品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数14万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

すし匠屈指の予約困難店「 すし匠 齋藤 」!緩急のついたつまみと江戸前鮨の美しき進化系を堪能!(82軒目)

本日はすし匠の中でも屈指の予約困難店となった「すし匠 齋藤」へ。

ここもいつかは行きたいなと思っていたがラッキーな事にたまたま知り合いの社長さんとご一緒させていただいた。

場所は赤坂見附駅より徒歩3分ほど。

予約は20時半。

f:id:ikkoshinagawa:20200315233201j:image

店内は珍しく靴を脱いで上がる造りでカウンターは掘りごたつ。

20時半予約だがお客さんが後から来たり特にきっちりと一斉スタートというわけではないみたいだ。

 

すし匠は品数も普通の鮨屋の1.5倍ほどあり、それ故に大将とお弟子さん達のコンビネーショが求められる。

最後まで変な間が空いてダレることなくコンスタントにいいタイミングで料理が出てくるのは流石と言わざるを得ない。

大将も柔らかい雰囲気の方で終始ピリつくということはなかった。

 

料理はすし匠特有のつまみ、握りが交互に出てくるのでガッツリ握りを食べたい人には向かないが酒飲みにはたまらない構成。

江戸前を少し別の角度から進化させた様な握りもあり飽きることなく楽しめた。

以下、いただいた料理。

 

塩と粒胡椒
f:id:ikkoshinagawa:20200315233159j:image

調味料はポン酢と塩、生の粒胡椒。

 

ガリ海ぶどう、ワカメ
f:id:ikkoshinagawa:20200315233212j:image

こちらはすし匠の定番のもの。

 

 

 

1.鰆
f:id:ikkoshinagawa:20200315233154j:image

一貫目は松前漬けの鰆から。

シャリはガッツリと赤酢が効いており松前漬けと合わせてパンチのある仕上がり。

しっとり滑らかなイメージの鰆だけどこちらは松前漬けによるアレンジでもっちりとしている。

やや硬めに炊かれているシャリは少しばかり小ぶりだけどこれからの品数を考えるとこのサイズ感がちょうどいい。

 

2.新ワカメと真鯛の白子
f:id:ikkoshinagawa:20200315233215j:image

ワカメは磯の香りが爽やか。

時期が短い真鯛の白子は鱈とは違い多少ねっとりとしてちゃんと鯛の味もする。

 

3.帆立
f:id:ikkoshinagawa:20200315233205j:image

オホーツクの帆立。

特に火入れはしておらず生なのに甘みが凄い。

 

4.真鯛

f:id:ikkoshinagawa:20200315233232j:image

まだフレッシュな鯛でコリコリっとしてはいるがちゃんと味もしっかりとしている。

 

5.平目とあん肝

f:id:ikkoshinagawa:20200315233301j:image

寝かした平目にスモークしたあん肝を挟んだもの。

あん肝は味付けされているので山葵だけでも十分。

 

6.鯛皮
f:id:ikkoshinagawa:20200315233255j:image

鯛の皮をそのまま焼いたもの。

単純に皮の脂が美味い。

 

 

 

7.縞海老
f:id:ikkoshinagawa:20200315233248j:image

富山の縞海老を昆布締めにし、塩漬けした縞海老の卵と下は卵黄。

海老と卵黄のねっとり感、塩っ気のある卵。

 

8.茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20200315233251j:image

表面を覆うのはイバラガニの内子の塩漬け。

塩みが効いてて酒にバッチリ合う。

 

9.大根の漬物
f:id:ikkoshinagawa:20200315233258j:image

 

10.ホタルイカ
f:id:ikkoshinagawa:20200315233304j:image

出始めのホタルイカをスモークしたもの。

特に中の卵がまろやかで濃厚。この塩分加減が酒を進める。

 

11.帆立の肝

f:id:ikkoshinagawa:20200315233325j:image

今の時期だけらしい。

レバ刺し風の味付けでマイルドでコクがある。

もちろん臭みはない。

食感は赤白変わらないが特に白の方が甘みがある。

ちなみにこの赤白の違いはまだよくわかってないらしい。

 

12.春子鯛

f:id:ikkoshinagawa:20200315233355j:image

シャリは米酢に変わった。

赤酢、米酢、赤酢と米酢のブレンドの3種類をネタによって変えている。

上の黄色いのは玉子の黄身を二週間ほど塩漬けして固めすりおろしたもの。

オボロとはまた違った味わいの爽やかな塩分で柔らかい春子鯛を食わせる。

 

 

 

13.真蛸
f:id:ikkoshinagawa:20200315233358j:image

味付けは一切していない真蛸。

柔らかい。

 

14.ホッキ貝
f:id:ikkoshinagawa:20200315233403j:image

少し炙ったもの。甘い。

 

毛蟹
f:id:ikkoshinagawa:20200315233349j:image

茹でた蟹を目の前で捌いてくれる。
f:id:ikkoshinagawa:20200315233352j:image

 

15.毛蟹の手巻き
f:id:ikkoshinagawa:20200315233400j:image

茹でたての蟹なので香り高くパリパリの海苔との相性が最高。

シャリは赤酢と米酢のブレンドか。

 

16.トリ貝

f:id:ikkoshinagawa:20200315233425j:image

まだ出始めのトリ貝

爽快なサクサクの食感と甘さ。

 

 

 

17.子持ちヤリイカ

f:id:ikkoshinagawa:20200315233450j:image

甘辛に味付け。イカめしにしたら最高だろうな。

 

18.桜鱒
f:id:ikkoshinagawa:20200315233444j:image

昆布締めにした桜鱒で食べてみると〇〇の香りが一瞬。

〇〇を感じさせるお洒落な一貫。

ってあえてサプライズ的な一貫なので味の説明はしません。

まさに江戸前のお洒落な進化といったところか。

 

19.メロンの漬物
f:id:ikkoshinagawa:20200315233446j:image

シャリっとして甘さはない。

 

20.鱒子

f:id:ikkoshinagawa:20200315233505j:image

醤油漬け?

酒好きが好きな塩分。

 

21.虎河豚の白子

f:id:ikkoshinagawa:20200315233521j:image

シーズン最後の虎河豚の白子。

シャリ入り。

先程の鯛の白子よりもさらにリッチな味わい。

トロンとなめらかにシャリと混ざりあい極上リゾットに。

 

22.サヨリの皮

f:id:ikkoshinagawa:20200315233534j:image

柔らかくホロホロ。

 

23.初鰹

f:id:ikkoshinagawa:20200315233600j:image

藁焼きした初鰹に玉ねぎおろし。

鰹自体はあっさりとしている。

スモーキーさと玉ねぎのコク。

なんか春を感じる。

 

 

 

24.ハマグリ
f:id:ikkoshinagawa:20200315233555j:image

鹿島のハマグリ。

出汁をクッと口に含んでからの追いお酒が最高。

 

25.ムラサキウニ

f:id:ikkoshinagawa:20200315233607j:image

 

26.トロ漬け
f:id:ikkoshinagawa:20200315233603j:image

佐渡の定置網で10日目。

シャリも鮪に合わせて赤酢。

 

27.ザーサイ
f:id:ikkoshinagawa:20200315233611j:image

 

28.太刀魚

f:id:ikkoshinagawa:20200315233654j:image

サイズがデカイらしくかなりガッツリと脂がのってたもの。

 

 

 

追加金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20200315233657j:image

安定の銚子産。

炙ったもので脂の甘み、香り共に最高。

力強い金目鯛と赤酢のシャリとの相性もいい。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20200315233646j:image

少し薄味でほっとする。

 

岩塩アイス
f:id:ikkoshinagawa:20200315233649j:image

結構なレパートーリーのから選択。

サッパリな岩塩アイスとモナカの上品な香りがいい。

 

おまかせでいただいたお酒

山形県「香梅」

福岡県「田中六十五」

福島県「楽器正宗」

山形県「くどき上手」

秋田県「新政No.6」

 

ということで一品一品は少量でもこれだけ食べるとかなり満腹に。

スタンダードなものから一風変わった独自の味付けなどバラエティに富んでおり飽きることがなかった。

そして毎回思うけど仕込みの苦労を考えるとやっぱりすし匠は凄いなと感心。

お会計は一人40,000円。

ごちそうさまでした!