品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【宅麺 vol.5】宅麺二郎系No.1!ついに「 夢を語れ 東京 」を自宅にてブチかました正直な感想 (200杯目)

本日は3つまとめ買いした宅麺の最後。

宅麺の二郎系の中でも現在売れ行きNo.1の「夢を語れ 東京」。

 

お店は文京区にあるが生活範囲から結構外れている為、この宅麺は有り難い。

が、人気の為なかなか入荷せず今回タイミングがあってようやくゲットすることができた。

 

「夢を語れ」は関西を中心に人気の二郎インスパイア店「ラーメン荘」グループ。

「ラーメン荘」自体は東京の「富士丸」出身。

そしてその「富士丸」も元「赤羽二郎」出身という事で東京から関西へ行き、また東京へ戻ってきた感じか。

 

 

 

中身

夢を語れ 東京 夢のラーメン 980円

f:id:ikkoshinagawa:20191127124903j:image

今回購入した「中華蕎麦 とみ田」「麺屋 桐龍」の3つの中で一番金額が安い。

中身はスープ、麺、アブラの3袋。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124921j:image

この他にも豚500g付きのラーメンがあったけどやめといた。

普通に考えてそんなに食べられないし。

とりあえず「夢のラーメン」ってネーミングセンスは置いとく。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124836j:image

まぁ、このトッピングなんかはもう慣れっこですわ。

要領も掴んでおります。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124807j:image

キャベツ、モヤシ、ニンニクを別に購入。

約400円ってところか。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124830j:image

では調理開始。

 

調理

鍋は二つで十分。

沸騰したら先に時間がかかるキャベツを入れ、その1分後くらいにさらにモヤシを投入。

ころあいを見計らってざるにあける。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124907j:image

ヤサイは置いとけば勝手にクタってくる。

ヤサイを茹でたお湯は麺に再利用。

 

麺は太い微縮れ麺。

とても存在感がある。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124917j:image

 

スープは10分、麺は5~7分程度。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124813j:image

この時注意すべきポイントは麺はむやみやたらに箸でつつかない。

麺がボロボロになってしまうからだ。

端から徐々に崩していこう。

 

好みの硬さになったらしっかり湯切りをしてから先に麺を丼へ。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124755j:image

その後、順次、スープ、ヤサイ、脂を盛り付ける。

二郎系の盛り付けのポイントはずばり立体的に盛り付ける事。

 

 

 

完成
f:id:ikkoshinagawa:20191127124819j:image

やはりアブラをかけると独特のオーラ出るな。

何と言っても豚のサイズ感がいい。

 

こちら横からのアングル。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124841j:image

標高凄いね。

 

このアングルは迫力がある。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124913j:image

このクオリティが自宅でいただけるとは素直に凄いと思う。

 

ニンニクはもっと細かくいけたかな。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124929j:image

ではとっとといただくとしよう。

 

 

 

実食
f:id:ikkoshinagawa:20191127124824j:image

スープは非乳化だけど味醂の甘さが印象的。

別に嫌な甘さではない。

過度に塩分が強かったり豚骨が強すぎたりはせずバランスがいい。

いい具合に肉と野菜の出汁が出たものでほどよい濃厚さ。

「麺屋 桐龍」の時の様な獣臭はない。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124849j:image

麺は極太の平打ち縮れ麺。

ムチっとした歯応え、ギュッと噛み締めると小麦の風味が香る。

スープとの絡みもいい。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124751j:image

 

豚は巨大なもので丼を1/3程覆う。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124856j:image

赤身8、脂身2。

しかしこの豚が思った以上にパサ気味だ。
全体的にもう少し柔らかければいいが少し残念だ。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124925j:image

脂の甘味、豚骨醤油、ニンニクが合わないわけがない。

麺の量は290g。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124801j:image

トータルの完成度は高いがやはり気になるのが豚。

これさえトロトロであればNo.1も頷けたが。

まぁこのパサパサ感が好きな人もいるのでなんとも言えないが。
f:id:ikkoshinagawa:20191127124845j:image

食後はブレスケアとサクロフィールで口臭対策を。

もっと地方のお店もラインナップに入れて欲しいな。

今後の宅麺に期待したい。