品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

目黒「 鮨 りんだ 」は伝統的な技法と斬新なアイデアで活気あふれるカウンター鮨を堪能!RINDA (76軒目)

本日は不動前にある「鮨 りんだ」へ。

前に姉妹店の「らんまる」へはお邪魔したがこちらは未訪問だった。

 

今回一緒に行くメンバーの一人がこのお店の常連さんということで訪問することに。

不動前駅からは徒歩7分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20200109075600j:image

2014年オープン。

今年で6年目にあたる。f:id:ikkoshinagawa:20200109075520j:image

若い店員さんが多くみんなノリもよく、店内はなかなかの活気。

常連さんと一緒なので奥の席へ通される。

はじめての人は大将が握る様だ。

我々の目の前には二番手のあばれる君似の店長さんがつく。

以下、いただいた料理。

 

子持ち昆布
f:id:ikkoshinagawa:20200109075446j:image

プチプチっと心地いい食感の子持ち昆布からおまかせコーススタート。

 

白魚
f:id:ikkoshinagawa:20200109075507j:image

白魚を揚げたものだけど油っこさはなくサクサクっとスナック感覚で軽い。塩でいただく。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20200109075659j:image

新生姜と甘酢の二種類。

この辺は姉妹店の「らんまる」も同じ。

 

 

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20200109075608j:image

どうやらつまみと握りが交互に出てくるスタイルの様だ。

握りは店長さんが。

漬けにした平目の上に鮟肝が乗ったもので肝のまろやかさと漬けの相性がいい。

 

握りはサイズ感良く、形も綺麗。

シャリはなかなか硬めに炊かれておりしっかりと咀嚼させるもの。

蒸しかまどで炊いたお米に赤酢を合わせている。

 


f:id:ikkoshinagawa:20200109075614j:image

佐島の蛸。

このままでもしっかり味がある。

 

福島県「飛露喜 大吟醸
f:id:ikkoshinagawa:20200109075504j:image

やっぱり美味しいお酒。

これから立て続けに飛露喜おかわり。

 

馬糞雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20200109075531j:image

北海道根室産。

お重に入ってて綺麗だったので記念にパシャり。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20200109075501j:image

千葉県勝浦市

ねっとりときめ細かく、香りも抜ける。

時期によって大間と勝浦と分けているそうだ。

 

烏賊と馬糞雲丹

f:id:ikkoshinagawa:20200110184556j:image

あばれる君?(店長さん)からの手渡し。

馬糞雲丹の甘さはもちろんのこと、烏賊の甘さも素敵です。

烏賊は細かく包丁が入れられており雲丹と違和感なく口内でほどける。

 

 

 

ゲソの串焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200109075554j:image

プリッ、サクッといい酒の当て。

 


f:id:ikkoshinagawa:20200109075537j:image

薬味は浅葱、生姜、にんにく。

にんにくを実際に使う店は珍しいな。

 

蛤の胡麻味噌焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200109075525j:image

蛤を焼いたものに胡麻味噌で味付けされている。出汁をくっと含みながら。

 

佐賀県「鍋島ニュームーン 純米吟醸 生酒」
f:id:ikkoshinagawa:20200109075620j:image

 

牛蒡の漬物
f:id:ikkoshinagawa:20200109075632j:image

シャキッと歯切れよく特に胡麻の香ばしさが印象的。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20200109075452j:image

水水しくフレッシュ。

 

 

 

イクラ巻き

f:id:ikkoshinagawa:20200129163502j:plain

直前で炙った海苔の香りがなんともいい。

もはや海苔が主役?

 

白子の茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20200109075627j:image

茶碗蒸しの中に入っているのは鱈の白子。

 

京都府「澤屋まつもと」
f:id:ikkoshinagawa:20200109075635j:image

 

毛ガニ
f:id:ikkoshinagawa:20200109075439j:image

炭で焼いた毛ガニ。

蟹味噌も甘く濃厚。

 

のどぐろ炙り
f:id:ikkoshinagawa:20200109075522j:image

ガッツリ脂がのったノドグロに香ばしい天草の海苔が負けてない。

むしろ相乗効果で非常に華やか。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200109075442j:image

出汁が効いたオーソドックスなもの。

玉子焼きはもう一種類あるらしい。

 

 

 

赤貝
f:id:ikkoshinagawa:20200109075528j:image

三河湾。中にヒモを入れ食感に厚みをもたせ、包丁を入れて香りを出す。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20200109075548j:image

天草。生か茹でを選択できるがやはり茹でで。

サイズも大きく文句なしに甘いです。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20200109075611j:image

 

赤身の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20200109075458j:image

中トロと同じ母体。

こちらもきめ細かいです。

 

海老の頭
f:id:ikkoshinagawa:20200109075513j:image

サクッカリッと軽めの揚げ具合に中の海老味噌が濃厚。

 

宮城県「日高見 超辛口純米酒
f:id:ikkoshinagawa:20200122175952j:image

 

 

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200109075623j:image

こちらは江戸前の玉子焼き。

しっとりと。

 

おまかせコースはこれで一通り。

せっかくなので「らんまる」の時に腹一杯で食べられなかった名物の「りんだ巻き」を頼む。

 

りんだ巻き
f:id:ikkoshinagawa:20200109075517j:image
らんまるでも同じ物を提供(らんまる巻き)
f:id:ikkoshinagawa:20200109075647j:image

鮪全部の部位に雲丹、イクラと贅沢にのった絵映えしまくる巻物。

イクラが溢れ落ちるのは動画の方が活きるかな。

味はあえて説明しなくてもわかるでしょ?

 

店内は静かにゆっくりと鮨をいただきたい人には少し合わないかな。

その代わり「堅っ苦しいのが苦手」という人にはリラックスできる空間だと思う。
f:id:ikkoshinagawa:20200109075449j:image

むしろ大将や店員さんもそういった空気作りをしてくれるのでカウンター鮨に慣れてない人にもおススメしたい。
f:id:ikkoshinagawa:20200109075604j:image

最後は大将の実家のみかんジュースを飲んで〆る。
f:id:ikkoshinagawa:20200109075541j:image

お会計はお酒をかなり飲んで一人約三万円。

本日も楽しい会でした。

ごちそうさまでした!