品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数15万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

郎郎郎(さぶろう)がリニューアル!「 ぶっ豚 」の極太麺とイカつい豚を食らう!(199杯目)

本日は聖蹟桜ヶ丘の「郎郎郎」の跡地にできた「ぶっ豚」へ。

郎郎郎がリニューアルしたようだ。

二郎系で極太麺を掲げると言うことはかなり太いのだろうか?

f:id:ikkoshinagawa:20191214190814j:image

店員は女性2名。なんか新鮮なんだけど。

店内は若干の豚骨臭。

続々とお客さんがやってくる。

全員男。だよね。

 

メニューはらーめん、油そば、つけ麺、台湾らーめんなど郎郎郎時代をそのまま引き継ぐ感じ。

食券を渡すと店員さんから「ヤサイとアブラはどうしますか?」と聞かれるので「入れてください」と回答。

 

麺の量は写真の通り。

f:id:ikkoshinagawa:20191214190831j:image

プチでもいいんだけど初回なので小らーめんで様子見。

 

生姜とニンニクはセルフ。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190828j:image

これは嬉しい。

さほど待たずに着丼。

 

 

 

小らーめん 780円

f:id:ikkoshinagawa:20191214190915j:image

あれ、見た目かなりいいじゃないか。

ちょっと野猿二郎を彷彿とされる標高高めのビジュアル。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190903j:image

店名の通り豚がひときわ存在感を放っている。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190849j:image

アブラは味付きなのも嬉しい。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190859j:image

ヤサイはシャキシャキ感残しつつも甘辛アブラと共に。

麺は平均的な二郎より太い。

府中店くらいか?蓮爾まではいかないか。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190852j:image

もちろんボキッという芯が残った蓮爾の様な食感はないがムチッとして硬め。

なかなか食べ応えはある。

f:id:ikkoshinagawa:20191214190856j:image

スープは豚骨出汁が出たものでほぼ非乳化。

なんだろう、この太い麺に対して厚みが足りない気がする。

塩分は濃いめだ。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190912j:image

 

 

 

豚はデカイのは有り難いが少し硬い。

インパクトはあるんだけどな。

味付けがしっかりされているので麺と一緒にワシワシいただく。
f:id:ikkoshinagawa:20191214190907j:image

ヤサイ増しにしたので後半はかなり苦しかった。

郎郎郎より振り切ってて個人的にはこちらの方が好きだ。

何かあったらまたきちゃうかも。