品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

玉子焼きが進化してから初訪問!「 鮨 あい澤 」(9)は今回も全てにおいて最高でした!(68軒目)

1ヶ月ちょっとぶりの「鮨 あい澤」。

www.ikkoshinagawa.com

その間に相澤大将から「玉子焼きが進化しました」と聞いていたので楽しみにしてきた。

f:id:ikkoshinagawa:20191106233525j:image

特に今回はかなり飲むメンバーと行ったので酒の種類多すぎなのはご容赦くださいネ。

 


f:id:ikkoshinagawa:20191106233441j:image

藁焼きにしたもの。

皮目の香ばしさと脂の甘み、スモーキーさと鰹の香り、鉄分がなんとも絶妙。

 

平目とあん肝ソース
f:id:ikkoshinagawa:20191106233559j:image

平目をこのあん肝ソースにつけていただく。
f:id:ikkoshinagawa:20191106233629j:image

このあん肝ソース、とにかくコクが素晴らしい。

浅葱も相乗効果でニンニクっぽい風味となる。

ちびちびと舐めながら酒が永遠と飲める。
f:id:ikkoshinagawa:20191106233412j:image

そして平目の昆布締めは割と味がしっかりめなので山葵だけでも十分うまい。

ここにあん肝ソースを絡めていただく。

もうたまらん…

 

山形県「栄光富士 熟成蔵隠し 純米大吟醸無濾過生詰原酒」
f:id:ikkoshinagawa:20191106233431j:image

 

 

 

鰤しゃぶ
f:id:ikkoshinagawa:20191106233447j:image

大根おろしを鰤を包んだもの。

肉厚で脂ものりまくり。

口内でとろけると共にサッパリとした大根おろしで調和。

 

福島県写楽 備前雄町 純米吟醸生」
f:id:ikkoshinagawa:20191106233612j:image

甘み強めのボディ重め。

なかなかパンチがある。

 

東京都「江戸開城 純米吟醸 原酒」
f:id:ikkoshinagawa:20191106233416j:image

港区のお酒。こちらは「写楽」と逆のベクトルで酸味が強く爽やかな印象。

 

白子のトリュフオイル
f:id:ikkoshinagawa:20191106233510j:image

食べる前からトリュフオイルの芳醇な香りがしてくる。

究極的にクリーミーでトロンと滑らかな白子が舌を覆う。

江戸開城の酸とも合うな。

 

岩手県「月の輪 金山坑道熟成 純米吟醸酒
f:id:ikkoshinagawa:20191106233547j:image

 

 

 

あん肝の煮付け
f:id:ikkoshinagawa:20191106233504j:image

濃い味付けなのにちゃんと肝の旨味がある。

今日のあん肝めちゃめちゃクリーミー

ここまでクリーミーなのはこのお店位じゃないかな。

 

ここから握りへ。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20191106233406j:image

一発目から中トロとは。

身質のきめ細かさ、香り、脂、シャリの酸と全てにおいて完璧。

とにかくこの店のシャリは咀嚼する楽しみがある。

一貫目から完璧に仕上がったものが出てきた。

 

宮城県「一ノ倉 無鑑査本醸造 超辛口」
f:id:ikkoshinagawa:20191106233604j:image

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20191106233359j:image

塩釜。

力強い。大トロは噛めば噛むほど味が出るもの。

そしてまた言うけどシャリが美味い。

大トロが甘ければ甘い程シャリの酸が活きる。

 

甘鯛
f:id:ikkoshinagawa:20191106233434j:image

大分の甘鯛。

トロンと滑らかな舌触り。

咀嚼していくごとにどんどん甘くなる。

というかめちゃめちゃ甘くてここまで味が濃いのもなかなかない。

今日の甘鯛の仕上がり凄い。

 

愛知県「醸し人九平次 山田錦
f:id:ikkoshinagawa:20191106233427j:image

 

 

 

帆立
f:id:ikkoshinagawa:20191106233424j:image

帆立のひもなどでとったエキスに漬け込んで醤油で炙ったもの。

ホロリと口内で崩れ具合良く、火入れによる甘みも強く味も濃い。

 

鰤カマの手ごね鮨
f:id:ikkoshinagawa:20191106233516j:image

塩焼きにした鰤カマを酢飯と混ぜたもの。

これ、理屈抜きにして美味い。

鰤も脂推しじゃなく、ネギとゴマの香りの相乗効果もいい。

そして改めてシャリの旨味を再確認できる一品。

 

鰆の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20191106233529j:image

6日ほど寝かせた鰆。

こちらもトロンとシルキーな舌触り、身質もかなり柔らかく旨味が濃い。

皮は炙ってあり、いいアクセントとなっている。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20191106233459j:image

鮪の鉄分が心地いい。

鮪だとさらにシャリに意識がいく。

 

ホッキ貝
f:id:ikkoshinagawa:20191106233450j:image

肉厚でプリプリの食感。

貝ってこのように大きい方が満足度は高い。

甘みも強いです。

 

ホッキ貝のひも
f:id:ikkoshinagawa:20191106233626j:image

ひもの方が味が濃くいい酒の当て。

 

高知県船中八策
f:id:ikkoshinagawa:20191106233403j:image

 

 

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20191106233453j:image

シャリの温度が上がり脂と香りが主張。

寝かせてあるので脂が身にまわり嫌な脂は一切感じない。

余韻が長くいつまでも味わっていたい…

 

秋刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20191106233556j:image

これも旨味が強く、脂よりも香り。

ニンニクっぽい風味なのは中に浅葱が入っているからか。

 

愛知県「醸し人九平次 山田錦 別誂」

f:id:ikkoshinagawa:20191106233521j:image

 

イクラ
f:id:ikkoshinagawa:20191106233536j:image

プチッとトロンとイクラのエキスが舌を覆う。

 

東京都「澤乃井 大辛口」
f:id:ikkoshinagawa:20191106233615j:image

 

 

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20191106233553j:image

溶け具合、旨味強い。

最後はシャリの余韻が残る。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20191106233541j:image

玉子焼きのニューバージョン。

黒糖にきな粉という斬新な玉子焼き。

生地はかつてないほどフワフワに仕上がっている。

もはや、上質なお菓子。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20191106233608j:image

様々な魚の出汁を使った味噌汁はかなり旨味が出たもの。

 

以上が本日のコース。

なんだか毎回記録更新していってる感じだ。

来るたびに進化している。

やけにベタ褒めなレビューとなったが決して色眼鏡でみてるわけではない。

純粋にレベルの高さに感動している。

というかこの凄さがわからないのは何なのか?

確かに硬めのシャリは好みが分かれそうだがもっと評価されるべきだと思う。

世間って単にわかりやすいパフォーマンスの店ばかりに話題がいきがちだがこうしてひたすらシンプルに美味いものを出し、日々研究してる店はもっと評価されるべき。

 

ごちそう様でした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com