品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数13万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

鮨 銀座 おのでら出身「 鮨 まつうら 」!大将の人柄を表す丁寧な握りを貸切で堪能!SUSHI MATSUURA (71軒目)

本日は白金高輪に2019年9月27日にオープンしたばかりの「鮨 まつうら」へ。

こちらの大将は「鮨 銀座 おのでら」で修行しハワイとロス支店立ち上げにも関わった方。

その後、恵比寿の「鮨 来主」で二つのカウンターのうち一つを任されることに。

晴れて今年の9月にここ白金にて独立。

まだオープンして間もないのに「鮨 来主」時代の常連客で席が埋まるという。

 

今回はまだ店の情報がほぼない状態での訪問。

以前沖縄の「鮨 つむぎ」でご一緒させてもらった社長さんから店を貸切にしたということでお誘いが。

 

場所は白金高輪駅からは徒歩10分程度。

前に訪問したフレンチの「アルシミスト」の近くだ。

f:id:ikkoshinagawa:20191126234537j:image

オープンしてまだ2か月なのでホヤホヤの新店。

外観も綺麗です。
f:id:ikkoshinagawa:20191126234543j:image

カウンターは全部で8席とコンパクト。

基本は15,000円のお任せコース。

大将は今年37歳(実際はもっと若く見える)。

非常に腰が低く物腰柔らかい方。

弟子はおらず全て一人で仕込みをされているそうだ。

以下いただいた料理。

 

 

 

鮪の頭肉
f:id:ikkoshinagawa:20191126234635j:image

まずは挨拶がてらの一品は鮪の脳天の肉。

ねっとりとした濃厚な旨味と脂、ネギのアクセントがいい。

ちなみに本日の鮪はボストン産。

 

カワハギ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234644j:image

肝和え。こちらもマイルドな肝の味わいに芽ネギの食感と香りがいい。

 

広島県「宝剣 純米酒 広島夢酵母

f:id:ikkoshinagawa:20191211143628j:plain

 


f:id:ikkoshinagawa:20191126234503j:image

ムッチリとして味も濃い。

 

香箱蟹ごはん
f:id:ikkoshinagawa:20191126234448j:image

いまの時期美味しい香箱蟹。

内子がまた濃厚。

 

 

 

牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20191126234519j:image

北海道昆布森の牡蠣。

火入れが絶妙でねっとりとしてきめも細かい。

 

長崎県「六十餘洲 純米酒 山田錦 ひやおろし
f:id:ikkoshinagawa:20191126234715j:image

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234506j:image

島根のノドグロを軽く炙ったもの。

上の緑色のは浅葱のペースト。

程よいムチっとした弾力。

噛んでいくごとに脂もがっつりと感じる。

 

太刀魚、鱈の白子
f:id:ikkoshinagawa:20191126234625j:image

太刀魚のホロホロっと口内で崩れてからの香りが上品。

ほんのりと甘い出汁との相性もいい。

トロンと濃厚でミルキーな白子も最高の酒の当て。

 

あん肝
f:id:ikkoshinagawa:20191126234608j:image

北海道浜中産のあん肝。

雑味は皆無。クリーンな味わいと鰹出汁がよく合う。

 

茨城県「渡舟 純米吟醸 五十五」
f:id:ikkoshinagawa:20191126234444j:image

 

 

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234638j:image

甘みが強めだが後から辛さも感じるようになる。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20191126234451j:image

包丁の切れ目は少なめ。

シャリシャリっとした食感。

最後にはねっとりと一つにまとまる。

 

シャリはかなり硬めに炊かれたアルデンテ。

ネタとの調和という意味でも絶妙。

コシヒカリ」と「あきたこまち」をブレンドしている。

赤酢の酸も強すぎずマイルドさが印象的。

 

奈良県「みむろ杉 特別純米辛口」
f:id:ikkoshinagawa:20191126234526j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20191126234532j:image

20日間熟成。

大トロ部分だけは寝かせているそうだ。

とにかく脂の甘みが圧倒的で力強い。

最後にはシャリの旨味に意識がいく。

 

帆立
f:id:ikkoshinagawa:20191126234510j:image

珍しい切り口の帆立。

従来の帆立の切り方とは変えているらしく食感がトロンと舌触りよく甘みも強い。

 

 

 

赤貝
f:id:ikkoshinagawa:20191126234705j:image

大阪府岸和田産。

間にひもが入っていることで食感倍増。

香りも華やかだ。

 

岐阜県「醴泉(れいせん) 純米吟醸 山田錦
f:id:ikkoshinagawa:20191126234516j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20191126234630j:image

漬けにしてある。

トロンと舌触りよくねっとりと。

漬けにすることでさらに香りが上がる。

 

f:id:ikkoshinagawa:20191212135426j:plain

ばってら昆布が巻いてある。

嫌みのない甘さがいい。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20191126234459j:image

熊本県天草の小肌。

塩と酢を強めに効かしたもの。

きゅっと締まるが脂ものっており旨味も抜群。

 

山形県「山川光男 2019 ふゆ」
f:id:ikkoshinagawa:20191126234700j:image

 

イクラ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234710j:image

岩手のイクラで醤油は控えめにしており、鰹出汁を効かせたもの。

 

貸切ということでかなりアットホームな空間に。
f:id:ikkoshinagawa:20191126234541j:image

大将は終始にこやか。

 

 

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20191126234513j:image

中に海老味噌が入ったもの。

ブリンブリンの食感、甘味もいい。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20191126234648j:image

ボストン産。赤身特有の酸が広がる。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234557j:image

16日熟成で脂がしっかりとまわりまるで大トロの様な甘み。

 

宮城県「宮寒梅」
f:id:ikkoshinagawa:20191126234614j:image

 

シイタケ
f:id:ikkoshinagawa:20191126234528j:image

新潟の八色椎茸。

あえて椎茸の裏を表にしたなかなか面白い握り。

かなり肉厚で食べ応え抜群。

焼いてあるので椎茸の香ばしさがいい。

 

 

 

馬糞雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20191126234522j:image

海苔がびよーん。

f:id:ikkoshinagawa:20191126234611j:image

浜中の雲丹。

 

三重県「作 雅乃智(みやびのとも)」
f:id:ikkoshinagawa:20191126234546j:image

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20191126234551j:image

対馬産の穴子はバッチリ脂がのったもの。

トロントロンホロホロ。

最後にシャリの余韻。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20191126234454j:image

ヒトエグサが入った玉子焼き。

出汁と甘みがとても優しい。

コースはこれにて。

 

お会計はあれだけ飲んで21,000円。

なんだかんだ言って結構ボリュームがあるコース内容。

お任せコース15,000円という価格からか最高級のものは厳しいかもしれないがその分、技でカバー。

どれもしっかりと仕込みされ非常に丁寧な仕事ぶりが伺える。

特にアルデンテのシャリはネタを堪能するのに最高かと。

 

大将のなんとも言えない空気感が居心地よくリラックスできた。

前の店の常連さんがリピートするのもわかる気がする。

日々研究されているらしくさらに今後楽しみなお店。

ごちそうさまでした!