品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

人形町「 吉星 」にて存分に鮎料理を堪能してきた!

6月ということで本日は鮎料理を食べに人形町にある「吉星」へ。

会席料理のお店で季節ごとに旬の食材を使った料理が提供される。

 駅からは徒歩3~4分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20190604070635j:image

昭和30年に開店なのでなかなかの老舗店だ。

外観は相当立派。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070620j:image

では、入ってみますか。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070612j:image

店内はカウンター、掘りごたつ、座敷など様々。

今回は個室席。

まずはビールで乾杯。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070543j:image

以外、いただいたコース料理。

 

 

 

突出し
f:id:ikkoshinagawa:20190604070628j:image

ジュンサイ胡麻豆腐。

ツルツルプチプチとトロントロン。

この二つの食材の食感の合わせ技が面白い。

 

お吸い物
f:id:ikkoshinagawa:20190604070606j:image

焼き湯葉、鮎魚女を優しいお出汁と共に。

 

お造り
f:id:ikkoshinagawa:20190604070625j:image

一口食べたらわかる質の高さ。

アオリイカは細かく包丁が入っていて甘味抜群。

マコガレイは肝と一緒に。コリコリっとした心地よい歯応えと肝のコクが凄い。

本鮪は香り強く甘味もいい。

このレベルの刺し身って居酒屋ではまず出てこないんだよな。

 

焼き物
f:id:ikkoshinagawa:20190604070546j:image

若鮎

琵琶湖の鮎は藻やプランクトンの関係でこれ以上大きくならないらしい。

食べるのにちょうどいいサイズ。

 

ただ焼くだけではなく泳いでいる躍動感を演出。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070622j:image

こうして見ると結構グロい。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070556j:image

こちら蓼(たで)。

蓼をすり潰して酢でのばしたものを「蓼酢」といい、鮎にはかかせない薬味となる。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070641j:image

ではさっそく蓼酢につけていただきます。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070631j:image

身はふっくら。ワタのほろ苦さ。蓼酢のピリ辛加減。

香りが広がり酒が進む。この上ない幸せ。

 

 

 

八寸
f:id:ikkoshinagawa:20190604070559j:image

車海老と雲丹のゼリー寄せ。

雑魚。

鰻の八幡巻き。

新梅のシロップ煮など。

美味しいものをすこしづつ。

こちらもお酒が進みます。

 

炊き合わせ
f:id:ikkoshinagawa:20190604070553j:image

冬瓜、蛸、里芋。

蛸のやわらか煮はまさに「和食の蛸」といった感じで和風味が素敵。

鮨屋だと塩茹でだからたまにはこういうのもいいな。

 

稚鮎
f:id:ikkoshinagawa:20190604070603j:image

まるで泳いでいるかの様だ。

まぁ、そういう風に演出してるんだけど。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070609j:image
f:id:ikkoshinagawa:20190604070549j:image

この稚鮎の苦味がクセになる。

 

 

 

食事
f:id:ikkoshinagawa:20190604070540j:image

しば漬けと大葉を混ぜていただく。

丼を開けた瞬間大葉の上品ないい香りが上がってくる。
f:id:ikkoshinagawa:20190604070638j:image

ポリポリっとした食感と香りが秀逸な一杯。

 

デザート
f:id:ikkoshinagawa:20190604070617j:image

ゼリーと果物。

 

お会計はお酒を何合か飲んで1人約2万円。

鮎中心の和食でどれも美味しくいただけました。

他にも季節によってフグや蟹なども出るみたいだから四季折々楽しめる。

ご馳走様でした!