品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【宅麺】元ラーメン二郎 町田店の店主が静岡でオープンさせた「 らぁめん大山 」の極太麺を自宅にて食らう!

本日は初めて「宅麺」を頼んでみた。

今まで存在は知っていたけど前から気になっていた静岡県にある二郎インスパイア「らぁめん大山」も販売していることを知って早速購入。

 

らぁめん大山」は元「ラーメン二郎 町田店」の店主が静岡県でオープンさせた二郎系の店である。

ちなみに「ラーメン二郎 町田店」の助手が新たにオープンさせた店が「蓮爾」である。

だから「らぁめん大山」と「蓮爾」ってある種、兄弟みたいなものなのかな。

 

注文の翌日には早速送られてきた。

 

 

 

らぁめん大山 1,000円+送料 1,020円

f:id:ikkoshinagawa:20190818193625j:image

送料の方が価格が高いのが気になったが静岡県までいく交通費や労力を考えればまぁ仕方ないか。

f:id:ikkoshinagawa:20190818193546j:image
f:id:ikkoshinagawa:20190818193638j:image

内容物としてはスープと麺のみ。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193635j:image

店のスープと麺を冷凍させたもの。

冷凍する事によって風味が落ちるものは採用していないとのことでお店のそのままの味が楽しめる。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193642j:image

よく見ると豚が一つ入っている。

 

麺はもの凄く太く蓮爾を彷彿とさせる。

うどんみたいだけどかんすいが入ってるのでギリラーメンだ。

f:id:ikkoshinagawa:20190818193543j:image

 

 

 

トッピングとしてモヤシ、キャベツ、ニンニク、ブロック肉を購入してきた。

これで約1,000円。

f:id:ikkoshinagawa:20190820152459j:image

まずは豚を味付けし、圧力鍋で調理。

とても柔らかく完璧な味付けの豚が出来上がった。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193555j:image

酒の肴に最高。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193618j:image

野菜を茹でる。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193536j:image

スープを温める(約15分)
f:id:ikkoshinagawa:20190818193628j:image

同時に麺も茹でる(約15分)
f:id:ikkoshinagawa:20190818193613j:image

15分の茹で時間とはさすがだ。

丼も温め、熱々のスープを入れる。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193657j:image

ここに麺、豚、ヤサイ、刻んだニンニクを入れて完成。

 

 

 

らぁめん大山の宅麺 約3,000円
f:id:ikkoshinagawa:20190818193631j:image

まさか自宅で二郎系がいただけるとは…
f:id:ikkoshinagawa:20190818193558j:imagef:id:ikkoshinagawa:20190818193540j:image

なんだか作っただけで満足。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193621j:image

ニンニクは少し粗かったか。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193652j:image

では早速いただこう。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193608j:image

 

 

 

麺はまさに蓮爾の麺だ。f:id:ikkoshinagawa:20190818193602j:image

麺を噛むとググッと中心にいくにつれて芯が残る感じ。

これは嬉しい。

いや、らぁめん大山なんだけど蓮爾とそっくり。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193701j:image

スープは蓮爾とは違いかなりあっさりだ。

添加物が入っていないようでむしろクリアな醤油スープ。

正直言うとこの麺ならもうちょいパンチが欲しいところ。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193549j:image

ニンニクも相まってジャンクさは増す。

豚も圧力鍋のおかげでかなり短時間で柔らかく、味もしっかり染みている。
f:id:ikkoshinagawa:20190818193645j:image

楽しんで作ったが豚を入れすぎて少々最後の方は苦しくなったがなんとか完食。

 

宅麺、これから色々と試してみようかな。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com