品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

昭島市にできた超極太麺の二郎系「 自家製麺 まさき 」!ムチムチの食感と小麦の風味が素晴らしい麺でした (213杯目)

本日は二郎系の新店「自家製麺 まさき」へ。

最寄りは青梅線立川駅より二つ目の東中神駅。

はじめて降りる駅だ。

 

東中神駅北口より徒歩3分程度の比較的静かな場所に店はある。

f:id:ikkoshinagawa:20200209152542j:image

オープンは2020年1月8日。

お店はコテコテの二郎系に見えないのも狙いだろう。

 

極太麺なので茹で時間は8分以上。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152504j:image
f:id:ikkoshinagawa:20200209152501j:image

店内は店主と女性従業の2名。

BGMは日本のメロコア

二郎系特有のピリピリムードはないのが嬉しい。

 

 

 

メニュー
f:id:ikkoshinagawa:20200209152549j:image

Twitterなどの写真をみると汁なしも相当そそられるが初訪問なので「らーめん」にする。

せっかくなので豚でも増しとこうか。

 

無料トッピング
f:id:ikkoshinagawa:20200209152454j:image

乳化系と聞いているのでしょうがはマストかな。

 

今回も調理風景を撮影させてもらった。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152538j:image

極太麺なのでトングを使用していた。

 

 

らーめん 700円 + 豚増し 150円
f:id:ikkoshinagawa:20200209152447j:image

これぞ理想的な二郎系の見た目だ。

トッピングはヤサイ、しょうが、あぶら。

 

真上から
f:id:ikkoshinagawa:20200209152545j:image

 

豚の存在感凄い
f:id:ikkoshinagawa:20200209152514j:image

 

乳化系に欠かせないしょうが
f:id:ikkoshinagawa:20200209152530j:image

 

最近入れないと気が済まないアブラ。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152507j:image

 

さていただきます。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152458j:image

 

 

 

ヤサイはシャキシャキの食感。

モヤシ:キャベツは7:3。

増しでちょうどいいかも。

スープは乳化系だがかなりライトな部類。

クドさはなく二郎系なのにスープも飲める。

トッピングのしょうがとの相性もいい。

 

麺は二郎 府中店や蓮爾を彷彿とさせる太さ。f:id:ikkoshinagawa:20200209152450j:image

だが蓮爾の様な芯が残る感じはなくしっかりと茹でられている。

決して「柔らかい」というわけではなくムチムチのしっかりとした極太麺特有の食感を堪能できる。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152521j:image

豚はホロホロとまではいかないがスッと箸で切れ、ある程度咀嚼をさせる。

あまりに硬かったりスジばっていたらきついがこれなら増しは正解。

豚も味はそこまで濃くはない。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152535j:image

麺の量は茹で前は270g。

二郎系にしてはやや少ないがヤサイや豚を増すとそれなりに膨れる。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152527j:image

麺に対してスープがライトなのでここは好き嫌いが分かれそうだがそんな人には卓上に醤油が置いてあるのでかけて調整することを勧める。f:id:ikkoshinagawa:20200209152517j:image

ニンニクを入れるとさらにスープにキレが増しそうだ。

ジャンク感を堪能するなら汁なしもいいだろうな。
f:id:ikkoshinagawa:20200209152510j:image

胃がオッサンなので最後はかなり満腹に。

食べ終わって変な喉の渇きやだるさがないのが有難い。

 

この辺りは二郎系不毛の地と呼ばれており貴重な存在となりそうだ。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com