品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

この日はイサキが一番!派手な演出一切なしの確かな実力!渋谷「 鮨 あい澤 」(7) (鮨屋50軒目)

前回から二ヶ月ぶりの訪問。

七時半予約で満席。相変わらず繁盛してますね。

では端的に食べたものの感想を。

 

蛸の柔らか煮

f:id:ikkoshinagawa:20190612070741j:image

味付けは醤油と酒だけと非常にシンプル。

ムチッとした柔らかい食感と蛸本来の味わいを楽しむ。

 

鰹の藁焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190612070743j:image

藁の焼き加減が絶妙。

あくまで香り付け程度の塩梅が素晴らしい。

 

蒸し鮑
f:id:ikkoshinagawa:20190612070729j:image

こちらも定番のメニュー。

ムチムチっとした食感に鮑の味も濃い。

 

イサキの白子
f:id:ikkoshinagawa:20190612070746j:image

イサキの白子は最高にねっとりトロトロ濃厚クリーミー

コクも凄く一度口の中で甘い広がりをみせると長時間その余韻に浸れる究極の珍味。

フグの白子もいいけどこのイサキの白子も絶品だ。

 

山口県「東洋美人 地帆紅」
f:id:ikkoshinagawa:20190612070735j:image

 

 

とり貝と蝦蛄
f:id:ikkoshinagawa:20190612070732j:image

とり貝を一口食べるとその甘さにビックリする。

最近では「新ばし しみづ」で食べたとり貝も同じ様に甘かった。どんな処理をしているのだろう。

蝦蛄はしっとりと柚子の爽やかな香りがいい。


f:id:ikkoshinagawa:20190612070726j:image


穴子の湯洗い
f:id:ikkoshinagawa:20190612070737j:image

見た目は鱧みたい。

裏っ側は焼いてあるのか?

プリサクの独特な食感に脂も含んでており脂の甘みと梅肉がいいマッチング。

 

中トロ

f:id:ikkoshinagawa:20190612070823j:image

赤身のきめ細かさ、中トロの甘みをそれぞれ併せ持った最高の部位。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20190612070817j:image

凄くサッパリとした夏の鮪。

 

栃木県「仙禽」
f:id:ikkoshinagawa:20190612070810j:image

 

真子鰈
f:id:ikkoshinagawa:20190612070908j:image

鰈独特のムチっとした食感、キメ細かい身質、上がってくる上品な香り、シャリとの一体感。

特に真子鰈の食感と相澤さんの硬めのシャリとのバランスがいい。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190612070837j:image

珍しく沖縄の車海老。

プリッとしているがしっとりとさも。

 

佐賀県「東一」
f:id:ikkoshinagawa:20190612070834j:image

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190612070902j:image

静岡の鮪。脂がまわってはいるがしつこさはなく上品。

 

アオリイカ
f:id:ikkoshinagawa:20190612070847j:image

包丁がとても細かく入れられておりシャリよりも柔らかく甘い。

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190612070853j:image

銚子の金目鯛。

とにかく強い甘みと香りが印象的。

とにかく洗練されていて香りがいい。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190612070850j:image

鯵もだんだんといい時期になってきた。

浅葱と生姜を入れてニンニクっぽい風味を。

 

イサキ
f:id:ikkoshinagawa:20190612070841j:image

今日の一番はイサキ。

身質はキメ細くねっとりとして舌の上でとろける様だ。

甘みも強く上品な香りも素晴らしい。

本日イサキの美味しさを知りました。

 

山形県「東北泉」
f:id:ikkoshinagawa:20190612070820j:image

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190612070905j:image

真鯛の幼魚。

仕事によってチダイと変わらないくらいの柔らかさになっている。

 

甘鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190612070845j:image

なめらかで上品な甘み。

鯛は味がないと思ってる人は是非ともちゃんとした鯛を食べてみてほしい。

 

赤雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20190612070813j:image

壱岐の赤雲丹。

あい澤では雲丹はあまり出ない(あまり仕事をしないのでつまらないそうだ)。

だけどこの様な甘みがかなり強い上玉ならだしてもいいということでたまに出てくる。

あい澤で雲丹が出てきたらラッキーだ。

 

福井県黒龍 吟十八号」
f:id:ikkoshinagawa:20190612070828j:image

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190612070826j:image

ツメと塩の2種類。

まさに今の時期ならではの脂ののりとフワフワ感。

このツメの量も個人的にはちょうどいい。

 

巻物
f:id:ikkoshinagawa:20190612070859j:image

トロと干瓢。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190612070856j:image

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190612070831j:image

 

やはりこの日の一番はイサキか。

そして金目鯛、真子鰈、中トロ。

どれも派手な演出はないが食べまわればまわるほどわかる正確な仕事。

シャリもブレが一切ない。

こうしたお店が最後には生き残っていくんだろうな。