品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数10万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

長野県で出会った鮨屋「 すし崇 」は凄まじく攻めた熟成鮨をいただける唯一無二の店!(鮨屋60軒目)

昼に山梨の「いづ屋」へ訪問し夜飯は長野県にある「すし崇」へ。

なんだかんだ乗り換えしながら山梨市駅から3時間もかかって長野駅へ。

となりの県なのにこんなに時間がかかるのか…

 

長野駅から店まで約2キロとなかなかの距離。

予約時間までまだ1時間ほどあるので腹を空かせるために歩くとする。

 

この善光寺への表参道は歩いてると色々お店があるので飽きないが結構距離があるのでタクシーがおススメ。

18時入店。

f:id:ikkoshinagawa:20190809220718j:image

平日のオープン直後なので一番のり。

店内は凛としていてとても静かな空間だ。

大将は寡黙?な感じ。

 

まずはビールで喉の渇きを潤す。
f:id:ikkoshinagawa:20190809215925j:image

山葵はこの様な器に入って出てくる。

お好みで。
f:id:ikkoshinagawa:20190809215609j:image

 

 

 

蛸の桜煮
f:id:ikkoshinagawa:20190809215558j:image

しょっぱなから驚かされた。

ホロホロっと口内で崩れるほど柔らかい。

蛸ってこんなにも柔らかくなるのか。

 

つぶ貝
f:id:ikkoshinagawa:20190809215919j:image

コリコリの食感と噛めば噛むほど甘味が増してくるのがたまらない。

 


f:id:ikkoshinagawa:20190809215754j:image

ねっとりとして旨味も強い。

コクも十分です。

 

長野県「大信州
f:id:ikkoshinagawa:20190809215613j:image

ふくよかな味わい。

 
アブラボウズの味噌焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190809215555j:image

器が熱々なのが素敵。

脂ののりもよく味噌のコクと相まって旨味も抜群。

 

 

 

水茄子
f:id:ikkoshinagawa:20190809215807j:image

自家製のノリと共に。

 

茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20190910142930j:plain

熱々で出汁も効いてます。

 

中落ちのたたき山芋和え
f:id:ikkoshinagawa:20190809215629j:image

鮪の脂の甘味に山芋のトロっとした食感。

山葵もいいアクセント。

 

海老味噌
f:id:ikkoshinagawa:20190809215929j:image

これまた凄いのが出てきた。

塩と醤油だけで味付けをして2年継ぎ足ししたもの。

海老味噌の独特な香りとまろやかさが素晴らしい。

酒の当てとしても最高。

 

さて、つまみはここまで。

クオリティも高く一品一品手が込んでいるのがわかる。

この辺りから大将と打ち解け始め話が弾んでくる。

なんだ、話好きじゃないか。

ここからは握りへ。

 

 

 

クエ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215603j:image

10日目。しっとりとして程よく脂ものっている。

熟成させているのでねっとり感も旨味も増している。

シャリは赤酢でかなりまろやかなもの。

 

イシカゲ貝
f:id:ikkoshinagawa:20190809220011j:image

宮城産。見事なみずみずしい食感。

これも寝かしてるのだろうか?

甘味も強い。

 

太刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20190809215642j:image

こちらも10日目。

完全に焼いた太刀魚とシャリを合わせたもの。

ホロホロっとして香りもいい。

柚子胡椒がいいアクセント。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215606j:image

酸味と甘味の主張するもの。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20190809215828j:image

2週間寝かしたもの。

やはりねっとり感が凄く香りも強い。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215950j:image

1か月熟成。

味噌溜まりを使用し鮪の節などで味付けした液体で漬けている。
もはや独特なコクはこれまで食べた事がなく例えようがない。

 

 

 

イクラ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215637j:image

こちらも先ほどの鮪と同じ味噌溜まりで漬けたもの。

 

10年目のガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215747j:image

変わったガリがあるとのことで特別に出してもらった。

生姜の尖った感じがなくなりとてもまろやかな味になっている。

食感も通常のガリよりも柔らかい。

なんだかガリじゃないみたいだ。

 

フエダイ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215932j:image

フエダイは3週間熟成。

直前にクルミ醤油に漬け込んだもの。

噛み締めてるとクルミの香りがかすかに上がってくる。

しかもちゃんとアシストにまわっておりちゃんと味の相乗効果になっているのが見事。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20190809215624j:image

えびおぼろ漬け。

甘みとコクがあるもの。

 

小鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190809215549j:image

3週間。こちらもおぼろ。

いつも食べるフレッシュな春子鯛と食感が大いに異なる。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190809215617j:image

海老入りの味噌汁。

見た目通り美味。

 

 

 

アカイカ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215955j:image

アカイカは2週間熟成。

胡麻に馬糞雲丹が乗っているスペシャルなやつ。

包丁もとても細かく入っておりイカと雲丹が一体となる不思議な感覚。

 

ムラサキウニ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215708j:image

巻いているのはキュウリ。

ねっとりとした雲丹とシャキシャキのキュウリの不思議な食感の組み合わせ。


カマヒレ下中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190809222318j:image

軽く炭火焼しておりまるで肉を彷彿とさせるパンチのある一品。

 

カマトロ
f:id:ikkoshinagawa:20190809215942j:image

塩が乗っており脂の甘みを一層引き立てる。

何日熟成か聞き忘れた。

 

煮鮑
f:id:ikkoshinagawa:20190809215634j:image

中に鮑の肝が入っていて2年継ぎ足しのもの。

握りの最後ということでかなりガッツリめにはいっていて肝の味も濃い。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190809215713j:image

魚のすり身が入った卵焼きは、カステラのような仕上がり。

 

以上がコース。

基本は熟成だけどただの熟成の枠にとらわれないだいぶ攻めた握り。

大将のロックな所はとても好感が持てました。

最初は寡黙な方なのかなと思ったけど徐々に打ち解けてきて最後は鮨の話で大盛り上がり。

まさか長野県でこんなにも攻めた鮨屋に出会えるとは。

(必ずしも全員に攻めた鮨を出すわけではない)

ごちそうさまでした!