品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

ネタとシャリがデカくしっかりと握りで満たしてくれる優良店!「 冨所 (とみどころ) 」はおそろしく満足度が高かった!(79軒目)

本日は御成門鮨屋「冨所」へ。

御成門駅からは徒歩5分ほど。

看板がないので店の存在を知ってないとスルーしてしまいそうな場所に。

f:id:ikkoshinagawa:20200226232637j:image

こちらの佐藤浩二大将はミシュラン一つ星の名店「鮨 真」出身。
オープンは2018年11月とまだ新しいお店だ。

f:id:ikkoshinagawa:20200226232614j:image

カウンターは6席のみとコンパクト。

非常に落ち着いており、シックなデザインに洗練された空間。

佐藤大将は温和で柔らかい空気感の方。

「鮨 桂太」の大将と仲が良いそうだがどことなーく雰囲気が似ている気が…する。

話をしていくと今年35歳でどうやら私とタメであることがわかった。急に親近感が湧く。

おまかせコースは18,000円。

以下いただいた料理。

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20200226232634j:image

むっちりとして力強い食感。

味も濃く、特に後半から香りが上がってくる。

 

とり貝
f:id:ikkoshinagawa:20200226232622j:image

弾けるようなみずみずしい食感にどこかウリっぽさを感じさせる香りが爽やか。

噛んでいくごとに甘みも増すしていく。

 

ハタ
f:id:ikkoshinagawa:20200226232629j:image

じんわりと白身本来の旨味を感じる。

脂ものってます。

 

 

 

メジマグロ
f:id:ikkoshinagawa:20200226232626j:image

鮪の子供。

ねっとりとして香りがふわーっと。

福井の地がらしと共に。

 

塩あん肝
f:id:ikkoshinagawa:20200226232619j:image

本日のつまみのお気に入り。

あん肝って甘く煮付けるのが王道だけどこちらは塩で味付けしたもの。

味もクリアで滑らか。

コクもあって旨味も強い。

あん肝だけで2.3キロとかなり大きく脂ののりもいい。

 

ホタルイカの粕漬け、牡蠣のオイル漬け
f:id:ikkoshinagawa:20200226232640j:image

ふわっと甘い粕漬けとホタルイカが濃厚。

牡蠣もプリッと。

 

新潟県「至(いたる) 純米吟醸

この辺で握りへ。

 

ガリ

f:id:ikkoshinagawa:20200226232813j:image

ガリは酸が強く、ほんのりと辛い。

甘みはほぼ感じないキリッとしたもの。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20200226232752j:image

烏賊特有のある程度の粘りとサクサク感。

 

シャリは赤酢と合わせ幾分マイルド。

酸は強すぎないくらいでふっくらと炊かれた米の旨味を感じる。

男らしさを感じさせるしっかりとした握りだけど口に入れるとホロホロっと崩れうまくネタと調和していく。

ネタとシャリのサイズは気持ち大きめで食べ応えもある。

 

 

 

サヨリ
f:id:ikkoshinagawa:20200226232721j:image

透き通る身は柔らかく後半からだんだんと味が濃くなっていく。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20200226232808j:image

京都舞鶴の81キロ定置網。

きめ細かさと爽やかな酸。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20200226232804j:image

めちゃめちゃ綺麗な部位だ。

ひたすら上品な香りがたまらない。

シャリの酸との調和もいい。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20200226232738j:image

佐賀の小肌。

肉厚で結構脂がのっていている。

酢と塩加減が絶妙で旨味も強い。

自分好みな小肌だ。

 

ミルガイ
f:id:ikkoshinagawa:20200226232758j:image

食感よくみずみずしい。

甘みもいい感じ。

 

北海道「上川大雪 特別純米 彗星 生」
f:id:ikkoshinagawa:20200226232802j:image

大将は北海道出身らしい。

 

 

 

しめ鯖
f:id:ikkoshinagawa:20200226232734j:image

こちらも結構脂がのってて旨味が凄い。

〆加減と脂の甘味が素晴らしい。

 


f:id:ikkoshinagawa:20200226232718j:image

蛸の食感は残しつつ後半から徐々に香りが強くなってくる。味が濃い。

だけど大将曰く、ほぼ蛸のスペック。

海老や蟹などの餌を食べてる蛸は味が強いんだとか。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20200226232741j:image

やや酢が効いており身質も柔らかい。

丁寧な仕事ぶり。

 

煮蛤
f:id:ikkoshinagawa:20200226232726j:image

漬け加減いいです。

 


f:id:ikkoshinagawa:20200226232810j:image

玉ねぎを漬けた醤油で味付け。

トロトロの食感とコクは極上。

 

宮城県栗駒山 くりこまやま 特別純米酒
f:id:ikkoshinagawa:20200226232755j:image

 

 

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20200226232744j:image

かなりデカイ。

口いっぱいに車海老を頬張る感覚は爽快。

ブリブリで甘みも抜群。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20200226232714j:image

盛りが凄い。

クリアで特に甘みが強い。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20200226232748j:image

ほわほわで脂ののりもいい。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200226232730j:image

中心にいくにつれてしっとりと。

そして嫌味のない甘み。

 

以上で一通り。

 

つまみなしでいきなり握りにいく人も多いくらいしっかり握りで満たしてくれる理想的な店。

ネタの切りつけやシャリも大きさなど一貫一貫のパワーも凄い。

理屈抜きにして「鮨ってうめぇな」と思う。

お会計は18,000円のおまかせコースにお酒も飲んで約22,000円と良心的。

コスパの感覚は人それぞれだがまさに価格に対してのパフォーマンスが優れているといった印象。

6席しかないので確実にこの先は争奪戦になるので絶対に行っておくべき店。

ごちそうさまでした!