品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

錦糸町の「 創作鉄板 粉者東京 」は高級鉄板焼き屋のほぼ半額で同クオリティのものがいただけるお店!

本日は錦糸町にある「創作鉄板 粉者東京」へ。

こちらのお店のキャッチコピーは「高級鉄板焼きやホテルの鉄板焼きと同じクオリティのお料理を相場のぼぼ半額でご提供!」というインパクトあるもの。

本店は千葉県の船橋。こちらの錦糸町店は姉妹店にあたる。

場所は錦糸町駅からは徒歩5分ほど。

なんとラブホテルの真横という凄い立地。

f:id:ikkoshinagawa:20191117111725j:image

コースがいくつかあるが7,980円のシャトーブリアンのコースはほぼ赤字覚悟ということでどうせなら本日はこちらにする。


シャトーブリアン 至高コース 10品」

以下、いただいた料理。 

 

 

 

和牛のトマトスープ
f:id:ikkoshinagawa:20191117111728j:image

最初はスープから。トマト感はあまり感じないが出汁が効いたもの。

牛肉もホロホロで柔らかい。

 

粉者サラダ
f:id:ikkoshinagawa:20191117111739j:image

山芋と自家製ドレッシングを混ぜていただく。

サラダに山芋とは少し変わってて面白い。

 

牡蠣のワンスプーン
f:id:ikkoshinagawa:20191117111745j:image

ソースとマヨネーズ、青海苔がかかった焼いた牡蠣。

店員さんが目の前で注射器でトリュフエキスを注入してくれる。

上のパリパリは春巻きの皮のお焦げ。

牡蠣と芳醇なトリュフエキスの組み合わせは間違いないわな。

 

和牛の出汁しゃぶ
f:id:ikkoshinagawa:20191117111700j:image

目の前で店員さんがフカヒレ出汁のスープをかけてくれる。

f:id:ikkoshinagawa:20191117111752j:image

薬味を包んでいただく。

和牛はフワフワの食感。

出汁も優しく牛の甘みもいい。

 

 

 

和牛の握り寿司
f:id:ikkoshinagawa:20191117111736j:image

蟹と雲丹の2種類。
f:id:ikkoshinagawa:20191117111656j:image

雲丹は甘くて普通に美味しい。

どちらも映える。お皿も映える。

 

和牛のステーキサンド
f:id:ikkoshinagawa:20191117111708j:image

目の前で自家製のマスタードソース、フライドオニオン、ブレンドソース、野菜のソースをかけてサンドしてくれる。

部位はサーロイン。

赤身肉の旨味はあるが少々スジばっている。

まぁ値段が値段なので仕方がない。

 

柚子味のソルベ
f:id:ikkoshinagawa:20191117111716j:image

口直しとしてソルベが提供された。フレンチだよね?

スプーンの刺し方が斬新。

枡に入ってるのが面白い。

 

オリジナルワイン
f:id:ikkoshinagawa:20191117111748j:image

f:id:ikkoshinagawa:20191125184926j:image

当然ラベルもオリジナル。

 

シャトーブリアンのステーキ
f:id:ikkoshinagawa:20191117111652j:image

自家製マスタード、塩、山葵。器には「肉」の文字が。
f:id:ikkoshinagawa:20191117111705j:image

めちゃめちゃ柔らかく、そして脂っこくもない。

まぁ、シャトーブリアンなので説明いらないか。

確かに金額から言ってもこれはなかなかお得。

 

 


ふわ焼き
f:id:ikkoshinagawa:20191117111647j:image

名物の日本一軽いお好み焼き「ふわ焼き」。

これは確かに軽くて美味い。

お好み焼きが口の中で溶けていく。

どうやって作ってるんだろ。

これなら永遠といけそう。

 

和牛の出汁茶漬け
f:id:ikkoshinagawa:20191117111720j:image

どの部分だろう?レア気味でとても柔らかく浮いていない。

咀嚼していくと和牛の旨味と出汁が合っている。

なかなか独創的だ。

 

お菓子
f:id:ikkoshinagawa:20191117111711j:image

最後は甘味で締める。

 

鉄板焼きというよりは肉を使った創作料理がメイン。

コースのテンポはかなりよい。

ゆったり飲みながらという感じではないのかも。

目の前でのパフォーマンスはいま流行りの映え系。

金額の範囲内でいかにオリジナリティとインパクトを与えられるかよく考えられている。

 

お金はそこまで払えないが高級店の雰囲気を味わいたい人には最高かと。

ごちそうさまでした!