコンの茹でたものはいままで食べたことがない食感でおもしろかった。

 

福井県黒龍 吟十八号」
f:id:ikkoshinagawa:20190529153337j:image

 

煮鮑と肝
f:id:ikkoshinagawa:20190529153322j:image

千葉県大原の鮑。

トゥルトゥルでサクッと心地いい食感。

肝はネギと味噌を裏ごししたもので磯の香りもいい。

 

宮城県「墨廼江 600k」
f:id:ikkoshinagawa:20190529153434j:image

 

クロムツ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153356j:image

新島のクロムツ。

脂ののりもいいけどサラッとしてクドさはない。

 

ここから握りに。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153417j:image

最初に甘さと辛さが主張し、後からほのかに酸味も感じるもの。

 

縞鯵
f:id:ikkoshinagawa:20190529153327j:image

鹿児島の天然の縞鯵で10日熟成。

脂がのってて とぅるんとぅるん。

 

シャリは赤酢、米酢、穀物酢を3種類使用しブレンドしている。

ほどよい酸とまろやかさ、米の主張、どれをとってもバランスがいい。

 

福井「早瀬浦」
f:id:ikkoshinagawa:20190529153431j:image

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190529153405j:image

銚子。塩をしてから昆布締めにしている。

香りもよく脂の主張もそこそこに。

身質は上品でポテンシャルの高さが伺える。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190529153437j:image

勝浦の初鰹を藁焼きにしている。

万能ネギを擦ったもので味にアクセントを。

 

鱒の介
f:id:ikkoshinagawa:20190529153401j:image

20日目。

トロンと舌の上を這うのがエロティックだこと。

脂もあるが香りも強い。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153316j:image

鹿児島の144キロの本鮪。

2週間寝かせたものでしっかり水分が抜かれねっとりとして旨味も強い。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153342j:image

霜降りの大トロでワイルドな味わい。

香りというより脂の主張。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20190529153320j:image

編んでくれた。

身が厚くて香りもいい。

 

スミイカ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153344j:image

福島のスミイカ。4日目。

天草の赤雲丹に塩をした塩雲丹がのっている。

雲丹に塩をすることでより甘みが際立ち烏賊のねっとり感との相性もいい。

 

しめ鯖
f:id:ikkoshinagawa:20190529153420j:image

石川のしめ鯖。

旨味が強く脂ののりもいい。

 

トリ貝
f:id:ikkoshinagawa:20190529153427j:image

京都産。プリプリサクサク。

 

本ミルガイ
f:id:ikkoshinagawa:20190529153424j:image

愛知県。サクサクで甘みも強い。

 

福島県会津姫」
f:id:ikkoshinagawa:20190529153413j:image

 

馬糞雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20190529153409j:image

北海道羅臼

直前に塩をふることでさらに甘みを引き立てる。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190529153347j:image

対馬産のこの時期の王道の穴子

直前で炙っている。

ツメを使わずに塩とスダチ

だけどツメじゃないナチュラルな本来の甘さを堪能。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190529153325j:image

熱々で落ち着きます。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190529153351j:image

昔ながらのオーソドックスな玉子焼き。

 

青じそのシャーベット
f:id:ikkoshinagawa:20190529153330j:image

自家製のシャーベット。

甘すぎずシソの風味が爽やかで口の中がサッと一新。

 

以上がランチのおまかせコース。

これでお会計約14,000円。

いかがですか?凄い価格でしょ?

クオリティは都内と変わらないのにこの価格はやっぱり人が来るよな。

 

夜だともう少しネタのクオリティが高いらしい。

ごちそうさまでした!