品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

宮崎で鮨と言えばここ!宮崎の超名店「 一心鮨 光洋 」!九州のネタを中心に極上のつまみと握りを堪能!ISSHINZUSHI KOYO (鮨屋51軒目)

本日は「鮨 全国制覇」企画の宮崎編として「一心鮨 光洋」へ。

宮崎の鮨と言えば?と誰に聞いてもここの店の名前があがる。

ちなみに宮崎の鮨部門の食べログでも一位を獲得。

 

羽田空港から宮崎空港まで1時間45分。

ヨーロッパに比べればめちゃめちゃ近いよ。

 

9時15分羽田空港出発。

11時 宮崎空港着。

そこからJRで宮崎空港から宮崎駅まで10分。

宮崎駅からは徒歩10分ちょいなのでアクセスはいい。

f:id:ikkoshinagawa:20190518141936j:image

雨だったのでタクシーで向かう。

乗車時間は5分ほど。

外観がかなり立派だ。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141758j:image
f:id:ikkoshinagawa:20190518141931j:image

店内は60人も入れるほどでかい。

45年ほど営業している老舗店。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141917j:image

コースは何種類か選べるがどうせなら一番高い15,000円のを選択。

 

ネタは九州でだいたい揃ってしまうので豊洲を通すのは鮪ぐらいの様だ。

大将は積極的に話すタイプではないが聞けば丁寧に答えてくれる。

無駄なことは話さないまさに職人さんといった感じ。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190518141813j:image

ガリは酸味、甘みタイプ。

辛さは控えめ。

 

稚鮎
f:id:ikkoshinagawa:20190518141803j:image

今が一番美味い時期の鮎。

パリパリっと香ばしく。

 

クエ
f:id:ikkoshinagawa:20190518141910j:image

20キロ台のクエ。

 

トウモロコシのすりながし
f:id:ikkoshinagawa:20190518141959j:image

トウモロコシをすり流したものを固めて上には昆布だしのジュレをかけたもの。

さらにその上に宮崎のムラサキウニを。

まるでパフェみたい。

クリームの様にまろやか。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141829j:image

 

クエ
f:id:ikkoshinagawa:20190518141952j:image

岩塩にしゃぶしゃぶして山葵を間に入れていただく。

ムチムチの食感に脂の甘みがフワッと上がってくる。

 

京都「澤屋 まつもと」
f:id:ikkoshinagawa:20190518141905j:image

 

バカラのグラスが美しい。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141819j:image

食器などもかなりお金がかかっている。

 

うざく
f:id:ikkoshinagawa:20190518141924j:image

鰻とキュウリの酢の物。

鰻のパリパリとキュウリのシャキシャキ。

脂の甘味と酢の酸味の対比がいい。

 

アオサの茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20190518141809j:image

ベースは地鶏の卵を使用。

香りに少しフォアグラが入っていていつも食べる様な茶碗蒸しとは深みが違う

 

三重県而今 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190518141826j:image

 

甘鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190518141843j:image

貝のスープをかけてもらう。

f:id:ikkoshinagawa:20190518141748j:image

甘鯛は鱗ごと焼いておりパリパリ。

だけど身はホクホク。

貝出汁との相性も抜群でフワッと香りが上がっていく。

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190518141939j:image

福岡産。

身質がかなり柔らかく脂もかなり乗っている。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190518141754j:image

勝浦産。

中トロと赤味の中間でとにかく味が濃い。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20190518141920j:image

〆加減もいい。

握りを硬くすることによってシャリはより酸味を感じるようになる。

逆に鮪だとかは軽く握って空気量を増やしてあげるんだとか。

 

宮崎牛
f:id:ikkoshinagawa:20190518141834j:image

緑色のものは山椒を叩き込んで味噌と合わせたもの。

肉は余計な脂身はなく、かみしめる度に旨味が増していく。

 

宮城県「小僧佐藤農場 純米吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190518142003j:image

 

コウイカ

f:id:ikkoshinagawa:20190518155052j:image

シャキシャキっとしてやわらかく甘い。

 

イサキ
f:id:ikkoshinagawa:20190518141816j:image

身質が細かく、柔らかく口内でとけていく。

脂もとても上品。これは本日の中でもかなり好きだ。

 

赤貝
f:id:ikkoshinagawa:20190518142010j:image

かなり大き目の赤貝。

口いっぱい赤貝が暴れまわる幸福。

香りもいい。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190518141853j:image

ここでは海老を醤油を漬け込んで3日間寝かせる。

40gと食べ応えあり。

しっかりとプリプリの中間で甘みは抜群。

 

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190518141914j:image

対馬

 

赤だし
f:id:ikkoshinagawa:20190518142007j:image

沁み込む。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190518141956j:image

白身を入れたもの。

水分気は少なめのカステラ系。

 

キャビア
f:id:ikkoshinagawa:20190518141927j:image

ここにきたら頼まざるを得ないのがキャビア巻き。

オリジナルキャビアで塩分濃度は普通のキャビアの半分くらい。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141948j:image

この塩分濃度なら海苔とシャリとの調和を堪能できる。

普通のキャビアならしょっぱくて調和どこではない。

 

太刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20190518141838j:image

表面だけ軽く焼いて中はレアの状態。

 

柚子シャーベット

f:id:ikkoshinagawa:20190518141945j:image

ここにシャンパンを。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141823j:image
f:id:ikkoshinagawa:20190518141856j:image

一気にオトナな味に。

シャンパンが入ることによって清涼感とさっぱりさが増す。

 

以上お会計は24,900円。

圧倒的満足度。宮崎まで来てよかった。

さて、これから東京に戻ります。
f:id:ikkoshinagawa:20190518141806j:image

ごちそうさまでした!