品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数15万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

蒲田の超人気家系ラーメン店「 らーめん飛粋 」は従来の家系ラーメン像をぶっ壊すネオ家系だった!(198杯目)

本日は蒲田にある家系ラーメンの超超超人気店「らーめん飛粋」へ。

2018年2月にオープン。

都内の家系ラーメンの中でかなり話題となっているお店。

蒲田駅東口より徒歩3分。

f:id:ikkoshinagawa:20191130163643j:image

屋号に「家」と書いてない。

一見、和食屋さんにも見える。

あの家系ラーメン特有の主張強めで派手な看板は皆無。

f:id:ikkoshinagawa:20191130163633j:image

撮影ということで時間をズラしてお邪魔する。

 

 

 

メニュー
f:id:ikkoshinagawa:20191130163554j:image

せっかくなのでここは「特製らーめん もも」にする。

店主は家系ラーメン店で修行はしたが修行先の味ではなく全くのオリジナルの一杯だという。

爽やかで腰が低く、おまけに見た目もイケてる。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163640j:image

茹でもちゃんと平皿だ。

 

特製らーめん もも 1,000円
f:id:ikkoshinagawa:20191130163615j:image

家系ラーメンの丼と言えば黒だがこちらは白。

店構えと言い、従来の家系ラーメン像をぶっ壊したい感じが伝わる。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163557j:image

丼を覆う巨大なもも肉。

味玉も隠れてます。

チャーシューを少し立体的に立たせるこの盛り付けにもセンスを感じる。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163624j:image

光り輝く黄金色のスープが食欲をそそる。

豚骨ラーメン特有の獣臭は一切ない。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163636j:image

特製ということで海苔は5枚。

しまった、ライスを頼むんだったかな。f:id:ikkoshinagawa:20191130163621j:image

ではまずスープから。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163629j:image

 

 

 

直系の様な醤油ガツン、動物系ガツンといったものではなく豚骨、鶏ガラ、鶏油と絶妙な配分。

塩分も低めでひたすら口当たり良く家系ラーメンなのに飲めるスープだ。

家系というといつも味が濃いのでライス欲しくなるがこれならライスがなくてもいいかも。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163646j:image

麺は酒井製麺の平打ちストレート。

そして短めにカットされているので非常に食べやすい。

程よいコシの麺がトロみのあるスープを持ち上げる。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163603j:image

ももチャーシューはしっとりとした食感、ムチッと程よい肉感も。

あぁ、やっぱりこれはライスだよな。
f:id:ikkoshinagawa:20191130163606j:image

もものボリュームが凄く満足度も高い。

やっぱりライスなくてよかったな。

しかしここまで塩分を抑えた家系はなかなか珍しいかも。

 

店主曰く「家系ラーメンを作ってるという感覚があまりない」とのこと。

屋号にも「家」の文字がないのはオリジナルのラーメンを作りたいという思いからなのか。

「家系ラーメンはしょっぱくて苦手」という方は是非一度食べてみてほしい。

驚くほど繊細で上品なネオ家系ラーメンだ。

ごちそうさまでした!