品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数12万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

六本木「 鮨 由う 」にて3時間超えの尾崎劇場を堪能!色んな意味でお腹いっぱいになった… (鮨屋56軒目)

2ヶ月ぶりの「鮨 由う」。

六本木駅より徒歩5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20190721002237j:image

本日は20時15分からの二部にお邪魔する。

 

嶺岡豆腐
f:id:ikkoshinagawa:20190721002135j:image

牛乳、生クリーム、トウモロコシで作った嶺岡豆腐。

ねっとりとした食感にトウモロコシの嫌みのない甘さが印象的。

 

岩もずく
f:id:ikkoshinagawa:20190721002145j:image

沖縄県産の岩もずく。

酸味がありさっぱりと。

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20190721002148j:image

煎り酒の中に平目が入ったもの。平目は青森県産。

煎り酒は日本酒、梅干し、かつお節を煮詰めて作った自家製の調味料。

醤油にはないコクと酸味がなんともいい。

 

福井県「早瀬浦 純米酒
f:id:ikkoshinagawa:20190721002102j:image

 

 

 

ノドグロ「紅瞳」
f:id:ikkoshinagawa:20190721002228j:image

長崎県対馬ノドグロ

中でも脂がさらにのっている「紅瞳」というブランド。

「圧倒的な脂」とはまさにこのこと。

 

岩牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20190721002219j:image

鹿島の岩牡蠣

こちらももの凄いデカい牡蠣。

プリプリでクリーミー。牡蠣が苦手な人に是非食べさせたい。

 

秋田県「山本 ツーアウトフルベース」
f:id:ikkoshinagawa:20190721002114j:image

キレと酸味がある酒。

 

オリジナルキャビア
f:id:ikkoshinagawa:20190721002020j:image

通常のキャビアよりも塩分濃度を抑えたオリジナルのキャビア

 

毛ガニ・雲丹・キャビア
f:id:ikkoshinagawa:20190721002109j:image

海苔、シャリ、毛ガニ、雲丹の上にオリジナルキャビアを乗せたもの。

 

 

 

煮蛸
f:id:ikkoshinagawa:20190721002155j:image

佐島の煮蛸。ムチっとして甘い味付け。

 

秋田県「山本 逆転サヨナラ満塁ホームラン 純米大吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190721002003j:image

 

帆立の茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20190721002213j:image

ぐちゃぐちゃに混ぜて出汁を飲むような感じでいただく。

熱々でほっと落ち着く一品。

 

鰹・メジマグロ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002120j:image

藁で燻した気仙沼産の鰹、岩手県産のメジマグロ。

福井の「地からし」と一緒に。

香り豊かで特にメジマグロは脂ものっている。

 

福井県黒龍 大吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20190721001957j:image

 

殻付きの雲丹(映りたがりの2人)
f:id:ikkoshinagawa:20190721002042j:image

 

 

 

平貝
f:id:ikkoshinagawa:20190721002112j:image

シャリシャリの平貝は焼いてるので甘味がましている。

海苔の香りもいいです。

 

新作
f:id:ikkoshinagawa:20190721002013j:image

青森県のキタムラサキウニの中に中落、白海老キャビアが入ったもの。
f:id:ikkoshinagawa:20190721002225j:image

見た目通り、そりゃうめぇよ。

 

三重県「作 IMPRESSION N 純米大吟醸原酒」
f:id:ikkoshinagawa:20190721002031j:image

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002216j:image

 

三重県而今 特別純米
f:id:ikkoshinagawa:20190721001947j:image

 

 

 

追加メニュー
f:id:ikkoshinagawa:20190721002000j:image

定番のプリン巻き
f:id:ikkoshinagawa:20190721001944j:image

あん肝を裏ごししてシャリと混ぜキュウリと一緒に。

濃厚で甘味のあるあん肝にシャリっとしたキュウリがまたいい。

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002023j:image

先ほどの「紅瞳」の握り。

皮目を炙っているのでとにかく香りがもの凄く、脂も圧倒的。

一貫目からかなりの攻撃力。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190721002011j:image

チダイの幼魚。

身は昆布締め、皮目は湯引き。

とてもみずみずしく身も柔らかい。

 

宮城県「日高見」
f:id:ikkoshinagawa:20190721002045j:image

 

 

 

新烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20190721002222j:image

上に乗っているのは塩。

ねっとりと甘味が強く。

 

桜鱒
f:id:ikkoshinagawa:20190721002152j:image

青森県産の4.2キロの桜鱒の漬け。

トロトロっとした舌触りもよく香りも強い。

 

甘鯛
f:id:ikkoshinagawa:20190721002048j:image

山口県産の甘鯛。

しっかり水分を抜いてから昆布締めにしており、ねっとりとして旨味も強い。

 

シマアジ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002035j:image

津本式で血抜きを行い仕込んで4日目。

香りと脂のバランスがいい。


玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190721001954j:image

胡麻油の香りなんともいい。

大根おろしと共にさっぱりとした玉子焼き。

 

 

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20190721002038j:image

本日はボストン産の鮪。140キロ。

ボストン産なので夏の鮪とか関係ないようだ。f:id:ikkoshinagawa:20190721002124j:image

 

福岡県「三井の寿 山田錦
f:id:ikkoshinagawa:20190721002208j:image

ダブルA面ラベル。

そしてスラムダンクの「三井寿」の元になったお酒。
f:id:ikkoshinagawa:20190721002230j:image

辛口の「+14」は三井寿の背番号になっている。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002105j:image

脂もしっかりとのっている。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20190721002205j:image

とにかく濃厚でガツンとパンチのあるもの。

 

 

 


f:id:ikkoshinagawa:20190721002056j:image

大阪湾。

上のは生姜とアサツキ。

脂ののりもよく香りもいい。

 

新子
f:id:ikkoshinagawa:20190721002127j:image

三匹づけなので処理も通常の小肌の3倍ということになる。

もはやこの時期の鮨屋の心意気だ。

 

福井県黒龍 しずく」
f:id:ikkoshinagawa:20190721001940j:image

 

馬糞雲丹

f:id:ikkoshinagawa:20190810183142j:plain

とにかく盛りが凄い。

甘味があって雑味がなくクリアな味。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20190721002117j:image

本日玉子二つ目。

芝海老入りでカステラの様。

 

 

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20190721002017j:image

江戸前の小柴の穴子で何千本の中から選び抜かれた一本。

上質な脂、身質もよく口内で溶ける溶ける。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20190721002132j:image

 

どうせなら追加で「鮪全部巻き」を。
f:id:ikkoshinagawa:20190721002026j:image

凄いこになってる・・・
f:id:ikkoshinagawa:20190721002203j:image

こんなの見たことない笑
f:id:ikkoshinagawa:20190721002138j:image
f:id:ikkoshinagawa:20190721002059j:image

 

全部巻き
f:id:ikkoshinagawa:20190721002053j:image

赤身、中トロ、大トロ、中落と全て入ったもの。

f:id:ikkoshinagawa:20190721002234j:image

こうしてはみ出るのが特徴らしい。
f:id:ikkoshinagawa:20190721002007j:imagef:id:ikkoshinagawa:20190721002159j:image

見た目通りの味です。

最高に美味しいです。

これを一発目で食べたかったくらい。
f:id:ikkoshinagawa:20190721002141j:image

お会計は一人35,000円。

いつの間にか三時間を超え色んな意味でお腹いっぱいになったのは尾崎大将のトークもボリューム満点だったから。

ごちそうさまでした!